カテゴリー別アーカイブ: 未分類

好きなことは、呼吸するようにやっていること

 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

夢を現実にする人としない人の違いって、色々あると思うのですが、一つ感じることを書いていきます。

それは、現実の延長線上にある夢かどうか。

誤解を生みかねない表現なので補足すると、例えば漫画家は昔から漫画が好き。小説家は小説、映画監督は映画。ミュージシャンは音楽、サッカー選手はサッカー。

それが好きだから現実にそれをやっていて、好きだからこそそれを仕事にできたら幸せだなとか、それを続けて生きていきたいな、と思う。

さらに、好きだということは、そこに才能があるということでもあるわけです。

才能がなければ、そもそもそこに面白さを感じることはできませんから。

好きだからすでにやっていて、しかもそこに才能があるから実力もついてきて、だんだんと仕事にできるくらいの実力がついていく。そういうものなのではないかと。

スクリーンショット(2015-01-07 10.37.52)

もちろん、例外だっていくらでもあるでしょうし、子供の頃に好きなことに出会えなかったという人だっているはずです。

では、現実の延長線上にない夢とはどういうものかというと、簡単に言えば、

「え、あなたがなぜ!?」と周囲が感じるようなものです。

これももちろん例外はありますが、それって単に「現実逃避」するために掲げた夢であることが多い。

もしくは、周囲に「夢を持ちなさい」と言われて、仕方なく「これだったら文句を言われないだろう」と思った夢だったり。

または、「この夢を叶えた自分だったら認めてもらえる」という、奴隷の夢。

なぜ奴隷かというと、それは周囲の価値観に縛られた夢だからです。周囲の価値観が変われば夢だって変わるわけですよね。支配されている以上、それは奴隷です。

こういった夢の何が問題かというと、現実に行動を起こすことができないことです。

なぜなら、別にやりたいことではないから。

別にやりたいことではないわけだからできないのは当然だけど、それをやらなければならない、と思う。

でも、体は動かない。自分の価値観は本当はそこにはないからです。

例えば、私の場合で言えば、長年「書く」ということを続けています。

別にモチベーションどうこうというより、ある意味、呼吸するようなものです。

自然にやっている。

たまに自然すぎて忘れるのですが、結局私は書くことが好きで、表現すること、伝えること、教えることが好きなのです。

つまり、好きなことばかりやって、結局は今まで生きて来たということ。

だけど、一時期、それが認められない時期がありました。

自分はすでに好きなことをやっているのに、他に何かなければならないのではないか、と思ったりしたことがあります。

そのときというのは結局、周囲の価値観に揺さぶられていただけだったんですよね。

で、先ほど「呼吸」ということを言いましたが、私たちは生きているとき、呼吸していることを意識していません。

呼吸することは当たり前すぎて、意識できないのです。だけど、呼吸ほど大事なことは他にありません。笑

しなければ死にますからね。ものの数分で。

一番大事なことは何!?と言われれば、実際には「呼吸すること」でしょう。

まあそれはどうでもいいのですが、好きなことについても似たような状況があると思っています。

つまり、好きなことはすでにやっているがゆえに、それが好きであるということを忘れている、のです。

呼吸をしているのが当たり前すぎて呼吸をしていることを意識できないのと同様に、

当たり前にやりすぎていてそれが好きだということを忘れている。

一度、自分の毎日を振り返っていただきたいのですが、結局あなたはしたいことをしているはずです。

認められないかもしれませんが、好きなことをして、好きな人に会い、好きなことを考え、好きな人のコンテンツを楽しみ、好きな人の情報に触れているはずです。

日常それをしているということは、結局、好きなのです。人間の行動は嘘をつきません。

常に自分のことを考えているとすれば、相当自分のことが大好きなんです。笑

それが認められなければ、人はいつだって、外にあるもの、誰か他の人の価値観に従おうとしてしまい、

結局、奴隷の夢、奴隷の喜び、奴隷の人生を歩むようになってしまいます。

そうではなく、自分と向き合い、自分の好きを理解し、自分の夢、自分の喜び、自分の人生を追求していくこと。

すると、そこにはあなたの才能が隠されていますから、どんどん実力もつき、周囲からも自然に認められていくようになる。

そういうものなのだと、思います。

ということで、今日はこのへんで。

 

