つまらない人生を選択するな!


各科目の勉強法はこちらです↓

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

合格を本気で目指すなら、このレポート、無料ビデオ、音声たちを無料で手に入れておいてください。確実にあなたの受験生活のプラスになります。

4800人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

今の若者には夢がないと言われます。

私はこれが本当にもったいないことだと思っていて、ホントに自分が夢を持って行動していけば自分が理想とする世界が実現するかもしれない。

今日会っていた人は、住まいはホテル。家は持っていない。一年の半分は海外にいて、自分の好きな場所で、好きな仕事をしている。来週は、クロアチアへ行って、ヨットを楽しむとのこと。

もちろん、誰もがそんな暮らしをしたいと思っているわけではないし、そういった生活だけを「成功」となど呼びません。

しかし。しかし、です。

あまりにも多くの人が、最初から自分の可能性を諦めている。諦めているがゆえに、そういった毎日を望まないのなら、それは問題だと思うのです。

このブログを読んでいる人は、若い人が多いと思います。若いというのは、それだけで財産です。

若いということは、それだけで武器。何も怖れずにどんどんチャレンジしたらいい。何も怖れることはない。失敗しても、それは「経験」になる。一回り、大きな人間になることができる。

であるならば、何を怖れる必要があるのか?

なぜ、わざわざつまらない人生を選択するのか?

なぜ、そんなに実現したいとも思ってもいない人生を、選択するのか?

本当に、もったいない。人生という貴重な旅を、わざわざ自分からつまらないものにする必要は全くない。

私たちは、自分が望む人生を実現するべきだと思います。

そのために、まずは自分に期待すること。自分の人生に期待すること。

つまらない人生を選択しないこと。

今日会った方は、お金がないときから自分に投資を続けて来た。お金がなくても、自分への投資だけはやめなかったそうです。

私もそう。高校生のときから、とにかく本を読んだ。自分に投資した。勉強した。友人が遊んでいるときに、ひたすら自分を磨いた。

その結果、私も今では好きなことを仕事にすることができ、長年の夢だった「本の出版」も若くして実現した。それも、サンマーク出版という力のある出版社から。

今思うのは、本当に自分を磨き続けて良かったということです。自分に投資を続けてきて良かったということ。

新しい世界に飛び出し、現状維持を破壊し、新たな自分に成長することを続けてきて本当に良かったということ。

若いうちから全力を尽くさないでどうするのでしょうか。

つまらない人生で終わっていいのか。

そんなわけない。

自分が満足できる理想の毎日を手に入れるため、自分を磨く。自分に投資する。

そして、最高の人生を生きて、死ぬときに「俺は生きた!!最高の人生を生きた!!」そう心から言えること。

そんな人生を、生きるべきだと思います。

今日も熱くなってすいません。

来た質問には回答をしていくので、何か相談がある方はコメント欄まで。

昨日もたくさんの方が応援クリックしてくださいました。静かに気合い入ってます。ホントにいつも、ありがとうございます。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こっちが少し下降気味なので、応援していただけると嬉しいです!気合い入れて記事書いていくんで。

人気ブログランキングへ

過去の記事でオススメのものをピックアップしました!結構な数の記事を書き続けてきたので、ぜひ過去の記事も読んでください。読んだことのある人も、復習になると思います^^

なぜ、自信を失ってしまったのか?

予備校に行っても合格できない4つの理由

数学恐怖症を治癒した方法

1日10時間以上の勉強を可能にする方法

心の疲れを癒す方法

資料を使って勉強することが重要な理由

思考の手抜きが成績向上の邪魔をする

やりたいことが見つからないという悩みについて

カリスマ現代文講師出口先生との特別対談「論理的思考を身につけて現代文を攻略する」

やる気満々で勉強する心の技術

苦手科目はどうすれば克服できるのか?

効率的な勉強法って何でしょう?

怠け癖を克服し、勉強に励む方法

つまらない人生を選択するな!」への16件のフィードバック

  1. 生茶パンダ

    御仕事お疲れ様です。

    毎回楽しく拝読しております。

    『なぜ、テレビを観たいのか?』の記事から、質問をさせて下さい。

    「本の世界でもいい。自分が憧れるような人と出会うこと。こんな生き方がしたい!素直にそう思えるような生き方と出会うこと。」とJUNさんの記述があり、非常に感銘を受けました。

    私もJUNさんのように、情熱的な生き方をしたいと思っております。

    そこで、読書時間や、人と出会う機会が制限されてしまう自宅浪人生の私に、幾つか(数冊)JUNさんのオススメの本を教えて頂けませんか?

