カテゴリー別アーカイブ: 日記

3冊目となる新刊、こんな感じに仕上がりました

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

新刊、こんな感じに仕上がりました。

??15?-01

5月17日頃の発売になります。

で、昨日も書いたのですが、5月23日(土)14時〜、おしゃれカフェにてトークライブを行います。

かなり刺激的な時間になると思うので、ぜひお越しを。

募集は間もなく。

では、本題。

私はよく「自信」について書くのですが、それはなぜかというと、

自信があれば、人生は楽しい

からです。

すごくシンプルな理由。

本当にそれ以外の何ものでもなくて、自信がある、自分が自分に満足している状態というのは、楽しい。

逆に、苦しいときというのは、

自分はダメなんじゃないか、できないんじゃないか、価値がないんじゃないか…あうう

という感じになっているとき。

あと、拗ねたり、いじけたり、ひねくれたりしてるとき。

そういうときって、面白くない。

上手くいかないですしね…。

まあ、生きていると色々あるんで、良くないときもあるもんです。

私も、人生が楽しくないときは、自信がなかったんですよね。自分に。

自信がないと、何か色々気にしすぎてしまったり、遠慮したり、ビビったり、モテなかったり、

ホント、面白くないし、楽しくない。

そういうのって、嫌じゃないですか?

だから、色々と考えて来たし、乗り越えようとしてきた。

今回の3冊目となる本、『毎日15分、自分と向き合えば、「欲しい結果」がついてくる』には、

私がこれまで乗り越えてきた色々な「葛藤」を、これでもか!というくらい書いています。笑

葛藤を乗り越える過程を本にした、という感じかもしれません。

発売は、5月17日頃。

赤裸裸な話も詰まった新刊、よろしくお願いします。

メルマガも好評なので、良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

おしゃれカフェにて『出版記念トークライブ』開催決定!

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

スクリーンショット(2015-05-02 8.33.53)

間もなく(5月17日頃)、私の新刊『毎日15分自分と向き合えば、「欲しい結果」がついてくる』が発売されます。

で、それを記念して、出版記念トークライブが開催されることになりました。

場所は、東京。

日時は、5月23日(土)14時〜です。

しかも、今回はオシャレなカフェで開催します。

編集者さんの提案で実現した今回のトークライブ。

おいしいドリンクを飲みながら、軽い食べ物を食べながら。打ち解けた雰囲気で。

人数も少なすぎず多すぎずで、充実した時間になると思います。

久しぶりの一般向けトークライブになります。

人前で話すということから最近遠ざかっていたので、私自身、楽しみです。

まだ募集は開始していないのですが、準備が出来次第、募集を行いますね。

新刊の方も、楽しみにしていてください。

メルマガも好評なので、良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

最もノーベル平和賞に近い男に会おう!

