カテゴリー別アーカイブ: 予備校時代の終焉

次世代の受験のあり方

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

5000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

時代の変化と共に、受験や教育のあり方も変わって来ています。

これまでは塾や予備校は「授業」を売り物としてきたわけですが、近年のネットの発達によって価値ある授業が無料、もしくは相当な低価格で受けることができるようになっています。

受験という枠組みからは少し外れますが、「カーン・アカデミー」や「TED」といった世界レベルの講義も無料で受講することができる時代です。

上記二つを知らない人は、ぜひ検索して調べてください。無料で、世界レベルのもの凄く価値ある講義を受けられますから。これからの時代のキーになってくる存在です。

受験に話を向けても、無料で授業を受けられる環境はすでに揃っています。

超高額を払って予備校に行って、授業を受けるだけ、というシステムはすでに時代の変化と共に「古い」ものになろうとしているのです。

授業を受けるだけでは成績は上がらないことからも、これからは参考書での自学自習をメインとしつつ、もしも分からないところや授業での解説が必要なところが出て来たら、ネット上に公開されている無料の授業を受ける。

そういう形が主流になってくるのではないでしょうか。

その形であれば、金銭的に厳しい子でも十分な教育環境を整えることができます。

当然、日本でも有数の一流講師陣は、今だに大手予備校に存在することも多く、彼らの授業は分かりやすいでしょう。金銭的余裕があるのであれば、授業を受ける場合は一流の講師の授業を受けた方が良いです。

しかし、コストパフォーマンスを考えて、少し授業のレベルは落ちても無料で受けられるということで、ネット上の無料授業を利用するという考え方はあっても良い。

そして、そういう人がこれからどんどん出てくる。

ありえないのは、分かりにくい授業や中途半端な講師陣のところに高額を払って参加することです。

そんなところに行くくらいなら、ネット上の無料授業を受けた方がよっぽど良いわけですよ。

それか、お金を払うんだったら一流の講師の授業を受ける。

今の時代、授業をする人、講義をする人はそんなに人数はいらないんです。だってネット、衛生があれば一流の人の講義をどこからでも受けられるんだから。

中途半端な人、よく分からない人の講義を受ける必要は全くない。

時代の変化によって、そういう風に受験のあり方だって変わってくる。

でも、その時代の変化を感じていない人、知らない人は旧来の価値観、考え方を押しつけてきます。

でも、本当に大事なことは何なのかという「実質」に目を向けること。形ではない中身に目を向けること。

これまでの常識にとらわれないこと。

私の著書の中で言っている「形式と実質」の話は、これからの時代を貫く最大のテーマだとも思っています。

例えば、無料で世界レベルの講義を受けられる時代だと先ほど言いました。

では、学歴はなくてもその無料の授業を全てコンプリートして学んだ人と、現在の日本の大学生のようにただ単位を稼ぎ、形だけの卒業証書を手に入れた人で、どちらがより多くの価値を世の中に提供できるでしょうか?

当然、前者でしょう。

前者は、「卒業」や「学歴」という形は持っていません。しかし、実質があります。学んできたことがあります。

後者は、「卒業」や「学歴」は持っています。しかし、実質はなく、学んできたことはありません。

社会の中でどちらが本質的に価値のある存在なのか、ということです。

ここが分からず旧来の価値に縛られる人は、人を学歴で見たり、卒業しているかだけで判断します。しかし、その考え方はもう古い。

何を学んだのか?何ができるのか?そこが問われる時代です。

社会に提供できる何かがあるのであれば、大学に行っている必要もなければ大学を卒業している必要もありません。

当然、日本社会全体が今だに旧来の価値観から抜け出せていませんから、それに合わせる形で仕方なく「形を身にまとう」必要性というのはあるかもしれない。

でも、それだってこれからだんだんと変わってくるでしょう。

だからこそ私は、「勉強以前の問題」に目を向けているわけです。

今だに多くの受験生が、「学歴さえあれば」と思っている。偏差値の高い大学に行けば安心と思っている。でも、そんなのは嘘。それだけではダメ。

大学で何を学んだんですか?何ができるんですか?