    ちなみに稲盛和夫氏の『生き方』は過去のJUNさんの記事を拝読してから、実際に購入し、読んだ経験があります。

    よろしくお願いいたします。

  2. ヒデ

    勉強時間の区切りは何分ぐらいにすればいいのでしょうか?
    現役生で時間を効率的に使っいきたいと思っているので回答よろしくお願いします。

    また西野隆さんとの対談音声はものすごく自分の中で衝撃受けたというか本当に何度も
    繰り返し聞かせてもらいました。
    できればまた新しい西野さんとの対談音声を公開してもらえるととてもうれしいです。

  3. バスケットマン

    早稲田の政治経済学部志望です。

    私は、春休みから受験勉強を本格的に始めたのですが全く偏差値が伸びす今すごい厳しい心理状態です(・・;)

    七月に入ってJUNさんのブログを見つけて参考書学習に切り替えました。

    そこで、やり方なんですが↓のようで良いのでしょうか? 不安です。

    英語 八月までにポレポレを完璧にする。
    それから、長文を毎日解いていく。
    早稲田、上智は速読英単語と速読英熟語
    で対応出来るのですか?

    国語 現代文と格闘する、を毎日一問ずつやる
    古典は基礎がためからやる

    数学 高1から青チャートをやっているのですが
    中途半端な感じになっています。

    夏休み終わりまでに基礎がためしてから
    応用に入るべきですか?
    それとも、一つの単元ごと極めていくべき
    ですか?

    絶対合格したいです!
    アドバイスお願いします!m(_ _)m

  4. JUN 投稿作成者

    >生茶パンダさん

    まず、自分で読みたい本を探した方が良いです。当然当たり外れがあるかもしれませんが、そのときに自分が読みたいと思った本が一番です。私に必要な本と生茶パンダさんに必要な本、響く本は違います。まずそのことを理解して欲しいのです。最近思うのは、本をオススメするのも大事なことではあるのですが、やはり各個人がそれぞれ自分にとっての一冊を探し求めることも大事だと思っています。最初から答えを求めるのではなく、自分にとって大事な一冊を探して読んでみましょう。

    1. 生茶パンダ

      御返答ありがとうございます。

      こんな質問をしておきながら、JUNさんの仰ることは理解することが出来ますし、共感もしています。

      曖昧な記憶で申し訳ありませんが、以前、吉永賢一氏も自分の人生にとって有益な本と出会う作業は、「大きな砂山から、砂金を探り出す作業と似ている」と仰っていました。

      自分が甘かったように思います。

      本質に触れることが出来ました。
      ありがとうございます。
      感謝です。

      それを踏まえた上で、最初に質問した時点で私の説明が少し足りませんでした。

      ここ2・3年で、私は400冊以上は、読書をしました。

      もちろん本は冊数だけでなく、質のバランスも大切だと考えております。

      稲盛和夫氏の著書は8冊近く読みましたし、様々なジャンルに挑戦をし、自分なりに読書体験を積み重ねて来たつもりです。

      ただ自分の視野を広げる為に、他者から新たな視点を授けて貰いたいと思って伺いました。

      それに重ねて受験生という制限が、私を急がせていた部分もあると思います。

      ありがとうございました。

  5. JUN 投稿作成者

    >ヒデさん

    ご自分で色々と実験してみることをまずはオススメします。答えが予め用意されていると考えるのではなく、自分でベストな時間を探っていきましょう。90分、70分、60分、50分など試してみて、一番集中できるものでやればいいです。西野さんとの対談音声を聞いていただきありがとうございます。また機会があれば、ですね。

  6. アカリン

    Junさんこんばんわ(^o^)
    毎日ブログありがとうございます。
    僕は高校2年なのですが、今年の受験の時までに全科目一通り終えてしまった方が良いのでしょうか(自分の志望校にあわせたレベル)?

  7. そう

    私は今、システム英単語を1日200語目を通してそれを1週間続ける、というやり方で進めています。

    今までその方法で赤字の部分だけ覚えてきたのですが、やはり2、3番目の意味や反意語、派生語も必要だと思うようになりました。

    そこで、派生語などの多い情報を含めると、どのように覚えていけば良いでしょうか。ちなみに私は同じ200語に目を通す期間を10日に伸ばし、5日は赤字だけ、次の5日は全てに目を通す、というやり方でやろうかなと考えています。

  8. みどり

    こんにちはJUN さん

    大学生、女です。
    先日、接客のアルバイト(食品レジで品物を袋につめる)をはじめました。
    はじめから自分は接客に向いてないとわかっていましたが、仮面浪人していて入学金を自分で出せと親に言われていたため、仕事をはじめました。
    しかし、やってみると、声の通りが悪く抑揚がない、片言の外人みたいなしゃべり方、気が利かない、元気がない (←すべて研修中に言われた)ようで、やはり自分には向いていないのだと痛感しました。
    学生時代苛められていて人間関係でうまくいったことがほぼないため、対人面で自信はないです。
    声も意識しましたが小さいようだし、声質というのは遺伝要素が強いのであまり変わらないと思います。
    顔つきもいつも無表情と罵られてきました。

