試験本番で最高の力を発揮する技術


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

今日はちょっと勉強の話を。

センター試験が近づいて来ています。

そこで、試験本番に力を発揮し、点数を確保するための具体的な方法についてお話していきます。

結論から言うと、練習段階で大事なのは、「本番よりも高い負荷で学習すること」です。

練習段階で本番よりも易しいことばかりやると、本番で焦りや不安に襲われます。

本番よりも難しいこと、負荷のかかることをやっておくことで本番の方が易しいと感じられますし、

自分は負荷をかけてやってきたという事実が、自分に余裕を与えてくれます。

本番、自分を支えてくれるのは「自分はあれだけやった、あれだけ練習した」という思い。

準備が全てです。

基本的に、本番は緊張して当たり前。

本番で力を発揮できない、という声をよく聞きますが、それは力がなかったと認識した方がいいかもしれません。

スポーツの選手でも、本物の力がある人は、ここぞという場面でも力を発揮します。

本物の力は、本番の中でもきちんと発揮できる。

発揮できなかったということは、まだ自分の力が本物の力になっていなかったということ。

私はプログラム生には「圧倒的な反復回数」「大量演習」を要求してきましたが、それはなぜかというと、

圧倒的に反復し、自力で解くことで脳に刻まれたものは最後自分を助けてくれるからです。

1回やりました、とか、見たことあります、とか。

そういったものは力とは呼ばず、焦りや不安の中で記憶から飛んでしまいます。

しかし、何度も何度もやって本当に自分のものになっている知識や解法は、緊張状態の中でも失われません。

大事なのは、練習段階でどれだけ本物の力を確保することができるか、です。

そして、自分に大きな負荷をかけることで力はさらに磨かれていきます。

例えば、よくやることですが、センターの過去問を解くときは5〜10分時間を短くしてやる。

それでも目標点を取れるようになっておく。

そういう練習を、私も積んでいました。

なぜかよくいるのが、国語の問題を解くときに、現代文、古文、漢文と分けて学習をする人です。

これは、自分から負荷を減らして学習している形。

当然、分解して学習した方が楽です。意識が散漫にならないし、演習の時間も一つ一つできるわけだから、短い。

しかし、根本的にそれは、「楽をしている」のです。

本番の方がつらい、という状態を生み出してしまっています。

そうやって楽をすればするほど、試験本番に響いてくる。

今のこの時期になってそういう学習をしていてはいけない。

センター過去問を解くなら、時間を計って、5〜10分短くして、現代文古文漢文を一気に解くこと。

厳しい言い方になりますが、それくらいはして当たり前のこと。

基準を上げること。意識を高めること。

それができなければ、楽な方に流され続け、本物の力をつけることなく試験に向かい、

「力を発揮できませんでした…」

となる。

しかし、それは違う。

力が発揮できなかったんじゃない。

力がなかった。ただそれだけ。

そういう認識を持つということが大事です。

運に任せたり、神に祈ったり。

それだけじゃ現実は変わらない。

試験本番は何が起こるか分からない、水ものだ、と考えることは私は好きではありません。

そう考えるのは、準備をしないことの言い訳になり得るからです。

最大の準備をしてからそう言うのはいい。

しかし、大抵の人は、そうやって運を絡めた物言いで準備の基準を下げているだけ。

準備をすれば必ず合格を手に出来る。

そう考えるからこそ、人は最大の準備をするのです。

天に祈ってもいいし、神頼みをしてもいいでしょう。

しかし、人事を尽くすことが先です。

出来る事は全てやったのか。考えうる準備はしたのか。

練習段階で本番よりも厳しいことをやってきたか。負荷はかけたか。

試験本番まで、できることをやり続けてください。

より深く学びたい方はメルマガを。毎日読者が増え続けています。登録はこちら。

試験本番で最高の力を発揮する技術」への4件のフィードバック

  1. nnn

    すごく核心をついてる。 勝っても負けてもその自分を受け入れる人って少ないと思う。

  2. 村田

    こんばんは
    いつもブログ読ませてもらってます

    自分は高三の受験生で明日からセンター全日までは学校があるのですが、学校での授業(演習)よりも自分で勉強したほうがいいと思ってるのですが、潤さんはこの時期学校にいかないのはどう思いますか?

  3. お団子

    基準をあげて、自分に負荷をかけていく。
    自力で圧倒的な量の演習を積む。
    本番よりも厳しい状況を想定して練習する。
    こうして得た力は本番の緊張、不安によって失われることはない。
    本当に重要なことだと思いました。
    常に意識するようにします。

コメントは停止中です。