自然にスムーズに行動できるようになる方法


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

「自然にスムーズに行動できるようになる方法」というメルマガを、今日の18時にお届けします。

メルマガ登録まだの方は、登録していただくと18時に届きます。

メルマガ登録はこちらから。無料です。

今日はメルマガの方に力を入れたので、ブログを書く力があまり残っていません。笑

ということで、今日はお知らせがメインになってしまうのですが、ご勘弁を!

あ、昨日Facebookを更新したので、その記事を載せておきますねー^^

ブログとはまた雰囲気違いますが!

===============

<与え、与えられ>

『大体、悩んだときは一人で全部を背負い込み、誰かに相談するとか、何かを頼むとかということをせずにやってきた。誰かに「迷惑」をかけるくらいなら、自分一人で苦しんだ方がいいと思ってた。

自分の内側に入って、孤独な自分との戦いを続けてきたと思う。誰も見てない、誰にも気づかれない戦い。怪我を負っても、平気な顔をしていなければならない戦い。

そのおかげで得られたモノは多いし、人間にとって自分と対話することは必要なことだと思う。ただ、それだけじゃいけないんだな、ということを痛感。人はやっぱり、人の間で生きている。

ここ数日、誰かに何かをしてもらうことが苦手な自分が、徹底的に話を聞いてもらい、悩みを共有した。そうしたら自分のために涙を流してくれたり、親身になってくれたり。「これが愛されてるっていうやつか」と強く感じたり。

与えられたら、与えたいと思う。愛をもらったら、愛を与えたいと思う。好きな仲間がいて、その仲間が自分を思ってくれる。そうしたら、自然に、ごくごく自然に、何かをしてあげたいという気持ちが強くなる。与えようとする力が自分の中に生まれてくる。仲間がいて、その仲間が自分を思ってくれて、その大切な仲間のために何かをしたいと思う。「それ以外に、何があるっていうんだ?」と感じたり。

そして、その「仲間」がどんどん広がっていって、この社会を少しでもよくできないだろうか、自分にできることはないだろうか、と思うようになる。自分を思ってくれる仲間がいることで、与えようとする力が凄く強くなる。

でも、世の中にはそうやって人を思いやることのできる人ばかりじゃない。だから、人は苦しむし、本当は欲しいものではないものばかりを欲しがりながら、生きているんだろう。

たくさんもらった愛情を、仲間や社会に還元しながら生きて行きたい。そして、疲れたら、ちょっぴり仲間を頼ってみようと思う。』

Facebookも良かったらお友達に!

池田潤のFacebookはこちら

自然にスムーズに行動できるようになる方法」への8件のフィードバック

  1. お団子

    自分のためだけに頑張っている時よりも何か人のためにも頑張っている時の方がやる気が湧いてきたり
    絶対成し遂げなきゃなという気持ちが強くなるという経験を何度かしたことがあります。
    無意識に人に与えようとする力は結局自分のやる気の原動力にもなるんだなぁとこの記事をきっかけに再確認できました。
    今日もブログの更新ありがとうございます。

    1. JUN 投稿作成者

      >お団子さん

      使命感みたいなものですね。その気持ちは本当にパワフルなものだと思います^^

  2. ユウヘイ

    メルマガ読ませて頂きました
    すごく深い内容だと思います

    やはり今の日本に皆と同じでなければ
    ならないという価値観があるのは
    親が子供のありのままを愛してあげれて
    いないからなんだなあと思いました

    僕という人間にできることは
    少ないけど将来自身が親になったら
    子供のありのままを愛してあげようと思いました!!

    自分の子供だけでなく他の子供も♪
    そうすることでこれからの日本を担う子供達が
    生き生きとしてこの国がさらによくなると思います!
    JUNさんの夢と少し似ていますね(笑)

    コメントでの長文失礼しました(*^^*)

    1. JUN 投稿作成者

      >ユウヘイさん

      メルマガの感想など、ありがとうございます。そうですね、ありのままを愛してあげるというのはすごく大事だと思います。それができるだけで、多くの人の人生は変わると思います。共に頑張っていきましょう^^

  3. ”名無”

    質問なのですが、「自分より能力で劣る人間との付き合い方」です。

    自分は社会人で医学部再受験をしていますが、
    職場で特に学歴にコンプレックスのある年上の方の対応に困っています。

    自慢ではありませんが全て人並み以上にこなせる上に、普段は冷静なので、
    「スカしてる、自分だけカッコつけて」等など陰口も言われます。

    そのような人間に阿るつもりはないし、気にしなければいいといえばそれまでですが、
    職務上付き合わざるを得ません。非常に疲れます。

    アドバイスを頂ければと思いますが、いかがでしょうか?

    Amebaでブログも運営しております。
    宜しければ一度ご訪問下さい。
    http://ameblo.jp/nanorunahanai

    1. JUN 投稿作成者

      >名無さん

      コメントを見ていて、ご自身もまた劣等感に苦しんでいらっしゃるのだろうなあ、と思いました。優越感を感じる人は劣等感も同時に感じています。人と人を比べることで自分の価値を計ろうとする思考が根本にあるからです。だから、自分より「上」だと思う人には気を遣い、自分より「下」だと感じる人には横暴になったりします。分かりやすく言えば、ドラえもんのスネ夫君みたいな感じです。恋愛だと、付き合う前は優しいけど、付き合ってからは冷たい、などです。他人から「スカしている」と言われるのは、実際に人をバカにする思考があるのが外からもバレバレだからだと思います。そういうのは「上」だと感じる人も敏感に見抜いていて、「ああ、この人は人を値踏みして価値に優劣をつける人だな」と感じられるので、あまり人付き合いも上手く行かなかったりします。外に起きる問題は、自分の内側から起こっています。人を見下す思考そのものがある限りは、どこに行っても同じことが起こるのではないかな、と思います。一度、自分と向き合ってみてください。

コメントは停止中です。