無料で配信しているメルマガが大変好評です。

登録まだの方は、こちらから。無料です。

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

気づいていないことの「言語化」で、人は変われる

 

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

最近の出来事なんですけど、ひょんなことから「あー、俺、あの人に嫌われてるわ。終わった」と思い始めて(笑)、

ちょっと落ち込んでたんですよね。

何を根拠に、って言われると「なんとなく」なんですけど、自分の中でそれが「確定事項」みたいになっちゃって、

勝手にスネて、勝手に落ち込んでいたわけです。

でも、昨日ちょっと人と話したのですが、一瞬でそれがただの勘違いだと分かって、今に至ります。

多くの人が、私と同じようなことを実は行っていて、

もっともっと壮大な勘違いをしている人もいるんですよね。

「私の親は、私を愛していない。だから私は愛される価値がない」

とか。

それも、もしかしたら壮大な勘違いかもしれない。

だけど、自分にとってはもうそれが「確定事項」になっていて、自分だけでは変えることができない。

私は今、コーチングとかカウンセリングをやってますけど、

その人が抱え続けてきた「勘違い」を取り除く、っていうのがかなり大きな役割になっています。

昨日までの私もそうですが、人は人と対話することで自分に気づくんです。

自分だけじゃ自分のことは分からないんですよ。

対話することで初めて、自分が見えてくる。

だから私は今、「対話する場」を創りたいと思っているわけです。

文章とか動画を見ていただければ分かると思いますが、私は結構、切り込んでいくことも多いです。

つまり、その人が気づいていないことを言語化する、ことを意識している。

この能力については、かなり自信を持っています。

昔から「教える」ことも得意で、塾講師時代は、アルバイトながら始めて2年で国語のNo1講師になりました。

ベテランの講師全員をごぼう抜きしました。プチ自慢すいません。

で、STPでも対話の場を設けていたのですが、「気づいていないことが言語化される」ことのパワーは、恐ろしいものがあります。

多くの人は、なぜ自分が悩んでいるのか、なぜ上手くいかないのか、分かっていません。

だから、いつまでも同じところをグルグルしてしまう。

この文章にしても、動画にしても(動画はかなり評判が良く、気づかぬうちに110万回再生以上されてます。プチ自慢すいません)、

対話の場にしても。

私がやっていることは、その人が向き合い切れていないことに向き合わせる、ということです。

勉強にしても同じで、結局、なぜ成績が上がらないかが分かっていないんですよね。頭でも体感でも。

そんな人が私と対話して、今まで向き合っていなかったポイントと向き合うようになれば、そりゃあ成績だって上がります。

でも、多くの人は全部を「自分で」やろうとする。

私ですら、それは難しいです。

自分はどこまでいっても自分だから、客観的に自分を見るのには限界があるんです。

だから、定期的に誰かと対話する。

相手もちゃんと選んで。

適当な相手を選んで対話しても「そーだよねー」で終わって、何も進展しません。

相手を選んで、対話する。

その時間に、価値があるわけですよね。

その時間に価値があるのだと認識できる人間にならなくちゃいけない。

でないと、いつまで経っても「なぜか上手くいかないけど、なぜだか分からない」状態になり、

パっとしないまま人生が終わってしまうかもしれない。

それはまずい。

てことで、やはり人と対話する時間を持つということが大事なのです。

もしあなたが今苦しんでいるとしたら、結果が出ないとしたら、

一人で抱え込みすぎているからかもしれません。

では、今日はこのへんで。

 

新クラブFaceClubの前身となるSTPに実際に参加した方の声も、読んでおいてください。

:STP参加者の感想を読んでみる

 

メルマガ登録まだの方は、こちらから。無料です。

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

講演依頼、出版依頼等、各種お問い合わせは、

mail@junmethod.com

までご連絡ください。

有名人と写真を撮っても、人生は変わらない

 

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

facebookにはよく、有名人と一緒に撮った写真をアップしている人がいます。

思い出の中で留めておくということもできたけれど、あえてアップする。

なぜ、そうすることをその人は望んだのか?