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

今日は、ものすごいお知らせがあります。

昨年の夏、著書「自分を愛する技術」が10万部を突破した、加藤秀視さんと二人でダブルトークライブを開催しました。

その加藤さんが、何と、今全世界で最も「ノーベル平和賞」に近いと言われる男を日本に連れてきました。

その男とは、ヤンク・バリー。

ノーベル平和賞に3年連続ノミネート。

全世界の難民に9億8800万食の支援。

寄付総額1000億円超。

ブルガリア政府に、「国連と赤十字とユニセフを足してもあなたには敵わない」と言わせた男。

彼の財団を支援するのは、ハリウッドスターや超一流のスポーツ選手。

セリーヌ・ディオン、マイケル・ジョーダン、スティーブン・セガール、サミー・ソーサ、

マイク・タイソン、モハメド・アリ…

もはや、挙げられないほど。

さらに、ビル・ゲイツ氏や世界的投資家ウォーレン・バフェット氏とも交流があり、ヤンク氏の活動に賛同しています。

そんなヤンク氏と、加藤秀視さんが、チャリティートークライブを開催します。

:ヤンク・バリー×加藤秀視 チャリティートークライブ

まだ日程は先ですし、ぜひ、予定を空けて来てください。

私も当然、行きます。

今回の参加金はチャリティーに使われるということで、私も一参加者として参加します。

5月24日の3時間30分。

たった一日、空けるだけです。金額も4000円。

しかも、それは支援金になります。

もちろん、この一日だけで「人生が変わる!」なんて、大袈裟なことは言いません。

大事なのは、日々の自分の地道な行動。

そんなことは当たり前のことで、このトークライブだけで人生を変えようなんていう人はいないと思います。

そうではなく、ノーベル平和賞に何度もノミネートされ、世界レベルで評価されているヤンク氏が日本にやって来たということ。

チャリティーでトークライブをするということ。

直接会えるということ。

その価値、その貴重な体験。

そこを感じて欲しい。

本当に、すごいことだと思います。

1000名規模で人が集まりますし、そういう場って最近はあまりなくて、

単純にそれも楽しみです。

私は基本、一人で文章を書いているので、こういうイベントが結構ワクワクするんですよね。

色んな人に会えるのが楽しい。

私も当日会場にいますので、ぜひぜひ見かけたら声をかけてくださいね。

ということで、すぐに埋まってしまうかもしれないので、こちらから詳細を確認しておいてください↓

:ヤンク・バリー×加藤秀視 チャリティートークライブ

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

5人でシェアハウスをして、ビジネスをする人たち

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

昨日は、東京でセッション。8時間くらい。

そのまま東京に一泊し、今日はこれから、FaceClubメンバーがシェアハウスを始めたので、そのお祝いに行ってきます。

ネットで出会った人たちとシェアハウスを始めてしまうってすごいですよね。

5人集まっているらしくて、全員そこでビジネスをしてて。

月商35万、月収30万という子も出て来ています。まだ20歳とかそこらかな。

私はビジネスを教えているわけではありません。

というか、具体的なことを話したことなど全くないですが、

自分たちで勝手に教え合いながら実践して、成果を出して行っていますね。

つくづく、時代は変わったなあと思います。

私は彼らの可能性しか見えませんし、これから月収100万とかも普通にいくでしょう。

自分が本来持っている力を解放することができれば、それくらいは全然できてしまう。

要は、自分が持っているものを出す事を許可し、解放し、信頼できるか、です。

ということで、楽しみです。

 

では、本題へ。

FaceClubなどを通じて人と接していてつくづく思いますが、

多くの人が、「信頼される」という経験が少なくて、それがゆえに自分を信頼に足る存在でないと勘違いしています。

私は基本、心配とかしません。

なぜなら、人は自分で課題を解決する力を持っていると知っているから。

自分が何かごちゃごちゃしなくても、勝手に成長していく。

もちろん、失敗だってするでしょう。

それで全然構わない。

ガンガン失敗して、ミスって、恥だってかけばいい。

その中で、大事なことに気づいていけるなら、失敗だってOK。

何も言わないとか、何もしないとか。

それは無関心なのではありません。

私にとってはそれが、最も深い関心なのです。

 

信頼や愛情。

そういったものが、人を変えていくと思っています。

私自身も、それで変われたから。

信頼や愛情にもとづいた人間関係。関わり。

それがあれば、人は自分の本来の力を発揮して、見事な成果を上げていく。と、思います。

では、シェアハウス行って来ます。

みんなでピザでも食おう。

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

自分の好きな世界が描かれた作品を持つこと

 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

3冊目と4冊目の本の進行が被っていて、若干、精神が疲弊中。笑

どちらも本気になってやるもので、手を抜くことができません。

手を抜くなど考えられず、どっちも本気でやるわけですけど、どちらも知的作業。

知的作業って、実はエネルギー使うんですよね。

ということで、地味な奮闘、静かな奮闘を続けています。

ただ、奮闘が地味なものなので、カラオケにでも行って、エネルギーを発散したい気持ちです。

??-124

 

写真は、今読んでいる小説。

レイモンド・チャンドラー。村上春樹訳。

ハードボイルド小説です。私はハードボイルド系が好きなので。

有名なセリフでは、

「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」

があって、これは主人公の探偵フィリップ・マーロウのセリフ。

今読んでいると言っても、最近は満足に読むこともできていませんが。。

私は映画を観ることも多いし、最近は小説もかなり読んでいますが、

単純に、好きな世界が描かれているのが楽しいんですよね。

同じ世界を好きな人がこの世界にいるというのも嬉しいし、

現実世界の中でも、そういう好きな世界を体現していきたい、と思えて。

それが、生きる原動力になったりします。

その好きな世界に触れていたい、と思う。

例えば、仕事や勉強で疲れたとしましょうか。

ああ、もう頭が疲れたと。もうダメだと。

そのとき、自分が好きだと思う世界があると、救われる。

私の場合、人の下につくことができず、人と群れることもできず、

どこか孤独を選んでしまうところがあります。

もちろん、以前よりもそれはマシになって、マシというか、今は人といることも楽しい。

でも、一人の時間がとにかく好きで。

寂しいと思うこともあるにはあるけど、一人で退屈することはない。

小説も、映画も、文章を書くことも。

何でも、できるから。

で、そうやって生きていると、そうやって生きている人を見ると親近感が湧くというか、

何なんでしょう、嬉しいんですよね。

そういう人を見るのが。

探偵フィリップ・マーロウは孤高の男で、あそこまで私はタフでもなければカッコ良くもありませんが、

でもまあ、好きなわけです。

小説のように事件とかは起きて欲しくないけど。笑

結構、男っぽいものなので、女性には伝わらないかなとも思うのですが。

 

