カテゴリー別アーカイブ: 浪人生が合格するための方法

浪人しない技術

受験指導をしていて気づいたことがあります。

それは、浪人する人の隣には浪人している人がいた、ということです。

もう少し具体的に言うと、近くに浪人している人がいる人は、浪人する可能性が高いということ。

例えば、兄が浪人していましたとか、姉が、とか父が、とか。先輩が、でもいいです。

で、何でそういうことが起こるかというと、近くに浪人している人がいるので「それが当たり前」と無意識に思ってしまうから。

人は、自分が「当たり前」と思うところに流れていきます。

浪人という状況が当たり前であり、普通だと思い込んでいる人は、浪人することに抵抗を感じなくなってしまうのです。これは、結構危険な状況です。

人は、「今の状況から抜け出したい!」と本気で思わなければ、本気になりません。

浪人することが普通だ、などという思い込みを持っていると、そこに安住してしまうわけです。無意識レベルでそう思ってしまっている人は、もはや浪人することが居心地よくなってしまい抜け出すことができません。

合格しないように、自分の方から動いてしまうのです。

例えば、女性は比較的浪人する率が低いです。これはなぜかというと、「浪人したくない!」という気持ちがすごく強いから。女性は男性に比べ何倍も、周りからどう見えるか、ということを気にします。

これは、生物学的な意味もありますし、女性社会という男性社会とは全く違う世界で生きるための一つの手段です。

言いたいのは、「そうなりたくない!」も、前に進むエネルギーになるわけです。

私も「二浪は絶対にしたくない!絶対に今年で受からなきゃいけない!」と本気で思っていたので、勉強以外に時間を使っている暇はありませんでした。

さらに言えば、親にお金から何から面倒を見てもらっているのにも関わらず、勉強しないなんてことはありえない。

一番ダメなのは、予備校に行って浪人生の友達をたくさん作って、その状況に甘んじてしまうことです。

予備校に行けば同じような境遇の仲間がいっぱいいるわけですから、そこで楽しい時間を過ごしすぎてしまうと、その状況が好ましいものになってしまいます。

すると、変わりたい、抜け出したい、という気持ちが弱くなってくる。その世界が居心地よくなってくる。

人生がどんどん悪くなっていく人にはパターンがあって、大体「一緒にいる人」がネガティブになっていきます。

状態の悪い人、考え方がネガティブな人とだんだん一緒にいるようになって、その人たちの影響を受けてさらに悪くなっていく。

これは、リアルなつながりだけでなく、ネットでもそうです。ネットの掲示板に誹謗中傷を書くようになれば、もう末期症状です。そういう情報を普段から頭に入れているわけですから、人生の成功を手放したことと同じでしょう。

今回の話で伝えたいのは、人は周りの影響を受けて生きているということ。

もっと言えば、周りの人が「当たり前だ」と思っていることが、自分の当たり前になるということ。

なので考えて欲しいのは、自分は今までどういう人の影響を受け、何を当たり前だと考えるようになってしまったのか?ということ。

今の自分が持っている「当たり前」という感覚は、本当に自分の人生を良くしているのか?

自分の成長につながっているのか?

周りの影響が、自分の成長を邪魔しているということはないか?

ということです。

今までは、無意識レベルでその影響を受けてきたかもしれません。しかし、これからはその影響をブロックしようと意識することが大事ですし、頭に入れる情報も良いものにしてください。

ネットの掲示板なんかは絶対に見ない。私は吐き気がして見られません。それくらいが正常です。ああいったものを普通の気持ちで読めるというのは、かなり状態が悪い証拠です。

読むなら、ポジティブな内容が書かれた本やブログ、メルマガなど。

頭に入れる情報には気を遣ってください。

また、普段一緒にいる人についても考えた方が良いです。

どうしても接するしかない人は仕方ないです。完璧にする必要なんてありません。

ただ、それでもできることはやる。

そうすることで、自分の意識を高い状態で保つことができ、現状に不満を感じ、行動することができるようになります。

昨日たくさんの方がクリックしてくださったので、ランキングが大変なことになっています…確認してみてください↓

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

みなさんのクリックのおかげでこちらもついに…!応援の結果を見てみてくださいね^^

人気ブログランキングへ

勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談や、モチベーションを高めるビデオ、京大に合格する受験生の一日など、本当に価値のある情報ばかりを配信しているので、メルマガの方にも登録しておいてください。

