カテゴリー別アーカイブ: 小説風 勉強の技術

<第3話>将来の進路

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

4800人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

「ふう…今日はもう終わりにしとくか…」

JUNさんとの遭遇から1週間。

あの後、JUNさんに「模試の分析をしなきゃダメだね」と言われ、模試の結果をもう一度よく見直してみた。

すると、色々なことが分かった。

まず、模試で出て来た問題で間違ったところは、自分がまだ力を入れて勉強していない分野の「英作文」だったりとか、十分に勉強はしていないのだけど今後勉強する予定のところであるケースが多かった。

ということは、今の時点で解けていなくても何の問題もないということだ。

「戦略上、今点数が取れない問題もある。それは戦略なんだから別に気にすることはない。想定の範囲内」

というJUNさんの言葉通り、ある意味今回の模試の結果は「想定内」だったと言える。

もっともっと見ていくと、単純に暗記をするだけで解けるような問題を落としていたのだけど、これまでの勉強は「理解」に力を入れていたわけだから取れなくて当然。

「取れなくて当然のものを『今』取れないからと言って、落ち込む必要ある?」

ない。ただ単純に結果だけを見て、その表面的な結果に落ち込む。

形式に傾いたモノの見方。これは、非常に馬鹿らしいこと。

自分には分析が圧倒的に足りなかった。

「やっぱ…受験勉強はやり方次第…か」

ドンドン!ガチャ!

「ねえ?聞いてる?ご飯できたってば!!俺が全部食べちゃうぜ!」

弟の亮が入ってきた。ああ、飯か。

「ああ、聞こえてなかった。行くよ」

家族は四人。高校三年生の俺(翔)と、高校1年生の亮、母と父。基本的にいつも家族でご飯を食べる。

「翔、勉強の調子はどうだ?」

「まあまあ…かな」

「模試の結果は良くなかったんだろう?」

「それは、想定の範囲内なんだよ」

こんなことを言っても理解してくれる父ではないことは分かっていた。

「何が想定の範囲内だ。とにかく、結果を出しなさい。でないと、志望校変更だって考えないといけないぞ。分かってるんだろうな?」

「分かってるよ」

「浪人させる余裕なんか、ないんだからな」

最近アベノミクスだかとか何だとかで世間の景気は上向きらしい。しかし、父さんの会社は全くそんなことはない。

ついこの間も、大量のリストラが行われた。何とか父さんはクビにならずにすんでいるが、給料はなかなか上がらない。

出世も通常から考えると遅れているらしい。たまに、イライラして帰ってくることもある。子供ながらに、感じることはある。

母さんは働いておらず専業主婦なのだが、ときどき、チラシの束の一番上に「求人情報紙」があることは知っている。

今のご時世、どこだってそう楽ではないんだ。

「ところでお前、将来はどうするんだ?」

「今考え中だよ」

「できる限りいい会社に就職することだ。そのために、今勉強しているんだからな」

父さんは、バリバリの昭和型思考の人。本とかは読まないし、ネットもほとんど使えない。

受験勉強に対しても、将来に対しても、終身雇用、年功序列を信じ、大企業が良いと考えている。

それはおそらくこれまでの経験から来る考え方なのだろうけど、これまでと同じような考え方が次の時代に通用するかは分からないし、どんどん時代は変わってきている(って本に書いていた)。

