嫌いな科目を克服する勉強法


毎日を充実させるとっても簡単な方法は、好きなことをすること。そのために、好きなことを増やすこと。

好きなことが増えれば増えるほど、毎日が楽しくなっていき、嫌いなことが増えれば増えるほど毎日が面白くなくなります。

好きだと思える人が100人いる人と、嫌いな人が100人いる人では、好きだと思える人が100人いる人の方がはるかに充実した毎日を送ることができます。

ツイッターでも書いたのですが、りんごが好きな人は、りんごが嫌いな人に比べ、りんごを楽しみに思える分だけ人生が楽しくなります。

これは、受験勉強でも全く同じ。

好きな科目が多い人は、嫌いな科目が多い人に比べ受験勉強が楽しいです。さらに言えば、受験勉強を好きになれば受験時代が充実したものになります。

そして、多くの場合、科目にしても受験そのものにしても、「先入観」が邪魔をして好きになれないでいることが多い。

特に、好きな科目嫌いな科目については、もう頭で「この科目は嫌い!」「好きになれない!」と思い込ませていて、それが原因でどんどん嫌いな科目になってしまっているケースが多いです。

私も昔は数学が嫌いでしたが、勉強しているうちにものすごく好きな科目に変わっていきました。

技術的なところで言えば「できるところから始める」ということが重要になってくるのですが、技術云々の前に、まず自分の心。先入観。そこから変える意識を持つこと。

嫌いになって良いことはありません。

受験勉強は大学に行くためにクリアしなければならないものなわけですが、であるならば、とにかく好きになろうとすることです。

その科目の良いところを見るようにしましょう。嫌いなところを見るのではなく、面白いところ、興味を持てるところに目を向ける。

これは、人間関係でも同じですね。一旦「あの人嫌い!」と自分を思い込ませると、その人のありとあらゆる部分を嫌いなってしまうもの。しかし、本当はその人にも良いところはあるはずです。自分が見ようとしていないだけ。

嫌いな科目についても同じ。自分自身のフォーカスが、とにかく「嫌いな部分」に向いている。

その意識を変えて、好きなことに目を向ける意識を持つだけで、だんだんその科目の良さ、面白さが分かってくるもの。

好きになればそれだけ前向きに勉強できるようになるし、日々が充実するようになるし、結果的に成績だって上がっていきます。

物事の悪い面に目を向ける習慣は、人生をつまらないものにさせます。

他人を批判的に見るようになり、どんどん愛のない人間になっていき、結果、愛を得られない孤独な人間になります。

そうではなく、良い面、ポジティブな面に目を向けること。

それは、受験勉強だけではなく、人生全般を通じて本当に大事な心の習慣です。

最近、ランキングへの応援クリックが増えています。ありがとうございます^^本気でこれからも頑張っていくので、ぜひ応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こちらのランキング、下がっちゃいました!応援クリックをいただけると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

合格を本気で目指すなら、このレポート、無料ビデオ、音声たちを無料で手に入れておいてください。確実にあなたの受験生活のプラスになります。

音声『勉強法作家吉永賢一さんとの受験対談』『モチベーションを高めるビデオ』、レポート『京大に合格する受験生の一日』など、無料でプレゼントします。登録後、たくさんの受験勉強に役立つコンテンツが届きます^^

4740人以上が手にした東大・京大などの一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。