勉強への情熱を燃やし続ける方法


受験勉強に対してやる気を維持して、いつでも熱い気持ちを忘れないために大切なこと。
その一つに、「外部からの刺激」があると思っています。
当然これだけではないのですが、この外部からの刺激があまりにも少ないとだんだんと勉強はマンネリになり、セルフイメージも下がって行動しようとする気持ちが起こらなくなってきます。
例えばなのですが、私が住んでいる地域は都会ではありません。
むしろ田舎で、かなりゆったりとした空気が流れています。成功目指してガツガツ生きている人はあまりいません。
私はその空気が好きではあるのですが、そこに留まり続けるとどうしても活力を失うときがある。
そんなとき、街に出てみると活気に溢れていて、自分の全身でその刺激を受けることができます。
すると、何だか分からないけどやる気が出てくる。
そういうことがよくあります。
こういった街の活気は、聞くところによると韓国や中国、インドなどはさらにすごいらしくて、生きるバイタリティに溢れているみたいです。
だから、海外に行って来たばかりの人に会うと、その人も活気に溢れていることが多い。
これは、「外部からの刺激」によって、自分に火がつくパターン。
(街に行きなさい、という意味ではありません。あくまで例です)
例えば、ハーバード大学にいると、周りの優秀な人たちに刺激され、負けじと勉強に励んだりすることもある。
また、外部からの刺激は環境によるものだけではありません。
例えば、一冊の本、一つのブログも外部からの刺激になり得るでしょう。
私もよく、本から刺激を受けてやる気の炎を燃やしたものでした。
昨日、本屋さんで「受験生の刺激になるもの」はないかと探していると、こんな本が見つかりました。
孫正義 働く君たちへ: 「腹の底からの思い」を語ろう/著者不明

¥1,155
Amazon.co.jp
働く君たちへ、となっていますが十分、受験生でも読める内容です。
あえて、情報量は少なくなっている本を選びました。今回オススメする理由は、知識を得ることではなくてやる気の炎を燃やすことだからです。
孫さんの「志」や「努力」についての記述を読むと、頭が下がる思いになりますし、その努力を目の当たりにすると自分がなんてちっぽけなことで悩んでいるのだと思います。
そうやって、自分自身のイメージを高めていく。もっともっとやれるんだ、という風に自分を限界という名の枠から脱出させる。
そのために、偉人の言葉を自分の頭に刻み込むことは必要なことだと思います。
この「外部からの刺激」というものを有効活用することによって、やる気の維持の手助けになるでしょう。
また、受験コーチングプログラムでもこの「外部からの刺激」を活用しています。
オンライン勉強会(ネット自習室)やWebミーティングを毎週開催する理由はここにあって、USTREAMのチャット機能を使ってライブで交流することができるので、全国の受験生の存在を実感することができますし、
毎週私の方からいろんな話をさせていただきます。勉強法の話もすれば、人生の話もします。
交流する機会があるということは、大事なことです。
参考書学習中心の塾は他にもありますが、塾長自身がライブで質問に答えていく、というところは少ないと思います。
教えるスキルにバラつきがあり、やる気のレベルもバラバラのアルバイトの大学生が指導に当たっているのが現状です。
アルバイトの大学生を雇うのは、単純に人件費が安いからです。ただそれだけの理由です。
話が逸れました。
やる気というのは自分の中から生まれてくるということが基本です。
自分の夢、やりたいこと、志、そういったところから生まれるのが本来です。
ただ、どうしてもその気持ちが表に出ないこともあるのです。
きちんと自分の中にやる気があっても、それが表に出てこない状態。

