自分をごまかさない生き方


何と、今日ははりきって1日3記事も書いています。昔を思い出す感じ。

本題へ入っていきますが、あなたは自分の人生の中で何が欲しいでしょうか。手に入れたいと思うもの、成し遂げたいと思うこと。それは何か。

あなたが何を望もうが、それはあなたの自由。誰にもその自由を奪うことはできません。

自分の心が純粋に求めているものをイメージしてみる。

で、その気持ちをごまかさない。今は、自分の気持ちをごまかせる時代だから。

お手軽に自分を満足させられる時代。

ゲームも漫画も映画も安価で手に入る。友達と遊びに行くのもそれなりに楽しい。暇つぶしには事欠かない時代。

食べ物も安くて手に入る。しかも、「オイシイ」。

であるがゆえに、私たちは本当の望み、本当に達成したいことを忘れてしまいます。

日々に流され、安楽な毎日に「飼いならされて」しまう。

飼いならされてしまったら、もう望みを持つことができない。

望みを持つことが、面倒なことに思えてくる。

そしていつしか、自分の望みを忘れる。望みを実現するのではなく、日々時間を潰すかのように生きる。

そうやって日々生きるのだけど、なぜか上手くいっている人を見ると「妬み」の感情が芽生えてくる。何となく憎たらしく思えてくる。

それは、実は自分もそうなりたいから。飼いならされる前の自分は、そうなりたいと思っていたから。

でも、自分は自分をごまかした。ごまかして生きた。そして、心の底ではごまかして生きてきたことを知っている。

だから、ごまかしてきたものを実現している人がいたら妬ましく思えてくる。

しかし、自分のその感情を認めることができない。

結果、「あいつは、くだらない」と言う。自分を認められない結果として、相手を認めることもできない。

自分を認められたら、相手のことも認められた。妬むことはなかった。

自分をごまかせばごまかすほど、飼いならされてしまえば飼いならされてしまうほど、自分のことが分からなくなります。

自分の感情を感じられなくなる。

結果、やりたいことが分からない、やりたいことなんてない、ということになってしまう。

だから、素直に自分が欲しいもの、やりたいと感じているものを感じること。

自分の気持ちに素直になること。頭で考えるだけでなく、心で感じること。

そして、その実現のために学び、成長すること。

進化することを考えて生きること。

そんなことが、大事になってくるのだと思います。

 

2つのランキングに参加しています。応援ポチクリ押してくれると感動です。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ

人気ブログランキングへ

出版記念講演会詳細&お申し込みはこちら

また、こちらから直接お申し込みいただくことができます↓

9月28日(土) 大阪会場 お申し込みはこちらから
お申し込み期日 9月25日(水)

大阪会場10冊購入(食事会付き)お申し込みの方はこちらからお申し込みください

10月5日(土) 東京会場 お申し込みはこちらから
お申し込み期日 10月2日(水)

東京会場10冊購入(食事会付き)お申し込みの方はこちらからお申し込みください

10月12日(土)福岡会場 お申し込みはこちらから
お申し込み期日 10月9日(水)

福岡会場10冊購入(食事会付き)お申し込みの方はこちらからお申し込みください

自分をごまかさない生き方」への2件のフィードバック

  1. クール

    高3です。 周りのひとたちが自分よりも優秀にみえて嫌なんですが、どうすればこの気持ちが解消されるでしょうか?

  2. JUN 投稿作成者

    >クールさん

    優秀ならば優秀でもいいじゃないでしょうか。周りは優秀、それは自分の価値とは何の関係もないことです。「優秀で、すげえなあ」と思えばよくて、それは自分の価値とは関係ありません。自分自身を「絶対評価」で価値あるものと思うこと。人間は相対評価で価値が決まるものではありません。

コメントは停止中です。