一度、そんなことも父に言ったことがあるが、「子供が何を言っているんだ」と一蹴。

まあ、そうなることは分かっていたけれど。

そして、そこまで自分の意見に自信を持っているわけでもない。

俺は、何がしたいんだろう。

そうやってたまに自分に問うこともあるが、答えは見つからない。

今まで、自分のやりたいことなんて考えてこなかった。

普通に生きて、友達と遊んで、旅行なんかにも行って、それなりの会社に勤めて、当たり障りのない生活をして、普通に家庭を持って、できれば寿命で死ぬ。

そういう風に考えていた。そして、今もそれが特に悪いことではないと思う。そういう生き方も、ありなんだとは思う。

でも、どこか物足りなさを感じる自分がいることも、事実。

もっと何かができるのではないだろうか。

自分は、どう生きたいのだろうか。どういう人生にしたいんだろうか。

最近、そういうことを考えるようになった。

自分では分からなくなって、一度周りに相談してみようと思ったが、「え?」という顔をされたので、そこで話題を変えた。

自分は少しズレているのかもしれない。そう思った。

そんなときに、友達からJUNさんのブログを紹介してもらった。最初はよく分からなかった。誰だよ。

ただ、読んでいるうちに何となく自分の今考えていることとリンクするような内容が書かれていることが分かった。

コメント欄を見ても、何となくみんなの悩んでいることが分かる気がするというか。似たようなものを持っているというか。

それが、新鮮だった。

「ん…?修司か…」

JUNさんのブログを紹介してくれたのは、修司だった。

ということは、修司も同じような感覚を持っているのかもしれない。

メールしてみるか。

スマホを取り出し、メールを打つ。

『今日今から、空いてる?』

5分後、修司からメールが返ってきた。

『今日は、バイト。明日の夜は?』

『OK。明日の夜、会おう』

『りょーかい!』

受験生だけど、バイトしてんのか。そういや、あいつの家、母子家庭だったような…。

今のご時世、どこだってそう楽ではないんだ。

何となく、修司のことを考えながら気づいたら眠ってしまっていた。

そのときは、修司がどういう状況なのか、全然分かっていなかった。

 

続く

 

今日の小説風記事も「まー読めるかな」くらいに思ってくださる方は、応援していただけると嬉しいです^^今日も頑張っております!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらも1位になれるよう、良いブログにしていきたいと思います!^^

人気ブログランキングへ

<第2話>模試で落ち込む必要はない

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

4800人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

本を読もうと立ち寄ったカフェ。そこにいたのは、いつも読んでいるブログを書いている本人だった。

カタカタカタ…パチっ!

店員「お待たせしましたー、マンゴージュースですう」

JUN「ありがとうございまーす」

…JUNさんって本当にいたんだな。いつもネットでしか知らないなら、何か嘘くさいなーみたいなことを思ったときもあったけど、今、実際にいる。ホントに、Mac使ってる。笑

「話しかけてもいいのかな…」

今、何か書いているんだろうな。ブログかメルマガか。多分、今話しかけたら迷惑になることは必至。いつも強がっているけど実は引っ込み思案な俺。

こういうとき、いつもは行けない。女の子にだって声はかけられない。笑 先に「迷惑かも」とか思っちゃう。あんまり自己主張が得意なタイプではないし、こういうときは遠くから眺めているのがいつものパターン。

でも…

「これはチャンスだ」

そう、今、ちょうど勉強のことで悩んでいる。色々聞きたいこともある。こんな機会はめったにない。行くべきだ。声をかけるべきだ。大丈夫、迷惑だったらすぐにその場を立ち去ればいい。

大事なのはどう思われるかじゃなくて、自分がそうしたいと思う気持ちを大事にして実行することだ(ってJUNさんがツイッターで言っていた気がする)。

「よし…」

微妙に足が震えている。たかだか声をかけるだけなのに。マジ、ビビリだな、俺。でも、関係ない。今日は。

行け!!

「すいません…JUNさんですか?」

「ん?ああ、そうですよ^^あれ、もしかして受験生ですか?」

「はい、そうです。いつもブログ読んでます」

「ありがとう^^」

「あの……迷惑なのは百も承知なのですが、少し相談したいことがあって…。話を聞いてもらえませんか?」

「ああ、いいよ。でも、仕事があるから…そうだね、20分だけ待ってもらえますか?メルマガ書くので」

「分かりました!ありがとうございます!」

やった。話を聞いてもらえる。やっぱり行動してみるべきだ。結果はどうなるか分からないけど、やってみたらいい結果になることだってある。ダメでも失うものはない。

「沙織ちゃんに対しても、もっと積極的に行った方がいいのかな…」

何となく、隣の席で楽しそうに話しているカップルが目に入った。

20分後。

「メルマガ書けました。こっちに座って」

「はい!」

「いつもブログ読んでくれてありがとうね。で、相談というのは??」

「実は…最近やる気が出ないんです。ここ2〜3日なのですが。頭では勉強しなくちゃいけないのは分かっているのですが、なぜかできなくて」

「以前はできていたの?どのくらい勉強していた?」

「はい、以前はできていました。1日8〜10時間くらいは」

「…じゃあ、できていたときとできていないときで、何が違う?何かあった?感情がネガティブになってしまう出来事とか。そうだね…例えば、『無力感』つまり、自分はダメかもと思ってしまうような出来事とか」