あなたにも、好きな世界があると思います。

もしないなら、映画でも小説でもドラマでも何でもいいので、

そういうのを一つでも持っていると良いと思います。

その世界に触れるだけで気持ちが高まるというか。

そういうものがあると、

日々に彩りが生まれて、苦しくても頑張ろうと思えるし、なかなか、良いものですよ。

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

7000人以上が読んでいるメルマガ登録はこちらから。

 

読者アンケートご協力のお願い

 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

4303580459_1c5b3e9b03

さて、今回、久しぶりに読者アンケートを取りたいと思います。

というのも、もっと読者の方のことを知りたいんですよね。

最近は、私からの発信が多くて、あまり双方向性がなかったなと思っていて。

今、どういう方がブログやメルマガを読んでいて、どういうことに悩み、どういう部分でよくなりたいと思っているのかを知りたい。

のです。

知ることで、発信する情報も、より知りたい内容、悩みを解決するような内容になっていくと思います。

なので、ぜひ、アンケートにご協力をお願いします。

 

:読者アンケートに協力する

 

アンケートに答えてくれた方には、

何と、

 

超限定ウルトラハイパー激レア特注音声

 

という名の、ごく普通の音声をプレゼントします。

ごく普通と言っても、中身は濃いです。

昔はよく、こういうのやっていました。笑

だんだんと、復活させていこうと思います。

月曜日に音声を配信するので、それまでに回答していただければと思います。

当たり前ですが、アンケートは全て目を通します。

読者の方の声を聞きたいと思っているので、ぜひぜひご協力をお願いします!

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

7000人以上が読んでいるメルマガ登録はこちらから。

 

原稿の締め切りに追いつめられています

 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

原稿の締め切りが今週末に迫ってます。これでも、1週間延ばしてもらった感じ。

ただ、なぜかここへ来て文章の質は上がってきている感もあって。

今回の本は企画段階で1ヶ月の時間をかけて作り、執筆期間は1ヶ月。

1ヶ月で、1冊の本を書き上げていく。

毎日同じペースで書き進めることができればいいけれど、そういうわけにもいかず。

書けないときは書けないし、他にも活動は諸々あるわけで。

という感じで、結局は、結構厳しいスケジュールとなっていきます。今週末も東京だし。

ただ、それでも全体としてほぼ完成していて、最終章を書き進め、時間の許す限り表現についても考えていく。という感じで、書き進めていっています。

意識が本にあるので、どうしてもブログの内容もそういったことが多くなってしまうのですが、ご勘弁を。

では本題。本題といっても、今日はそこまで深く向き合っていくような内容を書く気力はなく。笑

というか、実のところ、もはや文章を書く気力がないのですが。今日は、どのくらい文章を書いたのか。

こういう疲れたときは、こういう雰囲気の曲を聴こう。

この曲を聞きながら今このブログを更新しているけれど、なぜかセンチメンタルな気分になってくる。

ただしかし、何とか今、この記事を書こうとしているけれど、今日はなかなか厳しいみたい。書けない。

ということ、もう休みます。笑

ただ、ブログ書けねえなあ、と思ってメールチェックしたら、

過去にSTPというプログラムに参加してくれた方から「初めて好きな子をデートに誘って、デートに行ってきた!」というメールを受け取り、かなり元気が出て来ました。

嬉しいぜ。おめでとう。

ということで、

今日はホント、ぐだぐだで統一感もなく、何の学びもない記事になってしまいましたが、生存確認ということで。

では。

風呂入って寝ます。ばたんきゅー。

応援メッセージはこちらまで。

mail@junmethod.com

メルマガも好評なので良ければ。

 

7000人以上が読んでいるメルマガ登録はこちらから。

 