有名人と一緒にいることで、その様子を周囲に見せることで、自分が強くなった気になれるから。

自分の価値が上がったように感じるから。

自分は何も変わってはいないのに。

(もちろん全員がそうではなく、合理的な理由がある場合もあるでしょう)

やたらコメントしようとする人の中にも、同じ気持ちの人がいるかもしれません。

しかし、そんなことで自分の価値は上がらない。

自分を高められるのは、自分しかいない。

素敵な彼女がいても、素敵な彼氏がいても、自分の価値には関係ない。

そんなもので自分を高めようとしていれば、それがなくなったとき、どうするのか。

いや、どうしようもなくなることが分かっているから、それに必死にしがみつく。しがみつきたくなる。

さらに面白いことに、

「しがみつく必要性」を感じている事を見抜かれ、しがみつこうしがみつこうと努力することで、

余計に人は離れていく。

しがみつき方が足りないのではありません。

しがみつきたいと思っているその魂胆、その自分の在り方こそが、相手が離れていく原因。

そこと向き合えなければ、「依存人生」は末永く続くでしょう。

そして一生、本当の意味で満たされることはない。

私たちは、自分の在り方からやってくる現実から逃れることはできません。

全ては自分の在り方が引き起こしていること。

そのことに気づいたときに初めて、人は自分を高めたい、もっと自分と向き合いたいと思うもの。

そして、向き合っていく中で自分に気づき、自分の在り方が変わり、

現実も変わっていくのです。

ちょっと短いですが、今日はこのへんで。

 

メルマガ登録まだの方は、登録を。無料なので。

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

新しいクラブの前身となるプログラム、STPに参加してくれた方たちの感想です。

彼彼女たちが自分の壁を越えていく、その物語をぜひ読んでみてください。

:STP参加者感想〜参加者が悩み葛藤し、自らの力で壁を乗り越えた軌跡〜

 

講演依頼、出版依頼等、各種お問い合わせは、

mail@junmethod.com

までご連絡ください。

なぜ、自分を否定してしまうのか?

