自分で人生の舵を切れ!


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

4800人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

私はこのブログを読んでくださっているあなたのことを「仲間」だと思っているのですが、

今日は私が思っていることを熱く伝えていきたいと思います。

私は受験生に受験勉強を教えながらも、その他に色々な「相談」を受けてきました。

人生相談だったり、人間関係、生き方、将来の進路、恋愛などなど、本当に幅広い相談を受けてきました。

受験というのは人生のいろんな問題と切っても切り離せない問題だし、生き方を考えることが受験を考えることだと思っています。

今までは「とりあえず受験」する人が圧倒的多数だったわけです。とにかく、受験しなきゃいけないから受験する。

もちろん、まだまだやりたいことが定まっていない人が、大学に行って自分を見つめる、そのための受験だったらまだいいんです。

でも、そんなことすらも考えずにただ周りがするからとか、それが普通だからとか、そんなので受験していく。

とりあえず偏差値の高い大学を目指す。

で、結局そういう人は「やりたいことが分からない」ということになるわけです。

そりゃあ、そうでしょう。だって、何にも考えていないんだから。

ただ、流されて生きてきたんだから。

でも、それもある意味しょうがないこと。だって、日本という社会がそうさせるから。

周りに合わせなさい、出る杭は打たれる、普通でいれば安心、みたいな意識。

そういう中で育てば、自分の意見が奪われていくのは当然。

自分の思いよりも他人の思いを先に考える。

他人がどう思うかを考えた上で、自分の意見を形成する。

自分の意見だと思っているものも、実は自分の意見じゃない。自分の意志じゃない。

先に他人があって、その上で自分の気持ちを形成しちゃっている。

もうそういう意識が潜在意識レベルにまで刷り込まれてしまっているわけ。

でもそんなの、自分で人生を舵を切っているとは言えない。ただ、波に任せてフラフラと海を漂っているようなもの。

波が変わってしまえば、行き先だって変わる。

これ、ヤバくないですか???

つまり、世間がどう言うか、どう思うかで自分の人生の方向性が決まっちゃう。どこにも自分の「生きる軸」がない。

大事なのは、「自分はここに行くんだ」という道筋を決めて、たとえ荒波が来ようが自分が行きたいところに行くことなのではないか。

そういう思いを持って、ブログやメルマガなども書いてきました。

もちろんこれは、「人と違うことをしなさい」ということではありません。

最近、とにかく「人と違うことをやるぜ!」みたいな人もいますが、それだって結局、他人に縛られている。

だって自分がやりたいことだったとしても、他人がやっていたらできないわけだから。

かなり不自由な人生。

大事なのは自分の「こうしたい!」という気持ちを大事にすること。

それを他人がどう思うかとか、他人がやっているやっていない関係なく。

受験生のときから、そういう気持ちを取り戻していって欲しい。

だって、一つの人生の岐路だから。

受験生時代、大学生時代っていうのは本当に大事な時期。

その時期の選択が、いつも他人を意識した選択だったなら?本当の自分の思いを無視した選択だったなら?

それで本当にいいのか?と私は思うわけです。

ある意味、この受験時代、大学時代に「自分を取り戻す」ということをやって欲しいと思っています。

自分の感情を取り戻し、自分の「やりたい」を大事にできる自分に戻る。

じゃあ、後悔することだって減っていく。

自分の思いに従って生きるから後悔がないわけで、自分のやりたいをやらないことから後悔が生まれるわけです。

若いときから自分の思いに従った人生を生きることができれば、ホントに楽しい人生になります。

そんな感じ!

最後まで読んでくださりありがとうございます^^

 

今日の記事で気合いが入ったぜ!という場合には、ランキングをポチクリしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

こっちもポチクリ募集中です!1位になれるよう良いブログにしていきます!

人気ブログランキングへ

自分で人生の舵を切れ!」への3件のフィードバック

  1. なみなみ

    いつもJUNさんのブログ読まさせていただいています。

    勉強をしていて、集中力が切れ休憩をするんですがいつも休憩時間が長くなってしますのです。
    つまり、休憩から勉強に切り替えが遅いんです。
    どうしたら切り替えが早くなるでしょうか?
    できたら教えて下さい(>人<;)

  2. tsuna

    ぽちくり完了しました!いつも読ませていただくのを楽しみにしています^^

    「自分で人生の舵を切れ!」
    心にすっと響いてくる言葉です。

    私は最近、人生というものを一つの船旅、航海のようなものであると考えています。
    先日読んだ本に、以下のことが書いてありました。

    「自由である」=「航海する人である」
    目的地を自分で定め、逆算して航路が生じ、自分が今どこにいるか現在地を知っている。
    「目的地・航路・現在地」の3つを知っている者が、自力で海を渡っていける。
    それこそが、自由な生き方である。

    潤さんがブログやメルマガで仰っていることと、似通った部分もあると思います。
    こうしたところから得られる学びを生かして、

    「人生という航海に”後悔”しない!」ような生き方を目指していきたいです^^

    名前に「航」の字が入っているのも、何かの縁ではないかと、この文章を書いていて感じました(笑)
    今日のブログを読んで感じたこの思いを、人生の指針としたいと思います。

  3. リス

    こんにちは。
    今回のブログの記事も、とても心に響いてきます。
    いつも情熱に溢れたJUNさん素敵です!

    さて私は高校三年生なのですが、
    国語が苦手で克服しようと奮闘中です。
    模試でもなかなか点が取れず、
    その原因を自分なりに追及したところ、
    文章の途中でわからなくなると、思考が停止状態になってしまい悪循環に陥るからという答えに行き着きました。
    文章を読んでも、文字を追っているだけになり、内容がますます理解出来なくなっていくのを自分でも自覚しています。
    どうすれば文章を読み解いていくだけの思考力を最後まで保つことができるでしょうか。

    アドバイスを頂けたら幸いです。

コメントは停止中です。