私が夜にあまり仕事をしない理由

 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

今日も独り言を書いていこうと思います。

昔から、夜に何かをするのが苦手。多分これは、目が悪いことが関連しているのですが、

メガネをかけて作業すると目がしんどくなり、コンタクトをつけて作業をすると目が乾く。もう、どうしようもないのです。

この目のしんどさは最悪、頭痛につながるという持病を持っています。持病と言えるほどのものかは分かりませんが。

夜になってくると、だんだん目が疲れてくるわけです。

朝から何かと仕事をしているわけで、夜になると目が疲れ、目を休めたくなる。

でも、自分としては何かをしたいわけです。執筆もしたいし、本も読みたい。映画も観たい。

しかし、目が疲れている。あーあ、という感じ。

だからまあ、そういうときは筋トレをしたりストレッチをしたりするわけですね。

受験生のときは、夜10時に寝て、朝4時に起きていました。

それも、同じ理由です。目が疲れるので、夜早く眠くなってしまうんですよね。

で、眠い中でやっても効果が薄いし集中もできないので、仕方なく寝ていた、という感じ。

というわけで、私は夜は何ら生産的なことをしていないことがほとんど。

朝が一番集中できて疲れていないので、その時間帯にどれだけ執筆できるかが勝負。

昼になってくるとだんだんと集中が落ちます。何なんでしょうね、あの昼の感じ。笑

分かりますかね?何か、昼ってぼけっとしたくなってしまいませんか。

ホント、あれはどうにかして欲しい。

と言っても誰もどうにかしてくれないので、

私の場合は、外の環境を利用します。外のカフェに出掛けるなどで対策する。

で、夕方までにはやることをやっておいて、夜にはあまり持ち込まない。

最近は、朝の時間を執筆に当てているので、ブログを書くのが夜になってしまうことも多いのですが。

だから、夜にあまり生産的なことをしないというのも変わってきていて、

それだけ、執筆がなかなかハードであるということでもあります。

考え込んで書いていると、書いては消して、ということも増えます。それまで書いていたことを全部消す、なんてこともある。そういうときは、一人で絶望しています。笑

勉強しているときも、孤独ですよね。一人孤独に黙々とやる。

執筆も孤独です。私も孤独に頑張っております。

なので、もしこの記事を読んでいるあなたが孤独に頑張っているのであれば、

私も頑張っていますから、お互い、頑張っていきましょう。笑

という感じで、特にこれといった学びがあるわけでもない今日のブログは、こんな感じで。笑

では、また。

 

7000人以上が読んでいるメルマガ登録はこちらから。

 

今日は完敗しました

先ほど配信したメルマガを載せておきます。

================

こんばんは、池田です。

今日もメルマガをお届けしていこうと
思うのですが、

いかがお過ごしでしょうか。

私はと言えば、今日は完敗でした。

ホント、嫌になってしまう完敗でした。

今日は、その話をさせてください。

今日のメルマガはあまりタメにならない
かもなので、悪しからず。

======
完敗した話
======

まあ、

「潤さん、何に負けたっていうんですか?

ボクシングでも始めたのですか?」

という疑問があると思うのですが、

いや、そういうことじゃないんですよね。

今、本を書いているわけです。

で、今日も朝から気分揚々と書き始めた
んですよ。

しかも今日は、ブログを書くよりも前
に、本の執筆を始めたんです。

いつもはブログが先なのですが、

ちょっと気合いを入れてやってやろう
と思ったわけなんですね。

ちゃちゃっと、今日書きたい分を
書き上げてやろうと。

その後にブログを書いてやろうと、
そういうプランを持っていたんですよね。

まあ、余裕だな、と。

でまあ、いつも通り、カフェに
行って、Macを開いて、

「ホットコーヒー」と店員さんに
クールに告げて、書き始めたわけです。

このときから、何かおかしいと
思っていたんですよね。

とにかく、良い文章が浮かばない。

ひたすら、浮かばない。

いや、ひたすら言葉は浮かぶんです。

浮かぶんですけど、どれも違うなと
感じてしまう。

「それはカッコつけすぎ」

「それ、ありがちすぎ」

「それ、読者と距離乖離しすぎじゃね?」

「面白くなくない?」

という感じで。

あーだこーだ頭で格闘するわけです。

で、カフェに2時間くらいいたんですが、

1文字も進まなくて。

これはまずいなということで、場所を
変えました。

私はカフェを5軒くらい行きつけ
にしているのですが、

2軒目を使うことにしたわけです。

移動して気分を変えればこっちの
ものだな、と。

で、移動して。

気分揚々と書き始めました。

これはいける!そう思いました。

2時間後。

白紙のまま、店を後にしたわけです。

この時点で、私からはかなり暗めの
雰囲気が漂っていたと思います。

これはもう、自宅で書くしかない。

もう、それしかない。

マイホーム、しかない。

そういう決意を胸に、自宅に向かって。

コーヒーも、もう4杯目です。

しかし。進まない。

でも、そこで逃げる私じゃありません。

現実逃避はしません。

とことん向き合います。

ただ、

もうリアルに、「ぐはっ」って言いましたよね。

言ったことありますか?