そっちの方が大事なんですよ。なのに、今だに「受かればいいじゃん」みたいに考えている人が多いし、受験指導する側でそう考えている人も大勢いるわけです。

学歴がたとえ少し低かったとしても、自分が興味を持って学べるのなら、そちらの方が4年間の中で身に付くものは多いでしょう。そうなれば、世の中に提供できる価値も増えていくはずです。

私は、学歴が高ければそれでいいという立場ではありません。同時に高学歴を否定する立場でもありません。

中身が伴っていれば高学歴でいいんです。でも、中身が伴っていない高学歴はこれからの時代を生き残ってはいけない。

これらは全て、『勉強以前の問題』です。

でも、そこに目を向けて、自分は何がやりたいのか、何に興味があるのか、どういう人生を送りたいのかを考えること。

それが大事だと思っています。

今まではそんなことは考えなくても良かった。形だけ整えていれば人生上手くいった。用意されたルートがあった。そのルートに乗るだけで、形を整えるだけで良かった。

しかし、もはやそんな時代ではない。

一人一人が自分の人生を考え、自分なりの答えを見つけ出し、自分の人生を生きていかなければならない。

そのことにいち早く気づいた人だけが、本当の意味で充実した人生を生きることができる。

そして、気づくか気づかないかは、「知る」かどうかにかかっています。

だからこそ、私はこれからもどんどん情報発信を続けていきます。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

これからも本当に大事なことを伝えていくので、応援よろしくお願いします。仲間の応援が、心の支えになっています!!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらも押していただけると嬉しいです。ポチクリに感謝です!^^

人気ブログランキングへ

次世代の受験勉強法

私は、京大に合格した年のセンター日本史は100点満点だったのですが、そのときやったことと言えば、何度も何度も同じ参考書を繰り返し、演習して覚えているか確認したこと。そして、過去問演習。

それだけなんですよね。正しい勉強法で勉強を重ねる。それだけ。

私は今まで参考書学習をずっと勧めてきましたが、その理由は明確で、本当に効率的に勉強できるんです。

何度も繰り返すことができる、自分のレベルに合ったことができる、自分に必要なことができる。

しかも、時代が進んでさらに参考書学習の重要性が高まってきたように思えます。

だって、インターネットがあれば無料や格安で授業は受けられるんですよね今って。予備校や塾に多大なお金を投じて授業を受ける時代ではなくなってきています。

受験コーチングプログラムは、年間で15万円ほどです。コースによったら、年間で8万円ほど。

予備校や塾だと年間50万〜100万。もっと必要なところもありますよね。月額5万だったら10ヶ月で年間50万ですから。

家庭の経済的な事情で塾や予備校に通えない子は65%にのぼるとも言われています。年間50万〜100万円なんて払えないという家庭は多いはずです。

受験コーチングプログラムは高額ではないし、徹底的に自学自習をサポートしていきます。自分で学ぶ術を教えていきます。

しかも、入塾テストもありません。誰でも入れます。

去年も、入塾テストなしで全員受け入れる形でコーチングプログラムを行っていきましたが、早稲田大学合格者は14名中9名。

その9名の中には、偏差値40台だった子だって普通にいるわけです。

でも、そんな子でも参考書学習を使えば合格できる。

それくらい、参考書学習は効率が良い。

ホントにゼロからのスタートで、どうしても人からの説明でないと理解できない、授業という形式が必要ということであれば塾や予備校に行かなくても無料や格安で授業は受けられますから。ネットがあれば。

特に再受験をする人なんかにとっては最高の環境が整っているわけです。自分の好きな時間に授業を受けられるわけですからね。わざわざ足を運ばなくても自宅から受けられるわけで。

参考書学習も、場所を選びません。どこでもできる。

基本的には参考書学習のみでも合格可能。どうしても、というときにだけ必要なものだけ授業を利用すれば良い。

予備校に行けば、必要のないもの、自分のレベルに合っていないものまで強制的に授業を受けないといけなくなってしまいます。

ホント、予備校に行っている人でこの悩みは多いんですよ。受けても意味がないと感じるものも受けないといけない。それはストレスになるし、時間の無駄になってしまいます。

授業だけで成績が上がる、というのも嘘なわけです。結局は、自分でやっていかないといけない。

だって、英語の授業を1週間に1回受けて成績が上がるわけがない。毎日毎日英文に触れて、英語に慣れる作業をしないといけない。それをするのは、自分です。授業でできるわけではない。

受け身なだけでは成績は上がらない。

基本は参考書学習をメインに持ってくるのがベスト。何度も言いますが、自分のレベルに合った、自分に必要な勉強を、自分のペースでできます。

戦略を立てながら勉強できます。

ただ、なかなか戦略を立てるのは難しいものですし、どうやって勉強していいか分からない人も多いはず。だから、受験コーチングプログラムがあるわけです。

勉強法、マインドセット、さらに生活習慣に関してなど、自学自習に必要な全てを教えていきますから。

来週、7月スタートのプログラム生を募集します。

すでに多数の参加の声をいただいていますが、募集は来週からです。お待ちくださいね。

こちら1位に返り咲くため奮闘中です!応援よろしくお願いします!^^

人気ブログランキングへ

いつも応援クリックありがとうございます!おかげさまで1位を維持し続けています^^これからもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

