心の疲れを癒す方法


さてさて、今日も朝からカフェでブログを更新しております。

昨日は、ある方と梅田でお会いしてきました。お茶をしながらじっくりとお話を。その方も、独立して自分で仕事をしている方です。

自分の専門領域を持って、それを仕事にする。そーいう人が増えていますよね。

で、その場でその方と対談することが決定。5月末に対談をするので、6月に公開することができます。

何と、次は同年代の方との対談。

長倉さん、原田さん、あな田さん、出口先生、そして実はある大物との対談も決まっているのですが、全員年上でした。

しかし、今回は同じ年代の方との対談ということで、受験生にとってもかなり刺激的なものになるのではないでしょうか。楽しみにしていてください^^

本の執筆も無事一段落がついて、自分の普段のペースが戻ってきたかなあ、という感じがします。

執筆が入ると、生活をしている間いつも本の内容を考えているという状態になるし、時間があれば何かをする、という状態になっていました。

あまり休憩も取らず、という感じだったので、昨日は少しリラックスしていました。

受験生もそうですが、休むときは休む、というスタンスを持っておいた方がいいです。

で、そのときには受験勉強のことは考えない。「考える」ということをしないようにする。

もちろんこれは「普段の勉強をきちんとこなしている」という前提はつきますが、普段きちんと勉強している人はいつも頭を働かせていて、心があまり休まっていなかったりします。

今日はあれをしないといけない、明日はあれをこなして…という感じで。

私なんかも、いつも何かしら考えているわけです。彼女といるとき以外は基本的に一人でいることが好きで、一人でいる時間も長いのですが、そうすると考える時間が増える。

いつも何かを考えている、という状態。

すると、最近になって気づいたのですが、長期間それを続けていると、なかなか心が休まらなかったりするわけです。

肉体は休まるのだけど、心が休まらない。

心を休めたかったら、意図的に思考をストップさせる必要があるな、と感じました。

意図的に思考をストップして、好きな音楽を堪能するとか、人との会話を純粋に楽しむとか、ペットと遊ぶとか、スポーツをするとか。

そうやって目標達成とは関係のない活動をしてみる。

すると、脳が刺激されて、心の疲れも吹っ飛び、また勉強に戻っていくことができます。

受験というのは長期戦です。

だから、「休憩」の方法についても学んでおいて、上手く休憩をすることも大事なことです。

最近、ランキングへの応援クリックが増えています。ありがとうございます^^本気でこれからも頑張っていくので、ぜひ応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

ちなみに、こちらのランキングみなさんの応援のおかげで1位です!本当に、ありがとうございます^^良ければクリックしてくだされば嬉しいです。

人気ブログランキングへ

合格を本気で目指すなら、このレポート、無料ビデオ、音声たちを無料で手に入れておいてください。確実にあなたの受験生活のプラスになります。

音声『勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談』『モチベーションを高めるビデオ』、レポート『京大に合格する受験生の一日』など、無料でプレゼントします。登録後、たくさんの受験勉強に役立つコンテンツが届きます^^

4600人以上が手にした東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。