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

7月22日発売の新刊ですが、こちらから無料で1章読めるようになっているのでゲットしておいてください。

:池田潤の新刊の全貌をチェックし、第1章を無料で読んでみる

今日はちょっと「定義された世界」っていう話をしたいと思います。

私たちは、色々と定義されてしまった世界に生きてると思ってて、そうであるがゆえに色々と苦しむ。

常識とかもそうですけど、「こうするべき」というものがあるがゆえに、

そうでない自分を否定してしまうわけですよね。

これは自己愛の話にもつながってくると思うのですが、

「こうすべき」というものがあると、そこからズレた自分を責めてしまう。

で、大体その「こうすべき」って、誰か他人のフィルターを通して見たものを押し付けられているわけです。

最初は、やはり親でしょう。

親が期待する子供像。

そういった子供像を作ってしまうのは、親自身が劣等感に苦しんでいるケースが多いのですが、

その子供像を作り上げてしまうがゆえに、そうでない部分が子供にあると否定してしまうわけです。

そして、コントロールしようとする。

これは、学校の先生にも言えることでしょうし、

友達関係の中でも言えることでしょう。

「定義の押しつけ」がなされているわけです。

「良い悪い」についてもそうで、本当の意味で何が良いか悪いかなんて分からないのに、

勝手に定義された良い悪いまで押し付けられている。

よく「長所と短所を書きなさい」なんてのがありますが、

見方によっては全てが長所です。

自分の全てが長所だと思ってもいい。

でもそういう風に考えることができないのは、

長所と短所を分ける基準を、私たちは与えられてしまっているからです。

「こういうものは長所」「こういうものは短所」と決められている。

その決められた世界、つまりは「定義された世界」から自分を判断しているんです。

先に定義された世界があって、決められた基準があって、

そこから自分をジャッジしている。

だから、自己否定とか自己愛の欠如とかも起こるんじゃないかと思うんですね。

例えば、「学歴が高い人は偉い」という定義があると、そこからもしズレたら、自分を否定しますね。

で、何が何でも高い学歴を得なければと思う。強迫的になる。

しかし、本当は偉いかどうかではなく、そこで学びたいことが学べるか、そこに行くことで自分が生きたい人生を生きられるかが大事。

もし思っていた大学に行けなくても、そこで自分の生きたい人生を生きられるならそれでいいはず。

なのに、「自分の価値」と関連づけてしまうわけです。

他にも山ほどの「定義」が存在します。

そして、私たちはいつだってその定義と自分を照らし合わせては、自分をジャッジしてる。裁いている。

こんな自分はダメだ

こんな自分はおかしいんじゃないか

もっとちゃんとしないと

そうやって自己否定を始めるのです。

しかし、本当に大事なことは、

自分で定義を創ること、です。

もっと言えば、

定義から自分を判断するのではなく、

自分が定義を判断することです。

ここは、赤線です。

大事なので、もう一度言います。

定義から自分を判断するのではなく、自分が定義を判断する。

自由に生きている人は、それができている人。

縛られ、不自由で、誰かを妬み、自己愛が欠如し、他人への愛も欠如してしまうのは、

定義から自分を判断し、自分を否定しているからです。

色々言いたいことはありますが、今日はこのへんで。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちらから。

