カテゴリー別アーカイブ: 自問自答する力

あらゆる分野で結果が出ない、たった一つの原因

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

よく自分と向き合うということを言うけれど、この言葉は少し分かりにくい。

ということで、少し説明を加えていきたいと思います。

これまで色々な人と関わってきて、ブログ上の相談など含めると1万件以上の相談に乗ってきたことから分かったことは、

変われない人は、「自分に気づいていない状態」だということ。

自分に気づいていないとはどういうことかというと、

例えばネガティブになっているとして、自分がなぜネガティブになっているかの真の原因に気づいていないということ。

ただここで問題になるのが、真の原因には様々なケースがあって、様々なケースがあるからこそ、自分を見つめることで自分自身でその原因を見出していかないといけない。

その真の原因を見出すというのが、自分と向き合うということなわけです。

ただ、多くの変わりたいという人が何をやっているのかというと、

自分の内面と向き合う代わりに、スキルやテクニックに頼ろうとしてしまう(それらがいらないということではなくてね)。

なぜかそうなるか。

それは、そういうものを「やればいいんだ!」ということになれば、思考停止でいられるから。

向き合うことも思考することもなく、変わることができるという錯覚に陥る。

で、この「これさえやればいい」というのが私たちは大好きで、なぜ大好きかというと、それは受験の影響があると個人的に思ってます。

塾や予備校に行けば、「授業さえ受けていれば」的なことを言われるわけで、突き詰めて自分の勉強と向き合わなくても良かったし、

しかも人生全体がそれでエスカレーターのように進んでいったわけ。

受験して、就活して、あとは結婚か。

もう、そういうものを歩んでいくだけでいい。

じゃあ、わざわざ自分で思考する必要性が生まれない。

もちろん社会全体が上向きのときはそれでも良かったかもしれないけれど、今は日本は下降中で…という話につながっていく。

ただ、自分の受験のケースで言うと、環境的なこともあって「自学自習」をしていました。

すると、そもそも「何が問題なのか」ということから始まって、「どういうアプローチを取ればいいのか」「どういう選択肢があるか」「今の自分には何が必要か」ということを考え始める。

それはもちろん大変なことではあるけど、それがまさに「向き合う」ということだったわけです。

自分の限界とも向き合わされたし、何ができて何ができないかとも向き合わされた。

逆に、勉強しても上手くいかない人はなぜ上手くいかないかというと、根本的に「向き合う姿勢」が足りないから。

ある意味思考停止なわけで、自分を客観的に見れなくて、今の自分の何が問題で、何をどうやればいいのかを分析することができていない状態。

分析できないということは自分に必要なことができないということなわけで、

そうなれば、結果も出ない。

すると、自暴自棄になって、上手くいかないことを自分以外の何かのせいにしたくなってしまう。

向き合えない人はいつだって、「環境」や「他人」や自分以外の何かのせいにして、結果を手に入れることができない。

話を戻して、

向き合うということは「自分を客観視する」ということでもあります。

なぜなら、今起こっている問題をどう解決していくかを考えるのは、自分を客観視しなければできないから。

自分の内面の課題についてもそうで、自分の中で何が起こっているのか、なぜそういう感情が芽生えたのか。

その部分に気づくことができなければ、同じ思考パターン、感情パターンを繰り返し続ける。

それはつまり、外側の出来事に「いつも通りに」反応してしまうということ。

いつも通りの反応しかできないということは変わっていないということであり、成長していないということ。

人は成長すれば、同じことが起こっても、その「反応」を変化させることができる。

その反応の違いこそが、成長の証でもあるわけですよね。

そして、反応が変われば行動も変わるわけで、だからこそ現実も動いていく。

だから、大事なことは向き合うことができるということ。

で、「内面」というところにフォーカスを当てて、私自身が向き合ってきた軌跡を綴ったのが、今週末出版される新刊、

毎日15分自分と向き合えば、「欲しい結果」がついてくる

です。

『読みやすい』ということをかなり意識したので、スラスラ読めると思います。

スラスラ読めますが、随所に重要なメッセージを散りばめている、というか、全部重要なので(笑)、ぜひ読んでみてもらえればと思います。

ついに発売ということで、ドキドキしてます。笑

 

メルマガも好評なので、良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

なぜ人は、同じ悩みを抱え続けるのか?

