焦りや不安で何も手につかないときは…


ブログのコメント欄で、こういう相談が来ました。

『最近一つのことに集中できません。色々やりたいことがあったり、やらなければならないことがあったり。焦ってるつもりはないんですが、無意識のうちに焦りを感じていて胸が重かったりします。なぜそんなに焦ってるかはよくわからないんですが、劣等感とか今のままではダメだというところからきていると思います。こういう時はどうしたらよいでしょうか。』

これは、受験勉強だけではなく、これから仕事をし始めると感じやすい感情でもあると思います。

受験勉強について言っても、数学もやらなくちゃいけない、英語もやらなきゃいけない…ああ、物理も。みたいな感じで、色々とやるべきことがあると、心が押しつぶされそうになるわけです。

「胸が重い」という感覚は、私もよく分かります。やるべきことが重なりすぎると、そうなってしまいます。

で、そのときの具体策としては、まずはやるべきことをリストアップする。紙に書き出してください。そして、それはいつまでにやらなきゃいけないのかも、書く。すると、頭の中がスッキリします。ポイントは、結構細かいことまで書き出すことです。

で、それに優先順位をつけます。今すぐやらなきゃいけないことや、人生の中で大事だと思っていることなど、基準は様々ありますが、自分の基準で良いので優先順位をつける。そして、順番に今日1日できることから片付けていく。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、多く場合、「紙に書き出す」ということすらやっていない人が多いのです。

で、何となく頭の中に「やらなきゃいけないことがいっぱい」というイメージがあって、そのイメージに押しつぶされている。

でも、実際にやるべきことを書き出して、期限なんかも見てみると、案外時間があったり、今日焦ってやらなくても大丈夫なものもあったりするわけです。

焦りや不安というのは、頭の中が整理されていないときに生まれやすい。

だから、まずは書き出し、優先順位をつけ、今日できることをやる。

私たちは、できることしかできないわけだから、自分が今できること、目の前のことを一つ一つこなしていくしかありません。

あともう一つ、大事なマインドセット。

自分を責めない、ということです。

少し話は受験からは離れますが、「やらなきゃいけないことが多い」「ダメダメ、やらなきゃ」というhave toを多く抱える人は、大抵自分のことを責めてるんですね。

こんなのもできないなんて自分はダメだ、とか。もしくは、これをやらないと人からバカにされる、ダメな奴だと思われる。

自分のやっていることが、人からバカにされないため、人からの評価を得るために行う行為になるわけです。

つまりは、「恐怖からの行動」です。このあたりも、受験コーチングプログラムでは詳しく話していきます。

人間、恐怖から行動すると、さらにその恐怖に追われるようになります。

人の目を気にして何かをすると、さらに人の目を気にするようになってしまうわけです。

そのときに重要なのは、自分で自分で励ます。自分を評価する、ということ。

それができないと、ずーと自分を傷つけてしまうことになるわけですね。

このあたり、以前にセラピストのあな田さゆりさんと対談したので、こちらを観ていただくと良いかもしれません。

「心」の部分というのも、かなり勉強には影響を与えるものですし、仕事もそうですね。

だから、何となく元気が出ないとかやる気になれないというときは、意識的に自分を励ましたり、認めてあげることが重要になってきます。

このあたりは実はかなり深いテーマなので、また別の機会にもじっくりと話していきたいと思います。

今回の記事の内容、もっと深く知りたいという方はこちらのランキングにクリックしていただけると嬉しいです!ご要望が多ければ、こういう記事もどんどん書いていこうと思います^^今日の順位も確認してみてくださいねー↓

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

多少の変動こそあれ、こちらのランキングにも参加してからほぼずーと、今のランキングが続いています↓いつもありがとうございます!!

人気ブログランキングへ

勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談や、モチベーションを高めるビデオ、京大に合格する受験生の一日など、本当に価値のある情報ばかりを配信しているので、メルマガの方にも登録しておいてください。

東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける受験メルマガ登録はこちらから。

焦りや不安で何も手につかないときは…」への3件のフィードバック

  1. やまも

    今回の記事に関係ないことなんですが…

    浪人が決まってから、JUNさんのブログを参考に、自分の今までの勉強法を振り返っていたら、やっと今になって気づけたことがあります

    それは、とてもとても当たり前のことなのですが、「理解する」ということを自分は忘れていたということです

    これまでは、とにかく成績を上げたい、テストで点を取りたいということに躍起になって、反復することや簡単な参考書から取り組むことなど、ただただ「方法論」に従って勉強していました

    それでも少しは結果が出て、その方法を突き通していましたが、次第に伸びなくなり、楽しくもなくなり、結局落ちました

    それは、「理解する」というステップを自分が抜かしていたからだと思います

    理解せずにいくら反復しても頭に残らないし、理解するために簡単な自分に合ったレベルから取り組む必要があるのに、自分は「この方法でやるだけで大丈夫だ」と勘違いしていました

    手段と目的を取り違えていました

    そして、案の定、「わかったつもり」のままで受験当日を迎えてしまったのです

    一度失敗してしまいましたが、このことに気づけて本当に良かったです

    きっと、今後の自分の勉強の質は、今までとは違うものになるはずです

    全てJUNさんのおかげです

    本当にJUNさんは、ただ方法論を伝えるだけではなく、大事なことを教えて下さいます

    とても長く、しかも今回の記事に関係ないことで申し訳ないです

    こんな自分ですが、今年1年で結果出します!!

    プログラム生ではないですが、これからもブログ、メルマガ参考にさせて頂きます
    よろしくお願いしますm(__)m

  2. eriko

    はじめまして。日々自己変革したいと思っている38歳の主婦です。
    一つのことに集中できない・・・今の私もそうだなぁと思い、興味深く読ませていただきました。
    そしてさっそくノートに書き出してみました。何のためにそれをやるのかという意味も考えながら
    今の自分に必要なこと、やりたいことを一つ一つ書いていきました。書き終わった後、それを見直して
    すごくスッキリした気分になり、改めて前向きな気持ちになれました。
    JUNさんのブログやメルマガは本当に勉強になります。
    まだお若いのにものすごい努力をしてきたんですね。
    私もおバカな自分にずっとダメ出しばかりしてきたのですが、最近になってようやくもっと向上したいと思い自己投資するようになりました。
    今、自分のやりたいことのために勉強するのが楽しいです。
    モチベーションを維持するのが大変な時もありますが、JUNさんのブログを読むとそれが維持できます。
    心に深く染みた記事はプリントアウトしてファイルしています。
    いつもこっそり拝見していたのですが、今日はどうしてもお礼が言いたくてコメントしました。

    最後に、図々しいのですが、質問させてください。
    JUNさんの文章はとてもわかりやすく、いつも上手だなぁと感心しています。
    文章を上手に書くための秘訣、上達法などありましたら、時間のあるときで結構ですので、
    ブログにちょこっと書いて教えていただけたら大変ありがたいです。

    これからもブログを楽しみにしています。

  3. もりた

    浪人生です。現役の頃、自分をいじめてくるグループがいました。今でも時々自分はいじめられるのではという恐怖概念に襲われます。自分の第一志望の大学にそのグループの一人が現役で合格しました。どうしたらいいのでしょうか。第一志望を変えるべきなのでしょうか。

コメントは停止中です。