つまらない毎日から脱出する方法

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

人は自分が満たされていれば、自然に周りを満たそうとします。

逆に、満たされていなければ、周りを傷つけるようなことをしてしまったり。

例えばここに、今の人生に不満で、イライラしていて、趣味はネットへの書き込みで、いつもスマホでつまらない情報を見ては暇を潰している人がいたとしましょう。

人を見てはなぜか批判したくなり、幸せな人を見るとムカついてしまう。

街で幸せそうなカップルを見かけると、

「け!見せつけやがって!別れちまえばいいのに!」

と思ってしまうほどです。

で、そんなある日、この人に、めちゃくちゃ可愛い彼女ができたとしましょう。

「タイプです!」と言われ、付き合うことになった。

その日から、彼は変わります。

ネットへの書き込みなどどうでも良くなって、

「そんなことより自分の人生を楽しく生きなきゃ!人生の時間がもったいないよ!他人がどうとか、どうでもいいじゃん!」と言い始め、

オシャレな雑誌を読み始めてオシャレボーイに大変身です。

スマホでつまらない情報を見る暇があったら彼女との時間を確保し、一緒に幸せな時間を過ごそうとします。

たまたま街で幸せそうなカップルを見かけると、

「ああ、いいね。素晴らしい出会いがあって良かったね。どうか、お幸せに」

と他人の幸せを見て微笑ましくなり、幸せを祈ったりします。

いつもネットで批判していた人を見ると、

「あの人はあの人で頑張っているよね。世の中には色んな見方があるよ。そこまで悪い奴じゃなさそうじゃん。大きな目で、見てあげようよ」

と、観音様レベルの慈悲の心を示すようになります。

しかし、たまに、そんな可愛い彼女をゲットして幸せな彼を妬む人たちも少数ながら現れることも。

批判する側から、される側になったのです。

いつだって、批判する側=不幸、批判される側=幸せ、なのです。

人生のステージはそうやって上がっていくことになります。

はい。

この話から何が言いたいか。

結局、自分が幸せかどうかが全てだということです。

今回は、「可愛い彼女」という分かりやすいシンボルを使ってしまいましたが、本来は幸せの在り方は何かを手に入れれば手に入る、ということではないので、

これは良い例ではありません。

彼女ができたら幸せだという考えの人には、なかなか彼女はできないものです。

ただ、話が分かりやすいので使わせていただきました。

結局、自分が幸せになれば世界の見方は変わります。

誰かのせいや何かのせいではなく、自分の問題だ、ということ。

世界がつまらないわけでも、人生が面白くないわけでもありません。

人生はつまらないものだと認識する自分がそこにいるだけです。

楽しくないのは、世界のせいでも人生のせいでもありません。

親のせいでも周囲の環境のせいでもありません。

「楽しめない自分」がそこにいるだけです。

そうやって認識が変わったとき、被害者から抜け出し、自分の人生を自分の力で生きていけるようになっていきます。

まずは認識を変えることから。

つまらない毎日から抜け出すためには、世界や人生に対しての好奇心を持つこと。

好奇心を持てる自分になることが大事です。

そしてそれは全て、自分の内面の問題なんです。

今日は、このくらいで。また書いていきます。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちらから。

iTunesに進撃中!

ただ今、iTunesにて私の著書『勉強の結果は「机に向かう前」決まる』が登場しています!

「今週のブック」という欄に出ています。

スクリーンショット 2013-12-13 13.59.30

そして何と、ランキングにも入ってきています!嬉しいですね。

今売れに売れまくっているホリエモンの「ゼロ」を追い越しました。

スクリーンショット 2013-12-13 13.59.17

ただ、上には実は「進撃の巨人」という漫画が選挙中。

巨人に人類がやられてしまっている状況です。これは何とかせねば…!笑

漫画はビジネス書とは段違いの売り上げ部数なのでなかなか厳しい戦いではありますが、人類代表として巨人と戦ってきます。笑

スマホなどでも見やすく、スマホに本があるといつでも読めて本の内容を自分のものにしやすいかもしれません。

もう電子書籍の時代が来てますね。

まだ電子書籍を体感したことのない人も、『勉強の結果は「机に向かう前」に決まる』を通じて体感してみてもらえると嬉しいです。

今は期間限定でかなりお安く手に入ります。良ければ。

巨人を一体でも多くやっつけたいところです!

東京学芸大学で講義しました

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

5700人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

昨日は、東京学芸大学で講義をしてきました。

ある先生の授業の1コマ分で講義してほしいとのことだったので、1コマ徹底的に熱く語ってきました。

そのときの様子。

??-52

??-53

その後は、出口先生が主催する会に参加してきました。

BafFuXBCEAAbBje.jpg-large

講義を聞いてくれた子の中には深く何かを感じてくれた子もいたようで、涙を流して聞いてくれる子もいました。facebookなんかで感想も書いてくれて、嬉しかったですね。

書いてもらった感想を転載したいと思います。

 

「今日は現在発売3ヶ月で6万5千部を売り上げているこの本『勉強の結果は机に向かう前に決まる』の著者、池田潤さんの講義を聞くことができました。

なんでそんな人の話を聞くコトができたか、それはある教育熱心な先生のおかげなんです!ありがたい!!

池田潤さんはいろいろなことを話してくださいましたがその話の中でも、“自分を好きになること”が最も大切なことであることを熱く語ってくれました。様々なワークを行いながら、だんだんと池田潤ワールドに引き込まれていたのは、終わった後に気づきました(^_^;)

受験生から社会人までコーチングしていて、様々な方法で情報発信している池田潤さん。この本はビジネス書でありながら、どの年代の人にでも役に立つ本だと思います。

余談ですが…笑

実は僕は、昨日の夜これを買って帰ったのですが、どんな感じのことが書いてあるのかを見るだけと思って読み始めました。

しかし、ノンストップで8割ほどまで読んでしまいました! そして気づいたら朝(・_・;電気もつけっぱなし(・_・;(・_・; そうです、この本を読みながら寝落ちしました(^^;; 2割は朝に笑 てことで読破してこの講義を聞きました^_^

自分にはやりたいことがあります。やっと見つかったやりたいことにむけて進もうとしています。周りの目を気にして、大学の友達に見捨てられるんじゃないかと思って、言えなかったことがありました。

今日の講義を聞いて、また友達にその夢を認めて応援してもらって、自分のしていることは間違っていないんだというコトを再確認できました。新たな一歩、小さいですが確実に一歩踏み出せたと感じています。

自分が本当にやりたいコトはなにか?