合格を本気で目指すなら、このレポート、無料ビデオ、音声たちを無料で手に入れておいてください。確実にあなたの受験生活のプラスになります。

音声『勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談』『モチベーションを高めるビデオ』、レポート『京大に合格する受験生の一日』など、無料でプレゼントします。登録後、たくさんの受験勉強に役立つコンテンツが届きます^^

4848人が手にした東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

予備校に行っても合格できない4つ理由

昔から、予備校の授業に依存することの弊害を述べ続けてきています。

ここいらで一度、確認をしておこうと思うのですが、予備校一辺倒の勉強がなぜ良くないか。

① 超でたらめな勉強カリキュラム

予備校の授業では、英文法は11月になっても終わりません。英作文は4月から開始されます。

明らかに、これはおかしいわけです。

効率的な勉強法だと、英文法は1〜2ヶ月で終わらせ、その後読解を学び、最後に英作文。という形を取ります。

英文法は基本。英作文は応用なわけですから、そういう順番になるのは当たり前。

しかし、予備校ではその当たり前が当たり前ではないのです。

世界史や日本史も、11月の段階で終わってません。12月に先生が超焦りながら、飛ばしながらギリギリカリキュラムを終える様子は、予備校の定番です。

先生も、成績を上げることよりも、カリキュラムを何とか期間内に終わらせることを優先してしまいがちになります。

予備校の授業というシステムに最初から無理があるということです。

② 反復ゼロ。1回きりの授業だけでどうしろと??

授業というのは、1回きりです。反復が出来ません。例えば、世界史の4月の授業を、10月の段階で覚えているわけがありません。

しかし、「もう1回やって!復習したい」と言っても、そんなことは不可能です。

人間の記憶力では、知識は反復しないと身につきません。何度も繰り返さなければ、記憶できない。

なのに、授業では繰り返すことができないわけです。これでは、知識が自分のものになりません。

授業を受けているのに成績が上がらないのは、反復が物理的に不可能だからです。

③ バカな先生に人生を預けていいのか?

先生は言います。「俺についてきたら大丈夫だから!」。

本当か?

予備校の先生の実力は千差万別です。正直、ありえないほど低い実力の人もいます。

僕も最初の頃は予備校に行っていたから分かるのですが、地方にいて生授業をしている先生で良い先生は本当に少数です。

例えば、大手三大予備校がありますが、優秀な人は「サテライト授業(映像)」を担当するために東京にいます。全国放送なので優秀な先生を集めるわけです。

となると、地方に残るのは実力のない先生ということになります。僕が通っていた校舎には、優秀な先生は2人だけいました。それ以外の先生は、サテライトの先生と比べるとひどいものです。

で、先生についていくということは、先生に人生を預けるということ。

これが、かなり危険なんです。先生は自分が食っていくために、「俺に任せろ」と必ず言います。授業に来てもらわないと給料に響くので。でも、大事なのは自分自身で判断すること。

「これ、大丈夫かな?」と思う先生は、大抵やばいです。本当にすごい先生は1回授業を受けただけですごさが分かりますから。

とまあ、予備校は先生次第というところがありますし、誰になるか分からないので、大きなギャンブルをしているのと同じだということです。

④ 分かったつもりで終わる

授業を受けていると、分かったつもりになります。「すげーなるほどー」と言って、その場では分かった気になる。でも、実際には問題が解けない。

自分で解こうとすると、解けない。

なぜなら、聞いて分かるレベルと自分で問題が解けるレベルには大きな乖離があるからです。

トレーニングを積んで、自分で問題が解けるレベルまで力をつけないといけない。

しかし。

予備校に通っていると、予習復習でそれどころではありません。時間が、本当にない。

難しい問題を渡されるので、一問にめちゃくちゃ時間がかかります。答えもないわけだから、考えるしかない。

超非効率な勉強をやらされるわけです。

予備校にいると、本当に時間がないな、と感じます。自分がしたい勉強なんかできないです。

授業を受ける時間と予習と復習。これだけ。

しかも、先生は本当に優秀か分からない。

しかも、聞いているだけでは分かったつもりになるだけで、問題が解けるレベルにはならない。

…という感じです。

今回は、まず予備校の問題点について書かせていただきました。

で、じゃあ受験生は一体どうすればいいんだ?という話になりますが、長くなったので今日はこのへんで。

ブログ頑張って更新するので、良ければ応援クリックお願いします。
やる気になって良い記事書いてしまうかもです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらのランキングにも参加しています。
こっちも、1位に復活できればなと思っています↓

人気ブログランキングへ

勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談や、モチベーションを高めるビデオ、京大に合格する受験生の一日など、本当に価値のある情報ばかりを配信しているので、メルマガの方にも登録しておいてください。

東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける受験メルマガ登録はこちらから。