    発達障害(アスペルガー)の疑いを医師にかけられたことがあるので今度調べますが、努力してすぐにどうなるわけでもないです。

    元から乏しい自信がさらになくなりそうでバイトが続くか分かりません。
    (2ヶ月は続けないとやめられないかもしれませんが。)
    私は、一人でやることにはある程度自信が持てますが、人が関わるとどうも昔から何も上手くいきません。

    JUN さんは向いてないと分かりきっている仕事でもバイトだから続けるべきと思われますか?
    それとも、新しく探して自分の負担を減らすことを考えたほうがいいですか。

    よろしくお願いいたします。

    1. JUN 投稿作成者

      >みどりさん

      まず、昔植え付けられた「私は人間関係が苦手」というイメージに支配されてしまっているがゆえに、上手くいっていない可能性があります。その場合は、人と上手く話せる人のフリをしてみてください。フリでいいです。ホントの自分じゃなくていいです。女優にでもなったつもりで、上手く話せる人のフリをして接客してみてください。

      それでもやはり上手くいかない、という場合、ホントに向いていないという場合は辞める選択肢を取ってもいいと思います。ただ、どの仕事についても多少は人間関係が関わってくるという現実もあります。なので、できれば少しでも克服していければ良いかなと思います。

  9. 市岡

    僕は今家庭教師をしています。

    そこで質問なんですが、

    教え子で、おそらく今後成績が伸び悩む子がいます。(まとめると、思考停止状態で理解しようとせず、現状の力を把握せずにレベルの高い参考書をやり、受験を舐めている、という感じです。)

    そこで、なんとかして彼の受験に対する心構えみたいなものを改善させようと、色んなことを言っているのですが、「俺は俺なりに受験関係の本とか読んでこうしている」というようなことを言われて、全く言葉が彼の心に届きません(泣)

    このように頑固な子は、言葉でなく、挫折のような「体験」をすることでしか心構えは変わらないのでしょうか。
    単純に僕の力が足りないからでしょうか汗

    僕自身高校三年生のとき、
    (良いことを言ってくれる先生がいたり、啓発系の本を読んでいたのに)マインドセットがクズで、
    見事に受験失敗して、
    その体験をもって始めて自分がおろかだったことを知ったという経験があるので、
    彼にも経験してもらうしかないのかな、と途方に暮れている状態です。

    乱文失礼しました。

    1. JUN 投稿作成者

      >市岡さん

      挫折させれば良いと思います。ただそれは受験本番ではなく、模試を受けさせれば良いと思いますし、演習問題を解かせればいいでしょう。自分の実力がないという現実と直面させれば良いです。受験本番で実力不足に気づくということはあってはなりません。その前に対応していきましょう。

  10. 水玉

    JUNさんの読書スピードが普通より早いなと思うのですが、速読技術などを学ばれたのでしょうか?

    また、速読についてはどう思われますか。

    1. JUN 投稿作成者

      学んでません。個人的には速読の技術は不要と思っています。たくさん読むこと自体が目的なわけではないのです。単純な情報収集であれば良いと思いますが、読書は情報収集とはまた別のものです。本を読むのが早いのは、既存の知識が多いからです。たくさんの本を読んで来て、知っている内容が多いからスラスラ読めるだけ。その証拠に、専門ではない分野の本を読むときは、遅くなります。

  11. JUN 投稿作成者

    >アカリンさん

    自分は高校二年生だから…という意識を強く持ちすぎる必要はないと思います。どんどん先に進みたいという気持ちがあるのなら、一通りやってしまいたいと思うなら、やってしまいましょう。勉強というのは、やりたいと思うことをどんどんやっていったらいいのです。高校二年生だから、とか本当に関係ないですから。ただ、授業を聞いていないくて理解がなかなか進まないという場合には無理せず今までの範囲を完璧にする、でもいいと思います。そのあたりは、コストパフォーマンスを考えましょう。ただ、英語なんかは別に範囲というものはあるようでないし、解釈力をつけてどんどん難しい英文を読んでいっていいと思います。

  12. JUN 投稿作成者

    >そうさん

    おっしゃっている方法でもいいと思います。もしくは、まずは一通り赤字の部分だけ最後までやってしまって、その後に赤字の復習をしながら派生語などを覚えていく、という方法でも良いと思いますね^^

コメントは停止中です。