自分を好きになるのって凄い大事!

たくさんの発見と感動がありました。考えさせられるコトも多々ありました。多くのコトを学びました。

しかし、このことを知っているだけでは宝の持ち腐れになってしまいます。

せっかくいただいたお宝をどう使うか、それは自分次第ですよね。今日の話を生活レベルまで落とし込んでいけるか、そこまで僕はこだわりたい。そう思います。

最後に、こういった機会を与えてくださったモテサクさんに感謝です。この機会がなければおそらく僕が池田潤さんに興味を持つ事はなかったでしょう。最初は誰だこの人?って思ってましたし(^_^;)

たまたまモテサクさんの授業をとって、偶然今回池田潤さんの講義を授業でやっていただけることになった。出会いが人を変えるって言いますが、まさにそのことですね!!

この出会いに感謝して、これからも日々精進していきまーーす(*`へ´*)

あ、あと、本って素晴らしいですね!様々な人に影響を与えられる!いつか書いてみたいなぁ…笑

久々にマジメに長文書いてみました(・ω・)ノ
みなさん、まずはこの本、読んでみてくださいな(((o(*゚▽゚*)o))」

 

学芸大学の子からすると、私の存在なんか全然知らなかったわけです。

たまたま私が先生と仲良くなって今回の講義が実現したわけですが、学生からすると「誰?」みたいな。笑

その先生も気象学の先生で、ホント、よく分かんないでしょ。私が登場するの。笑

そこは先生の情熱です。大学にも情熱的な先生はいます。

「池田潤に話して欲しい!」と言っていただき、よく分からない状況になるのは分かった上で今回の講義を行えることになった。

ホントに、その先生のおかげなんですよね。

その先生はめちゃくちゃ熱いですから。

こんな先生ばかりになったら大学ももっと活気づくのだろうな、と思うくらいの。

学生たちは、最初は「誰?」と思ったと思うのですが、最後までちゃんと話を聞いてくれて、伝えたかったことも伝えることができました。

こちらが一方的に話すだけではなくて、ワークも交えながら「実感」してもらう形の講義。

これは今後も継続して色んな形でやっていきたいなーと思えるほどの手応えでした。

ホント楽しかったし、伝わっているのが分かったし。

良い時間となりました。

さー、今から大阪に帰ります!

合格につながる朝の過ごし方

私の朝はカフェのモーニングから始まるのですが、いつもこんな感じです。

5月17日 朝

最高の朝を過ごすことが、最高の一日につながると思っています。最近、ジャパネットタカタで最新のジューサーを買ったので、カフェに行かない日の朝は果実のフレッシュジュースを飲む予定です。

さて今日は、受験生活を最高のものにするための朝の過ごし方について書いていきたいと思います。

朝は本当に大事です。朝の過ごし方でその日の気分も変わりますし、やる気も違ってきます。

勉強量だって増えるし、集中力が高まるので勉強の質も向上します。

まず、朝起きたら「日光を浴びる」ということを行ってください。

この習慣は、実際に目が覚めるということにも関係していますし、実は「睡眠」に大きな影響を与えます。

睡眠を促すメラトニンという物質があるのですが、これは日光を浴びてから14時間後に分泌されます。ということは、朝起きてすぐに日光を浴びておくことでその日の睡眠の質が良くなるということです。