「あ、この間受けた模試の成績が良くなかったんです。結構頑張ったんですけど、全然結果が出なくて」

「なるほど。模試の結果が良くなかったんだね。落ち込んだ?」

「そりゃあ、もう。周りはできている子もいたので」

「そこが、一つ原因かもね」

やっぱりそうだよな。何となく、自分はダメかもしれないとか、合格できるかなとか、そういう風に考えてしまうときってどうしても勉強が手につかない。

強がっているフリもしていたけど、やっぱり落ち込んでんだな、俺。

「でも、模試の結果が良くなくて良かったね^^」

「え?どういうことですか?」

「いや、だってさ、よく考えてみて欲しいんだけど、例えば模試を受けるよね。そこで100点取ったら、どう感じる?」

「それは…めちゃくちゃ嬉しいです」

「でもさ、100点なんだよ。全部できる問題だったわけ。その模試、受ける意味ある?」

「………!!」

「模試の最中に力がつくわけじゃなくて、今まで身につけた力を試す場が模試なわけだよね。100点ということは、そもそもできていたんだ。できる問題ばかりだった。

最初っから、できるものばっかりだったわけ。じゃあ、受ける意味ないよね。だって、受ける前からそれはできるものだったんだから。

自分の成長にはつながっていない。できるということをただ『確認』しただけだよね。そういう風に考えることだってできる」

「確かに…」

「逆に、できないことが多かったということは、明確に改善点が見つかったということ。僕はそっちの方が重要だと思う。模試の偏差値とかって、別に気にしなくていいよ。

偏差値が高いに越したことはないし、それで成長も実感できるからいいんだけど、受験の本質ではないから。

大事なのは、何ができて、何ができなかったか。

自分が勉強していた範囲はできたのか、できていないのか。

できてないのはただ単純に、まだ勉強に力を入れていないだけだったからではないか。

そういう検証をしていかないといけない。

できない部分が多ければ多いほど、その模試から学ぶことがあったってこと。

もちろんそれは、これから改善していかなければならない部分が多いということではあるけど、でも、もしその模試を受けていなかったら?

もしくは、そこでたまたま最近勉強していた部分が出て、たまたま点数を取ってしまったら?

これって恐ろしくない?

その模試でA判定を取っている人の中にだってそういう人、いるはずだよ。たまたま自分の得意な範囲が出た。最近やった問題が出た。だから、結果が良かった。

あくまで、たまたまなわけ。でも、結果だけを見ればA判定。そういう人だっていると思う。

僕はそっちの方が怖い。油断するでしょ。その結果に。大事なのは本番で点を取ることなのにね。

だったら、今悪い結果を取っておいた方がいい。油断がなくなるし、改善点も見出せば、これからの勉強の質も上げられる。

模試を受けていなかったときと比べて、格段に成長していくことができるわけ」

「はい…」

「だからね、もう一度言うよ。

模試の結果が良くなくて良かったね^^」

「そうかもしれません。何で今まで、こんなにも落ち込んでいたんだろう」

「僕はいつも思う。

結局、人生は考え方次第、解釈次第。外の世界で何が起ころうが、自分がその世界を良いように解釈してしまえばいい。

全ては、自分の考え方次第。

落ち込んでいるときは、外の世界に問題があるのではなくて、自分の考え方に問題がある。

被害者にならないこと。僕らはいつだって、主体的に、好きなように世界を捉えることができるから」

僕は、引っ込み思案な性格だ。いつもだったら、ビビって声をかけることはできなかっただろう。

好きな女の子にだって、声をかけられない。

で、いつも思うんだ。

「どうせ相手にしてくれない」「あの子は自分に興味がない」「話しかけたところで何も起こらない」

そうやって、行動しない自分をごまかす。それでいいんだと正当化する。

でも、今日は違う。

僕はやっと気づいた。

やっと、気づくことができた。

行動することでしか、人生は変わらない。

 

続く

 

昨日の応援クリックいつもよりもかなり多かったので、まあまあ読めるかな、思ってくださる方がいたみたいです^^嬉しいです。

今日の小説風記事も「まあまあかな」と思ってくださる方は、応援していただけると嬉しいです^^今日も頑張っております!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

「まー、続きがあったら読むよ」と思ってくださる方は、こちらを応援クリックいただけると勇気100倍です!^^

人気ブログランキングへ

<第1話>とある受験生の真夏の悩み

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

4800人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

今日は「小説風」に話を進めていきたいと思います。実は、過去に結構こういう記事も書いていたのですが、最近書いていなかったので復活させます。

書きたくなったので。笑

全く小説を書く才能はありませんが、小説風に書いた方が伝わりやすいことも結構あるので、気が乗れば読んでみてください。伝えたいことが伝わりやすいように、小説風に書いてみます。

…とある本屋の自己啓発コーナーにて。

「ふう…どうにかしてやる気を出さないと。もう8月。やる気が出るとか出ないとか言っている場合じゃないし、勉強しなくちゃいけないのは分かっている。何をすればいいかも理解しているつもり、でも、どうしてもやる気が出ないんだよな…。」

テクテクテク。ん?

