卓越する人、しない人


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

今日もfacebook記事の転載。最近、facebookでかなり重要なことを書いてて、facebookやっていない人にも読んでもらいたいので。

こちら。

==================

<卓越する人、しない人>

世の中にはノウハウを生み出す人と学ぶ人がいるけれど、生み出す人っていうのは自問自答をする人。

そこで色んなことを発見し、それが自然にノウハウと呼ばれるものになっていく。そして、その問いの深さがその人間の深さにもつながっていく。

問わずして外側の何かに答えを求めれば、その人はその人じゃなくなっていくのかなと。外側にあるものは、自問自答のきっかけ。

で、大事なのは自分は人生の中でどんな問いを持ってきたのか、ということ。

過去の経験、与えられた仕事、人間関係の中で、どんな問いを抱いたか。

問いを持つ人は答えを求めて思考を続けるから、その分野で自然に卓越するようになっていく。自然にノウハウが生まれてる。

ノウハウを先に求めるということは、自問自答を放棄するということ。そしてそれは、自分の内側から生まれたものではないがゆえに、いつまで経っても彷徨い続けることになる。

自分の場合は、なぜ勉強で結果が出ない?なぜ行動できない?なぜ人間関係が上手くいかない?なぜ人は苦しむ?とか、そういう問いがあったから自然に考えてきたし、自分なりの答えを見出してきたと思う。

外にあるものは思考のきっかけにすぎないという感覚はごく自然なものとしてあった。

受験生にも「自問自答しろ」ということを言ってきた。自分で考える。自分の内側に答えを見出していく。

これ、勉強で結果を出すためにも大事なこと。自分で考えてない質問は許さないし。まず自分に問うということが大事。終わり。

==================

補足すると、勉強法のノウハウを学ぶことっていうのは悪いことじゃないんです。

ただ、大事なのは、「何のためにそれをやるのか?」「なぜ、それが大事なのか?」を自分に問うこと。

ただの思考停止で受け止める、猿真似するのではなくて、自分の思考を必ず通すこと。

「何で?」と問うて自分の思考を通し、一旦考えることでそのノウハウは自分のものになっていく。

先人から学ぶのは大事なこと。ただ、そこで「自分」を忘れてはいけません。

聞くところによると、職場などでもそれができない人が多いとのこと。

言われたことをやればいいと思っていて、何のためにそれをやるのか、その目的は、などが分からない。

分かっていればできることも、自然にやるだろうということも、やらない。

でも、当人は何が悪いのか分からない。言われたことはやったじゃないか、と。

それがまさに、問わない人なんです。問うことなく、理解することなく、ただ思考停止でロボットのように行動する。

そのあり方は、仕事のできるできないにも大きな影響を与えるでしょう。

大事なのは、自分の頭で考えること。自問自答をすること。

その本質を、見失わないでください。

より深く学びたい方はメルマガで。こちらで登録できます。

卓越する人、しない人」への8件のフィードバック

  1. yuki

    潤さんのブログ、メルマガを拝見するようになってから、自分をよく知れるようになりました。
    ですが、自分では知りたくないことを無意識に知らないふりをして、気づくのが遅いことが多々あります。
    もっと早くしれたら、と思うのですがそんな自分も自分なんだな、と思います。
    この記事とても響きました。
    これからも潤さんの記事を励みに頑張ります。

  2. たか

    数学のについての質問なんですけど自分では理解しているとおもっていても理解できていないときにはどうしたらいいのでしょうか?同じ問題を解き続けるしかないのでしょうか?

    1. JUN 投稿作成者

      >たかさん

      人に説明できるかどうかを判断基準にすればOKです!詰まってしまうところを考え直していってください。

  3. John

    小学校の子供が公文式をやっていた時、問題が解けない時は解けるまで先生は一切助けてはくれませんでした。ただ見守るだけ。どうしても解けない時はまた基本問題に戻るんです。本人にしたらかなり落胆。先生は励ましの言葉だけです。しかしあの出来なかったさっきの問題が次は解けるんですよね。自分の力で。子供は辛かったけど、達成感をそこで味わってました。junさんのブログ読んで公文思い出しました。

    1. JUN 投稿作成者

      >Johnさん

      大事なあり方だと思います。外側から安易に答えを与えるだけでは、自らの力で課題を乗り越えて行く力が身に付きませんね。

  4. たかのり

    おはようございます!

    今日は慶應義塾大学のプレ模試を受けてきます!

    僕は愛知県の人間ですが
    そちらから、
    少しても気にかけて下さって
    応援してくださったら嬉しいです!

  5. お団子

    思考停止した状態で答え探しばかりをしてしまっては問題の根本の解決にはつながらないことが多いのだろうなと思いました。
    自分にはなぜこのノウハウが必要なのか、このノウハウを使ってどうなりたいのかという自問自答の姿勢を忘れないようにしていきたいです。

コメントは停止中です。