なかなか寝付けない、という人はぜひ試してみてください。

さらに、水を飲みます。

人間の体の約70%ほどは水分でできており、水分が足りなくなると血液がドロドロになります。これは、あらゆる病気の原因になります。臓器や脳の働きも悪くなります。

私自身、仕事場にはウォーターサーバーを設置しており、いつでも新鮮なおいしい水をグビグビ飲めるような環境にしています。水を飲む習慣が、仕事のクオリティも高めてくれるからです。

飲むものは水にしてください。

そして、外に出て歩くか、ジョギングをします。

歩くことで血液が流れるようになりますし、セラトニンという物質が分泌されて幸せ感を感じることもできます。

逆に、運動不足になると、肉体的には悪影響を与えるのですが、実はどんどん精神的にもネガティブになっていきます。

ネガティブになったら、外を20分ほど歩いてみると、それだけで随分と気分が楽になります。

それが終わったら、その日1日の予定を確認する。

受験生は、その日1日の勉強内容を確認し、いつ何をするのかを明確にしましょう。

予定を立てずにいると、ダラダラと時間を過ごすことになってしまうので、何時に何をするのかを明確にすること。

朝の5分間でもいいので、1日の予定を確認する習慣を持つことでどんどんやるべきことをこなすことができるようになっていきます。

以上、4つの習慣をぜひ身につけてください。

・日光を浴びる
・水を飲む
・運動をする
・予定を確認する(やること、やる時間を明確にする)

実際にやってみるだけで、その日1日のクオリティは変わっていきます^^

さてさて、今日は受験コーチングプログラムのオンライン勉強会。私自身も、プログラム生と一緒に勉強していきます!

受験コーチングプログラム、再募集を5月末に行う予定です。参加を考えている方は、楽しみにお待ちください。

また、6月2日(日)大阪、6月8日(土)東京、6月16日(日)福岡でセミナーを行います。大阪や福岡でセミナーを行うのは初なので、こちらもお楽しみに。近日中に募集を開始します。 

全国のブログとランキングを争っています^^本気でこれからも頑張っていくので、ぜひ応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらのランキングも、応援クリックをいただけると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

合格を本気で目指すなら、このレポート、無料ビデオ、音声たちを無料で手に入れておいてください。確実にあなたの受験生活のプラスになります。

音声『勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談』『モチベーションを高めるビデオ』、レポート『京大に合格する受験生の一日』など、無料でプレゼントします。登録後、たくさんの受験勉強に役立つコンテンツが届きます^^

4801人が手にした東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

アルバイト時代の勉強時間について

Twitterで、「バイト時代の勉強時間について教えてください!」と言われたので、書いていきたいと思います。

最近私のことを知った人のために言っておくと、私の家はお金が全然なかったので、浪人するためにはアルバイトしないといけませんでした。高校時代はずっとサッカーをやっていたので、人生初バイトですね。

いやあ、最初に行ったバイト先が鬼店長が君臨するすごいバイト先だったので、非常に苦労しました。まあ、その話はいいです。

勉強時間の話ですね、今回は。

まず、バイトが夕方17時〜22時まで。5時間くらい。週4ですね。で、寝る時間が大体0時くらい。いや、寝付けなくて1時に寝るパターンが多かったです。

で、頑張って7時に起きる。無理なときもあって、8時起床とかもありました。起きたら、勉強しかしません。

8時〜12時まで勉強。もちろん休憩は間に挟みます。なので、3時間30分くらい。

13時まで昼飯を食べて、13時から16時まで勉強。3時間。実質2時間30分くらいでしょうか。

なので、バイトのある日は6時間くらいしか勉強できていませんでした。これは結構キツかったのですが、バイトのない日があったので、そこで頑張っていました。

バイトのない日は勉強できない鬱憤を晴らすかのように勉強していましたね。12時間くらいは勉強していたのではないでしょうか。

そこで上手くバランスが取れていたのだと思います。

バイトは9月までやっていたので、そういう生活が続いていました。

予備校に行って授業を受けていた時期もありましたが、大抵16時までには終わるので、そこからバイトに行ったり、バイトがなければ家に直行で帰って勉強したり。

浪人時代は、バイトするか勉強するか。当たり前ですが、それしかなかったです。

マジで思い出とかないです。笑

バイトか勉強の記憶しかありません。遊んだのは1日だけだし、クリスマスとかも無視だし、正月とかにいつも集まる親戚の家にも億劫がって行かないし、という感じの生活だったので。

