「一緒にいる人間」で、人生が変わる


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

5700人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

人は、付き合う人間によって、人生を変えていきます。これは、良い方にも悪い方にも。

私自身の話で言っても、人生が変わり始めたと思ったのは人間関係が変わってからでした。

ブログを書いていて、そのブログを見た人から声がかかって、会ってみたらまたすごい人に会って…という感じで。

付き合う人間がどんどん変わっていったんですね。

で、付き合う人間が変わると、見える世界、目指す世界も全く違うものになっていくわけです。

思考の枠が広がり、常識が壊され、今までとは違う感覚で生きるようになる。

見えてくるもの、目に入ってくるものも変わるわけですから、当然人生は変わっていきます。

その人自身が自分の可能性を信じていて、肯定的な見方のできる人だから、自分の可能性も信じてくれるんですよね。

でも、逆の場合もあります。

一番良くないのは、自分の人生を諦め、自分の可能性を信じていない集団にいること。

自分の可能性を信じていない人は、人の可能性も信じません。

だから、もしあなたが成長しようとすれば、必死になって足を引っ張ってくるはずです。

あなたが成長することで、その人は自分の劣等部分が強まると思っているからです。

また、劣等感を抱き、他人の悪口を言う集団も避けた方が良いです。

そういう集団の中では毎日のように他人の悪口で盛り上がりますが、なぜ、他人のあらを探すのか。なぜ、他人の不完全性を攻撃するのかというと、

自分が自分の不完全性を認められないからです。

自分が自分の弱点を受け入れておらず、自分を認めていないがゆえに、他人を認めることができないのです。

そういう集団においては、心の交流がありません。

なぜなら、いつも他人に自分の弱点を出さないようビクビクしているから。

その集団の中では、自分は完璧な(弱点のない)自分でいなければならない。

ありのままの自分を出すことは許されない。ありのままの自分を出せば、攻撃の対象になってしまうから。

誰かの悪口というネタがあるうちは仲良さそうに見えるけれど、実際には全く心の交流は行われていない。

上っ面の、怯えた人間関係なんです。

そして、その集団にいれば、ありのままの自分を出せないわけですから、自分を愛すことはできなくなります。

自己評価は低くなり、自分を嫌いになり、対人関係に怯え、いつも他人のアラを探して他人を評価するようになります。

だって、いつも自分が評価されているんだから。自分がされたことを、他人にもするのです。

ただ、そういうことを考えると、実はそうやって自分を認められない人はこれまでの親子関係、友人、恋人関係、周りの情報によって、自分を認められなくなってしまっているんですよね。

そういう人たちも、人間関係が変われば変われるはずなんです。

自分を認められなくなった時点で、幸せで充実した人生を生きることはなかなかできません。

どれだけお金や社会的地位があったって、満たされることはない。

そして、私自身の話で言うと、そういう人とは人間関係を構築することはありません。

自分を愛していたいし、満たされた気持ちでいたいから。

だから、自分を愛している人、自分の弱点を受け入れているがゆえに、人の弱点も受け入れられる人と関係を築く。

そういう人との関係は、本当に気持ちがいい。本当に満たされた気持ちになります。

だって、無理をしなくていいから。本来の自分でいることができるから。

で、多くの人はそういう人との出会いが少なくて、いつも自分を否定されたり、ありのままの自分を隠して、偽りの自分を演じることで「上手くやっていこう」とします。

でも、そうすればするほど、ありのままの自分では自分は愛されないんだ、という気持ちを強めていってしまう。結果、自分を愛せなくなってしまう。

そうなると、本来の自分の力を発揮することはできず、夢もなかなか実現しません。

何より、日々幸せを感じて生きることができません。毎日が楽しくなくなってしまう。

逆に、今日はSIP生と会ってくるのですが、彼らとの人間関係はすごく心地よいです。だって、6ヶ月かけてこういった話を徹底的に学んでもらったから。

みんな自分の弱点を受け入れ、自分を愛し、そして他人を愛することができる。人の可能性を信じることができる。

過去の経験からまだ上手く自分を受け入れることができない人も、少なくとも受け入れよう、自分を愛して人を愛そうとしている。

決して、他人を否定したり、弱点を責めたりはしない。

そういう人たちなんですよね。

で、その人たちと交流することで自分も変わっていく。自己評価が高くなっていく。

学びがあり、進化があり、そして愛がある。

そういう人間関係を持つこと。それだけで、人生は大きく変わっていきます。

何となくつらいな、元気が出ないな、という場合には人間関係を見直し、自分を受け入れてくれる人と関係を構築すると良いと思います。

それでは、今日はこのへんで。

「一緒にいる人間」で、人生が変わる」への3件のフィードバック

  1. まるこぽーろ

    ネガティブな発言が多い人が約一名近くにいて、その人と関わった後は気分が暗くなったり、元気がなくなったりします。
    関わらないのが一番だと分かるのですが、環境的に厳しいです。

    自分の感情を上手にコントロールして、周りのことをいい意味で気にしなくなるコツがあれば教えていただきたいです。

    今のところ自分なりに考えた結果、周りを気にしている時点で、今の私には本当の意味で真剣に取り組んでいるものごとがないという結論が出たので、必死で勉強(受験勉強や読書などの人間として成長するための勉強)に取り組んでいこうと思ったのですが、私の考えにジュンさんなりのアドバイスがあれば、いただきたいです。

    お仕事お疲れ様です。

    お忙しい中、この長いコメントに目を通していただきありがとうございました。

  2. rebma

    一緒にいる人間で人生が変わる……同感です。
    人の悪口を言う人間だったら、例え家族であろうとめげてしまいますし。

    私事なのですが、僕の場合。
    伯母の家にたまに行くようになってから、家庭内で愚痴る人間がいてもはね除けられるようになりました。

    伯母の家庭内では、決して悪いニュースは蔓延らないですし。
    家族間の悪口も、そんなになく……しかも皆が皆、互いを認め合っている印象なんです。

    色々と溜め込んでしまうと、あの家庭に潜入します。
    専ら、はとこの調子を窺うためと口実を付けてなのですが、結果的に僕は癒されて帰ってきます(苦笑)。

    あの家庭の不和を呼ぶことがないのであれば、今の不安定な時期はもうちょっとお邪魔しようかなぁ……と、今回のブログを読んでいて思いましたー
    これからも、よい人間関係が構築できるように日々、自己愛も含めて精進してまいります。

  3. ももた

    私は通学時間が片道90分ほどあるのですが、いつも勉強しようと思っても睡魔に負けてしまいます。

    睡眠時間を増やしても眠くなってしまいます。

    対策などあったら教えてください!

コメントは停止中です。