「E判定中のE判定から、A判定になりました」


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

5200人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

受験勉強において大事なのは、「実質」を重視して、本質的に考えること。

それができるようになれば成績は上がるし、それができるように受験コーチングプログラムでは毎日メールして、音声も配信し、個別指導も行ってます。個別指導は現在、ほぼ無制限に行っている状況。

で、昨日受講生からこんなメールが届きました。

『報告なのですが、成績が上がりました。

河合のマーク模試の結果なのですが、自分の目標点とはまだまだギャップがありましたが、現役の頃にはとったこのない点数と偏差値でした。

去年のセンター国語では二桁という情けない点数でしたが、国語の偏差値が65を超えました。

現代文なんてセンスあるやつしかできないだろ、とか思ってた去年の自分に見せてやりたいです。

また志望校として書いた大学の判定で、去年の自分はE判定ばかりで、かろうじてDがあればいいところ、という感じでした。

そして今年初の模試で、去年E判定中のE判定で落ちた三重大学にA判定がついていました。(学部で2位)

偏差値や判定にこだわりすぎるのは本質的ではないこともコーチングプログラムに参加して学びましたが、去年の自分を考えるとこの結果は素直に嬉しかったです。

また第一志望校としていた名古屋市立もB判定で、まだまだがんばらなければなりませんが、確実に成長できてるなと感じることができました。』

受験勉強の正しいやり方を学び、本質的に考えられるようになれば、このくらいの結果は出ます。

当然、まだ模試段階ですから安心はできませんが、力がついてきていることは確かです。

プログラム生が本当にガンガン成績を上げていってくれているので、私もまた気合いが入ります。

また、大学生・社会人プログラム「SIP(自己変革プログラム)」も今月で6ヶ月終了し、こちらの受講生の感想も続々と届いています^^

『潤さんSIP6か月間お疲れ様でした。

私が潤さんを知ったのは、短大時代でした。

短大といっても、大学編入を考えていたので、編入予備校にも通っているときでした。

予備校で勉強しているときは正直苦痛でした。

授業中は普通にしゃべってるひとがいる、さぼってパチンコに行ってる人がいる、頑張っている人を引きずりおろそうとする人間がいる・・・

私は、どうしても大学に行きたかったのでこの状況は非常にまずいと思い、予備校にもあまり行かなくなりました。

その結果自宅で勉強することになるのですが、勉強方法がわからない。そんな時にネットでたまたま「勉強法」を検索して見つけたのが潤さんのブログでした。

今まではただ予備校のプリントを漠然と勉強していたのですが、勉強法やマインドの大切さをブログから学び、自ら能動的に勉強することで、無事に志望校である北海道大学に合格することができました。

そんなこんなで潤さんのことを知って、「SIP」というなんか面白そうなプログラムもあるということで参加させていただきました(笑)

SIPは1か月ごとに分野が分かれていて4本づつの音声を聞くというものですが、どれも自分にとっては必要なものばかりでした。

私が、このプログラムを通じて一番成長したと感じた部分は、

【人と接するのが楽しくなった】

ということです。

今までの私は極度の人見知りで、人と話すのがわずらわしく思っていました。

自分から人と接することがないため、誰からにも相手にされない。その結果さらに人と関わるのが嫌になるという悪循環に陥っていました。

自分でも、昔からこの状況は早く脱しないとマズイと感じていたのですが、変えようとしてもうまくいかない、そして、自分のことが嫌いになっていく・・・

そんな私でしたが、音声を聞いて少しずつマインドを変えていき、行動に移していくことで、状況を変えていくことが出来ました。

今まで人のいる場所にいくのが苦痛だったのが、今では逆にいろいろな所に自ら出向いていきたいと感じるようになった自分にびっくりです(笑)

人生を変えるきっかけになった「SIP」には感謝以外に言葉が出てきません。

本当にありがとうございました。』

『池田さんこんばんは。

SIP6ヶ月お疲れ様でした。

半年間毎週の音声を楽しみにしていました。

まず、池田さんを知ったのがFacebookの投稿で毎回の文章がとてもよく、勇気を貰ったり、納得したり、社会人の私でしたがとても凄い人だな。と思ったのが初まりです。

知ってから1ヶ月後位にSIPをはじめるというので、池田さんの事は知らぬままSIPに申し込んだ記憶があります。

知っていたのは京大ということだけ。

でも、素直にSIPを受けてみたいと思いました。

初めは学生さん相手かな?と思っていましたが東京オフ会では社会人の人もいて、懇親会、カラオケと受講生と楽しい時と普段経験できない事を体験させて頂きました。

オフ会に参加して本当に良かったと思っています。

音声全24話はどれも私にはなるほど、と思う事が沢山ありました。

どの章も大事でした。

最近の心「自分を大事にする」所はとても大事だと私にもわかりました。

いつも以上に大事だと。

何回も聞き、文字に書き起こしまとめてありますが、何かあったらすぐにノートを見て復習。

毎回2時間以上かかりましたが文字にするとわかりやすいですね。

sipを受講出来たのも運が良かったからなのかもしれませんが、感謝しています。

池田潤という人に関われた事に感謝です。

本当にありがとうございました。

今までのことをこれからの人生に生かしていきたいと思います。』

まだまだあるのですが、今日はこのへんで。めちゃめちゃ熱い感想も来ているので、また載せたいと思います。

こうやって自分のプログラムの受講生と関わりを持ち、成長していけるということが私にとっては本当に素晴らしい経験だと思っています。

参加してくれた方には感謝の気持ちでいっぱいだし、こういう言葉をいただくのは本当に嬉しいですね。

これからも、自分のプログラムを受けてくれる人には精一杯自分ができることをしていきたいと思う次第です。

そして今日は、出版記念講演会in大阪。当然ですが、こちらも気合い入れていきます。

来てくれる人に最高の価値を提供できるように。わざわざ大阪以外のところからもたくさん来てくれます。本当に嬉しいことです。

さて、では講演会の最終準備をします!

「E判定中のE判定から、A判定になりました」」への1件のフィードバック

  1. ポーきー

    今日朝5キロ走ってみたら物凄く体がだるいんですが、これは走りすぎでしょうか?

コメントは停止中です。