東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける受験メルマガ登録はこちらから。

浪人生が合格するための考え方

最初にご報告。

受験コーチングプログラム生が、
早稲田大学教育学部に合格しました。

この子も、プログラム一本で、参考書
学習のみです。

授業は利用していません。

参考書学習恐るべし、ということですね。

さて、今日は、これから浪人することに
決まった人に向けて書いていきます。

メールやツイッターなどでも質問が
寄せられていた話題なので。

まず、志望校について。浪人する方の
ケースだと、この3月には思い切って
志望校をガン!と高くする人が増えます。

1年あれば、どこへでも行けるだろう、
という発想が出てくるからです。

そうやって自分自身の可能性を
信じることは良いことだと思います。

ただ、現実には本気で勉強していく
つもりであれば1年間は結構短いです。

だから、「1年あるから」と思って
いる人のほとんどは上手くいきません。

この3月から本気になれる人でない
と、志望校を急激に上げて合格する
ことは難しいでしょう。

やるんだったら、今から本気で勉強
です。周りがどうとか関係ありません。

実際、私自身も浪人したときは
この時期から勉強していました。

で、あともう一つ大事なのが、

「絶対に今年で決める」ということ。

もう一年はない、と決めた方が良い
です。

浪人というのは、当然やろうと思えば
いくらでもできます。何年でもできる。

しかし、その何年でもできるという
事実のせいで、人生が前に進まない
人もいるのです。

しかも、浪人を重ねるごとにやる気
は失われていきます。

生活にマンネリが起き、刺激を求めて
勉強以外のことをし始める。

今1浪の人は、絶対に2浪はしない。

今2浪の人は、絶対に3浪はしない。

そう、決めてください。

もし今年、志望する大学に合格でき
なければ、第二志望に行く、という
気持ちで勉強する。

というか、実際に今年ダメなら第二志望
に行った方が良いと個人的には思います。

勝負は、今年の一回きり。

もしそれでダメなら、縁がなかったと
思い定める。

そうでないと、人は本気になれません。

背水の陣でいくからこそ、本気に
なれるわけです。

もしダメなら、いつまでも未練タラタラ
とするのではなく、次のステージで頑張
れば良いわけです。

本当に大事なのは大学に入ってから
なわけですから。

意味のない学歴コンプレックスなんて
持たずに、大学に入ってしまう。

学歴コンプレックスを持っているなら
持っているで、それをバネに頑張れば
良い。

とにかく、ダラダラしてしまうのが
一番良くありません。

今年で決めると誓う。

良い結果であれ、悪い結果であれ、
今年で決める。

自分を甘やかせば、これから先も
どんどん自分を甘やかすように
なります。

勝負のできない自分になってしまう。

最初から逃げ道を用意しておくよう
な自分。

そうならないためにも、今年で
決めるという覚悟で勉強すると
良いと思います。

あと、最近受験コーチングプログラム
への問い合わせが非常に増えています。

募集は3月下旬になりますのでお待ち
ください。

詳細は中旬には公開できると思います。

早稲田や上智にもガンガン合格して
いるプログラムです。

自信を持って、オススメさせていただき
ますね^^

また連絡します。

ランキングに参加しています!良ければ
1クリックしていただけると嬉しいです^^

こちら↓

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらのランキングにも参加し、
こういったメッセージを世の中の
たくさんの方に届けたいと思って
いますので、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

〜編集後記1〜

成績を上げるための「集中脳」は
すでに手に入れましたか?

勉強で結果を出すために最も必要
な「集中力」について、無料で
学べるのでまだの方は手に入れて
おいてくださいね^^

:無料で脳をグレードアップさせ、志望校に合格する

紹介した動画が、少しでもあなたの
お役に立てれば嬉しいです。

〜編集後記2〜

原田翔太さんとの対談公開の
3月4日が近づいてきましたー^^

ホントに面白い対談になっている
ので楽しみにしておいてくださいね!

〜編集後記3〜

ブログ記事などでも質問に答える形
の記事を書いていくので、何か質問
があればコメント欄にお願いしますね。

返信には多少時間をいただくことが
あるので、そこはご理解ください!