そのようなときに、外部から刺激を与えてやると、どんどん気持ちが表に出てくる。
外部からの刺激でやる気が上がるということは、そもそもその人の中にやる気の種があるということ。
やる気の種がない人に刺激を与えてもやる気は出ません。
だから、この方法は、そもそも何らかのやる気が自分の中にある人向け、ということにはなります。
ただ、このブログを読んでいる人は何らかのやる気がある人の方が圧倒的に多いと思います。
外部からの刺激、これに依存するのはよくありませんが、有効に活用すると良いでしょう。
東大京大合格者を大量に輩出した、3000人を越える方が読んでいるメルマガも書いているので良かったらどうぞ。
かなり質の高い勉強法など、紹介しています。音声、ビデオ、PDFなど、盛りだくさんです。
メール配信元アドレスは、junmethod@gmail.comなので、迷惑メールに入らないようご注意ください。
JUN
このランキングにクリックしていただいているのを確認したとき、かなりやる気が出ます。これからも頑張りますので、クリックしていただけると嬉しいです^^よろしくお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
こちらでも、日本全国の受験ブログと、人気度を競っています。これからも良い記事を書いていこうと思いますので、こちらのランキングもよろしくお願いします^^
人気ブログランキングへ

勉強への情熱を燃やし続ける方法」への9件のフィードバック

  1. マスター

    SECRET: 0
    PASS:
    僕のメンターはJUNさんです!
    早速なのですが宣言をしたいと思います。
    初めから始める数Iを今から一ヶ月、つまり6月14日までに完璧にしたいと思います。
    話は変わりますが、今年から高1になったのですが、春に受験コーチングプログラムに参加しようと思い、両親を説得し、参加を認めてくれたのですがまず一年間は自分で行動してみなさいと言って、自分も納得し、行動出来る器を作るために頑張ろうとしていますが、なかなか行動出来ない時にサクセスマインドを購入し聞きました!
    すごかったです。特に、アイデンティティのことと進化のマインドセット、成功不回避状態のことについては聞いててすごい興奮しました。
    サクセスマインドを作っていただきありがとうございます(=´∀`)人(´∀`=)
    必ず来年までに行動出来る器を作り、受験コーチングプログラムに参加したいと思います!

  2. まいまい

    SECRET: 0
    PASS:
    JUNさん、この前はコメントの返事をしてくれてありがとうございました!!
    アドバイス、参考になりました(^_^)/
    早速、本屋に行ってみます( ´`)

  3. 醤油とソースで・・・ショウス◎デー確

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも、ブログメルマガで更新楽しみにしています!
    今日は質問があります、
    僕は進学校に通う二年生です
    ですが
    英語が全くできません
    周りがみんなできていて
    できないと言うこともできず
    わからないわからないの毎日です
    先生もこんなのわからないの???
    みたいなので相談できません
    はやめになるべくまわりに追い付きたいとおもっているのですが何からしてよいのか、
    何がわかっていないのか
    ほんとに全くわからなくて
    手をつけることができていないのご
    現状です、
    参考書はforestを使っています、
    もぅネクステージをつかっているのですが
    こっちはもぅさっぱりです
    junさん、
    なにかアドバイスを
    よろしくお願いしますm(__)m

  4. ぱのらま

    SECRET: 0
    PASS:
    JUNさんこんにちは!!
    いつもブログの更新楽しみにしています。
    success mind を毎日聞いています。
    もしsuccess mind の内容でJUNさんに質問したいことがあった場合はどうすればいいでしょうか。

  5. 京大塾講師JUN-合格する勉強法・思考法で志望校へ-

    SECRET: 0
    PASS:
    >マスターさん
    コメントありがとうございます^^自分にできることをまずやってから、というのが素晴らしい心がけですね!
    Success Mindも購入いただきありがとうございます^^よく学んでくださっているようで、私も嬉しいです。
    マスターさんがコーチングプログラムに参加してくださる日を楽しみにしていますね!是非、一緒に頑張っていきましょう^^

  6. 京大塾講師JUN-合格する勉強法・思考法で志望校へ-

    SECRET: 0
    PASS:
    >醤油とソースで・・・ショウス◎デー確さん
    中学レベルの英文法からやり直した方が良いと思います^^「くもん中学英文法」で良いので、そこからスタートしてください。ネクステージはレベルが高すぎると思いますので、一旦は忘れてください。勉強は、自分のレベルに合ったところから始めていく必要があります。周りがどうとかではなく、自分が苦痛を感じないレベルからスタートさせてください^^

  7. 伊達政宗

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。私は一度社会に出て30歳にも関わらず医学部を目指しているものです。
    貴殿のブログ、動画はとても素晴らしくいつも朝起きたら拝見して一日の勉強に入っています。
    これからも参考にさせて頂きますね。

コメントは停止中です。