「ぐはっ」って。

これまでの人生において。

あまりにも書けなさすぎて、出なさ
すぎて、それでも粘ってたら出る言葉。

それが、「ぐはっ」なんですよね。

それでも、今日は1文字も進まなかった
んですよ。

大体、朝8時からスタート。

ほぼ休むことなく、19時までやって。

それでもたった一文字も書けない。

もう嫌になってしまって。

「ああ、書けなかったことを書いてやる!」

と、やけになってこのメルマガを
書いているわけです。

今日はもう、完敗でした。

だから、ブログも書けてないんですよね、今日。

もう、このメルマガをそのまま
コピペしてやろうと思ってます。

今日は進みませんでしたが、

明日はやってやります。マジで。

こんなことで、負ける私じゃない
ですから。

とはいえ、今日はあえてこうやって
メルマガにしていますが、

そういうことって普通に何度もある
んですよね。

珍しいことではなくて。

そんな感じで私も孤軍奮闘しています。

あなたも、上手くいかない日もある
かもしれません。

人生、上手くいくときとか、調子の
良いときばかりではないですよね。

私にも普通にそういうときはあるんで、

あまり深刻にならずに、

明日こそやってやる!くらいの気持ち
で生きていきましょう。

ということで、今日のメルマガは
あまり学びのない、しょうもうない
ものになりましたが、

最後までお付き合いいただきありが
とうございました。

今日は特に、応援メール、切にお待ちしています。

mail@junmethod.com

まで。

では、また。

池田 潤

8時間ノンストップでセッションしていました

 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

昨日は、12時〜20時までノンストップでカフェセッションをやっていました。ホントにノンストップでしたが、不思議に気力が衰えることはなく、全然問題なし。

目の前に人がいて、それがFaceClubの仲間で、という状況が嬉しいんでしょうね。何とか力になろうと必死こいてやっていました。

セルフイメージを高め、超現実的で具体的な行動方針、2月末までにやり切ることなどを決めてもらい、「現実の変化」を起こしていく決意をしてもらいました。

そうやって自分でやることを決めていかないと、人間はダラダラと先延ばしにして、現実と向き合わず、抽象的な概念の世界に留まろうとします。

しかし、大事なことは現実を動かすこと。

たまに「ネットで何かしたいと思っています」と言う人はいますが、私はそういうの許しません。笑

「何かってなんだ!具体的にしなさい!」という感じで迫って、期限を決めて、取り組んでもらいます。

「そうやって、『何かやりたい』って言って曖昧にして、何かやろうとしている自分でいることに安心感を感じてるんじゃないか?そういうの、違うから。」

って感じで、迫ります。笑

そういう環境が用意されているのがFaceClubであり、しっかりと現実を変えていってもらおうと思っています。

人間、そういう「環境」に身を置かないと実際にはなかなか行動できなかったりするものです。

しかし、そういう環境に身を置いて、実際にやってみると意外なほどできてしまったりもするもの。

「今まで、俺は何をグウタラしてきたんだ?笑」と思えるほどに。

だから、環境自体に価値があるんですよね。その価値を見抜けるか、そこに価値を見出せるかというところは一つポイントで。

良い環境に身を置けば、自分がどれだけ時間を無駄にしてきたか、自分の可能性をどれほど無駄にしてきたかを痛感することになるでしょう。

振り返ってみても自分が一体何をしていたのか思い出せないような毎日。

テレビ観たかな?あれ、漫画読んだっけ…ああ、スマホいじってたっけかなあ…

という毎日ではなく、自分がやると決めたことをやり、ビジネスを始めて収入が増えたり、彼氏彼女が出来たり、勉強がどんどん進んだり。

昨日は、大学生で月30万ほど簡単なビジネスを作って稼いでいます、という子もいましたね。常識的に考えたら、すごいことです。

その子は本気になれば月100万くらい普通に稼げるでしょう。で、そういう子がいる環境に身を置くことで圧倒的な刺激を受けて、やる気が出て来たり。

私の元に来る人は、20歳前後で自分個人でビジネスを始め、すでに成果が出ているという人もかなり増えてきました。まあ、そういう時代なのでしょう。

私もコーチとして、みんなにどんどん結果を出していってもらいたいなと思っています。

で、今日はみんなで映画を観に行ってきます。

関係を構築して、お互いが知っている情報を交換し合い、仲間を作り、仲間同士切磋琢磨して成長していけるようなそんなクラブなりそうな気しかしません。楽しみです。

ということで、今日はこのへんで。

また次回お楽しみに。

メルマガも好評なので、良ければ。無料です。

 

7000人以上が読んでいるメルマガ登録はこちらから。