友達とご飯を食べに行く、とかいうことも一切なく。昼ご飯はいつも立ち食いうどん屋さんに行って、200円くらいのかけうどんを食べていました。模試で成績が良かったときは天ぷらうどんにグレードアップしたりして。懐かしいですね。

予備校にいると、なぜか昼ご飯になるとみんなで集まってダラダラしながら食べている人が多くいましたが、そんな時間がよくあるな、と単純な驚きがあったことを今でも覚えています。

もちろん、人とのコミュニケーションは受験期に重要なものでもあるので、昼ご飯のときだけは力を抜く、と割り切っているのなら良いとは思います。

私の場合は友達もそんなにいなかったし、みんな昼ご飯は一人で食べて、食べ終わったらすぐに勉強する子ばかりだったので、ダラダラすることはありませんでした。

バイトの話に戻ると、最初の頃は結構苦労しました。分からないことだらけで、かなりミスもしましたし、それで落ち込んだりとかも日常茶飯事。浪人生という珍しい立場でもありましたし、何かと気苦労もありました。

ただ、そんなことも受け入れられるくらい合格したいと思っていたので、勉強することができました。

バイトがあることで生活にメリハリが生まれたことも、今思えば良かったのだと思います。

とにかく、バイトがある日もない日も、バイトが終わってからも、勉強漬けの毎日。受験生はそれが当たり前だ、という意識を持つことは大事なことだと思います。

このランキングへの応援クリック、実はかなり嬉しいです。やっぱり応援されていると思うとブログを書こうと思います。良ければ、クリックお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらも。応援クリックがブログ更新の原動力と言ってもいいくらい。読んでくれているかどうか、喜ばれているかどうかは、書いている方には分からないので。。良ければ、応援お願いします^^

人気ブログランキングへ

『受験勉強の技術』を公開しています。

音声『勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談』『モチベーションを高めるビデオ』、レポート『京大に合格する受験生の一日』など、無料でプレゼントします。登録後、たくさんの受験勉強に役立つコンテンツが届きます^^

東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

サンマーク出版から本を出版します

出版社さんの方からお許しが出たので、ついに私が本を出す出版社さんを公開します^^

記事のタイトルにある通り、サンマーク出版から出版します。

私の人生を変えた本は、稲森和夫さんの「生き方」という本です。

ブログなどにも何回か登場したかと思うのですが、浪人時代にこの本を読み、私は自分の人生を本気で変えようと思いました。

稲森氏は、歴史に名を残すような経営者。

そして、「生き方」という本はサンマーク出版さんから出ています。

ここに、私は縁を感じています。

自分の人生を変えた本と、同じ出版社さんから本を出せること。すごく嬉しいです。

今まさに原稿を書いているところなので、本が出るのは夏頃になります。

本が出たら、当然ブログでも告知しますので、良ければ買ってくだされば嬉しいです^^

アメブロから始まり、ずーと記事を書き続けてきて、ついにここまで来たかという気持ちもあります。

でも、またここから新たなスタートだなと思います。

これからも頑張りますので、よろしくお願いします!

応援クリックがあると、原稿の執筆もはかどって、良い本ができるかもしれません^^笑 良ければ1クリックお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらのランキングも押してくださると、より良い本ができるかもです^^笑 ホント、いつも感謝しています。ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談や、モチベーションを高めるビデオ、京大に合格する受験生の一日など、本当に価値のある情報ばかりを配信しているので、メルマガの方にも登録しておいてください。

東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける受験メルマガ登録はこちらから。