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

まずお知らせ。

興味ない方はスルーでいいんですが、

久しぶりに行うトークライブ、かなりの人がすでに集まっていて、

実を言うと、特に東京会場が結構やばいです。定員に達してしまう可能性があります。

加藤さんが告知をすると一気に埋まってしまうかもしれないので、

興味がある方はお早めに申し込みをお願いします。

私自身、次のトークライブがいつになるかは全く分かりませんし、

加藤秀視さんもそれは同じです。

参加費は3000円で、時間は3時間。

価値ある時間になることは間違いないので、興味ある方は来てください。

加藤秀視×池田潤 出版記念トークライブ詳細はこちら。

私の元には、よく相談が来ます。

で、その相談者が悩むことは、大体ずっと同じで、同じ悩みをずーと抱えているわけです。

例えば、勉強に関して言えば、やる気が出ないとか。

勉強しているのに成績が上がらないとか。

恋愛で言えば、本命の人とは上手くいかないとか。そもそもモテないとか。

人に心を開けない。ネガティブな気持ちをいつも抱えている。

何でもいいですが、

なぜ、同じ悩みを抱え続けるのか。

なぜ、そこから抜け出せないのか。

それは、問題の本質と向き合っていないからです。

問題の本質と向き合わず、対処療法的に済まして、それで『解決できた』と思い込んでいるから。

だから、そのときは上手くいったように思えても、

同じことが繰り返し起こり続けるのです。

問題の本質と向き合わない限り、同じことは起こり続ける。

そして、問題と向き合う、自分と向き合うというのは、

自分の見たくないところや、今まで気づいていなかった自分に気づくということ。

これまでの自分からは「変わる」ということ。

多くの人が「変わりたい」「もっと良くなりたい」と思いながらも、

変わることを嫌い、見たくないところを見ることを嫌い、

結局はいつも通り対処療法で済ませて、安易に人生を変えようとします。

しかし、そんなことでは自分を解放させてやることはできない。

今回のトークライブのテーマは、「自分と向き合う」ということ。

自分と向き合う、問題と向き合う、その「向き合う姿勢」こそが人生を変える秘訣なんです。

そこがなければ、同じ問題は起こり続ける。

いつも不満で、いつも不安で。

何かを変えたいという現実が、ただ同じ現実が続くことになってしまいます。

今回のトークライブで、私が今まで誰にも話してこなかった、

「向き合う技術」について徹底的に話していきます。

いつ席が埋まるか分からないので、お申し込みはお早めに。

加藤秀視×池田潤 出版記念トークライブ詳細はこちら。

そして、この詳細ページに書かれている通り、自分と向き合う人は、他人と向き合う人。

加藤秀視さんがどれだけ真剣に他人と向き合っているのかは、この動画を観れば分かるはず。

TVで放送されたものです。

こちらも合わせて観てみてください。

それでは。

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

卓越する人、しない人

まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

今日もfacebook記事の転載。最近、facebookでかなり重要なことを書いてて、facebookやっていない人にも読んでもらいたいので。

こちら。

==================

<卓越する人、しない人>

世の中にはノウハウを生み出す人と学ぶ人がいるけれど、生み出す人っていうのは自問自答をする人。

そこで色んなことを発見し、それが自然にノウハウと呼ばれるものになっていく。そして、その問いの深さがその人間の深さにもつながっていく。

問わずして外側の何かに答えを求めれば、その人はその人じゃなくなっていくのかなと。外側にあるものは、自問自答のきっかけ。

で、大事なのは自分は人生の中でどんな問いを持ってきたのか、ということ。

過去の経験、与えられた仕事、人間関係の中で、どんな問いを抱いたか。

問いを持つ人は答えを求めて思考を続けるから、その分野で自然に卓越するようになっていく。自然にノウハウが生まれてる。

ノウハウを先に求めるということは、自問自答を放棄するということ。そしてそれは、自分の内側から生まれたものではないがゆえに、いつまで経っても彷徨い続けることになる。

自分の場合は、なぜ勉強で結果が出ない?なぜ行動できない?なぜ人間関係が上手くいかない?なぜ人は苦しむ?とか、そういう問いがあったから自然に考えてきたし、自分なりの答えを見出してきたと思う。

外にあるものは思考のきっかけにすぎないという感覚はごく自然なものとしてあった。

受験生にも「自問自答しろ」ということを言ってきた。自分で考える。自分の内側に答えを見出していく。

これ、勉強で結果を出すためにも大事なこと。自分で考えてない質問は許さないし。まず自分に問うということが大事。終わり。

==================

補足すると、勉強法のノウハウを学ぶことっていうのは悪いことじゃないんです。

ただ、大事なのは、「何のためにそれをやるのか?」「なぜ、それが大事なのか?」を自分に問うこと。

ただの思考停止で受け止める、猿真似するのではなくて、自分の思考を必ず通すこと。

「何で?」と問うて自分の思考を通し、一旦考えることでそのノウハウは自分のものになっていく。

先人から学ぶのは大事なこと。ただ、そこで「自分」を忘れてはいけません。

聞くところによると、職場などでもそれができない人が多いとのこと。

言われたことをやればいいと思っていて、何のためにそれをやるのか、その目的は、などが分からない。

分かっていればできることも、自然にやるだろうということも、やらない。

でも、当人は何が悪いのか分からない。言われたことはやったじゃないか、と。

それがまさに、問わない人なんです。問うことなく、理解することなく、ただ思考停止でロボットのように行動する。

そのあり方は、仕事のできるできないにも大きな影響を与えるでしょう。

大事なのは、自分の頭で考えること。自問自答をすること。

その本質を、見失わないでください。

より深く学びたい方はメルマガで。こちらで登録できます。