「お、これは前にJUNさんがブログで紹介していた井口晃さんの「パワーノマド思考」。俺も将来は世界中に行きたいと思っているし、この本を読めばやる気が出るかもな」

店員「ありがとーうございましたー、まーたお越しくださーいましー」

ウィーン。あっつ。今日も35度を越える真夏日とかって、言っていた気がする。

今、8月という受験の天王山と呼ばれる時期にいて、自分は何をやっているのだろうか。周りの受験生は勉強しているだろうに、ここ2〜3日、勉強に対するやる気が失われている気がする。

多分原因は、前回の模試の結果だろう。思った以上に悪かった。4月から今まで自分なりに結構頑張ってきたつもりだったのだけど、自分が望んでいたような結果は出せずにいる。

このままで大丈夫か?勉強法は正しいのだろうか?参考書は今のままでいいのか?何か、変えなくてはならないことがあるのではないだろうか?それとも、単純にメンタルの問題か?

色々考えなくちゃいけないことはある。でも、そういうことを考えていると何かに押しつぶされそうな気がして、逃げ出したくなる。考えることを放棄したくなる。

俺は、弱いのかな。自分の勉強と向き合うこともできず、逃げ出して。でも、ここ数日はそうするしかなかった。

言い訳なのかもしれないけど、ここで踏ん張って勉強したところで、多分集中できないし今以上にメンタル的にキツくなっていたと思う。

……考えるのやめ。とりあえず、買って来た本をどっかのカフェで読むか。このへんにあったっけな。

「よう」

ん?

「お、アキラじゃん。何してんだよ。今、井口「晃」さんの本買ったとこ」

「誰それ?」

「ああ、お前はJUNさんのブログ読んでなかったっけ」

「てか、何してんの?勉強は?」

アキラは重そうなショルダーバックを肩にかけていた。おそらく、かなりの数の参考書などが入っているんだろう。今から予備校にでも行くんだろうか。

「ああ、今日は休憩の日なんだ」

「ふうん…余裕あるね。この間の模試はどうだった?」

アキラは、よくできる。高校1年生のときから。いや、中学のときからこいつはエリートだった。

自分はずっとアキラに勉強で勝つことができたことはない。そして、アキラはいつもそれを鼻にかける節がある。だから、正直なところ、今一番会いたくない奴だった。

「まあまあかな」

嘘。正直、ここでこいつに自尊心を傷つけられるのは面倒だから。

「へえ。俺はA判定だったよ。数学が4完」

聞いてねえ。

「おっと、もう勉強しないとな。もう8月。そろそろ応用問題もバンバン解いていかないといけないし、こっから、結構勉強もハードになってくる。周りもピリピリしてくるし、まさに受験モードだな。

A判定だからって油断していると、あっという間にどんどん追い越されてしまう。1位で合格するくらいの気持ちで勉強しないとな」

アキラは、よくできる。多少ムカつくことはあるが、こいつから学ぶことは多いし、結果を出せるだけの考え方は持っているなと思う。

「じゃあな」

「ああ」

アキラは重そうなカバンを肩にかけ、汗をかきながら心なしか急ぎがちに歩いていった。

ムカついたが、さっきよりも少しは元気になった気がする。たしかJUNさんも、人と話すことが大事だとかなんとか言っていたな。

「とりあえず、カフェ行くか」

歩いていると、目の前に、結構オシャレなカフェ発見。

「あれ、こんなところにカフェあったっけか…。何か新しいな。いいじゃん。ここにしよう」

チリンチリン。

店員「いらっしゃいませ。1名様でしょうか?こちらへどうぞ」

内装もなかなかオシャレだ。ただ、受験生が頻繁に来るには少し高い。お客さんの年齢層も高めな感じで、自分はちょっと浮いているかもしれない。

さっき買った本と、ノートを取り出す。本も読みたいが、色々と考えたいこともある。

カタ、カタカタカタ、パチっ。

パソコンの音。ビジネスマンだろうか?ふと、音の出る方に顔を向ける。

ん?

あれは…。

おいおい。

「JUNさんじゃね……?」

 

続く

まあまあ読めるかな、思ってくださった方はランキング応援していただけると嬉しいです^^今日も頑張っております!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

ほんのちょっぴり続きが読んでみたいな、という方はこちらのランキングに応援クリックいただけると嬉しいです。応援が多い(読んでみたい人が多い)場合には、続編なんかもどんどん書いていきたいなと思います。

人気ブログランキングへ