行動力が上がらない根本的な原因とは


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

今回は、「夢に向かって頑張っている最中です!燃えてます!」という人向けの記事ではなくて、

どちらかというと、目の前の現実の中で元気を失いがちであったり、楽しくないな、自分の人生が見えないな、という風に感じている方向けの記事になっています。

夢に向かってガンガン進んでいる方は、ぜひそのままガンガンしてください。

 

私はよく「くだらないと言うな」と言います。

特に、やりたいことがないという人や、やる気が出ない、気力が湧かない、何となくめんどくさい気分になる、という人。

人は、活動する中で生きるエネルギーを高めていくし、面白さというものも、活動の中から生まれてくる面があります。

最初から面白い。そういったものもあるでしょう。

しかし、実際には、そうでないものの方が多かったりします。

最初は興味もなかったけど、やり続けていく内に何か「ん?面白いかもしれない」と感じる瞬間があって、気づいたら夢中になっていた。

そんなことが、あるものです。

希望の職種に就けなかった。希望の大学、希望の学部に行けなかった。

目の前には、当初思ってもいなかった仕事や勉強、自分の居場所。

最初は、嫌になる。何でこんなことを、何でこんなところに、と思う。

でも、目の前にあることに、仕方なしにではあるけれど黙々と取り組んでいく。

すると、だんだんと、ゆっくりと、「案外、楽しいかもしれない」と思えてくる。

先入観抜きで、ありのままの「そのものの姿」を見つめていくと、そのものの良さが見えてくる。

「自分は、少し自分を限定しすぎていたかもしれない」なんてことを思うようになってくる。

やったこともないことを、「これが自分の将来像だ」と思い定めて来た。

しかし、それは誰かや何かに影響されたことで、「誰かの夢」で、自分の思いから生まれてきたものではなかったのかもしれない。

ずっと、「これしかない」と思っていた。

しかし、人間というものは、果たしてそこまで限定された生き物なのだろうか。

天職なるもの、自分に最適なものがどこかに用意されていて、それを見つけるまでは旅を続けなければならないのだろうか。

いや、そうではなくて、自分の道というものは自分で「創っていける」ものなのではないか、とそんなことを感じるようになってくる。

人は先入観や固定観念によって自分をがんじがらめにしながら生きています。

誰もが、そう。

やったことのないことを否定し、自分とは違う価値観の人間を理解しようとせず、

「ええ?そんなこと、とんでもない!」と言って、常識とは違ったことをする人を非難してしまったり。

当たり前に囚われ、子供のようにはしゃぐことを忘れ、「大人」になって。

最初から「情報」を頼りにして、生の、そのものを見ようとはしない。触れてみようとはしない。

自分を守り、ほんの少しのリスクも怖れる。

面倒くさい、くだらない、やって何になるんだ、何の意味があるんだ。

そんな風に、思うようになってくる。

そうなれば、何もかもが色あせて見えるようになってきます。

くだらないと言うな、というのは「そのもののありのままの姿を見る」ということであり、

「先入観や固定観念にとらわれた自分を客観視する」ということでもあります。

人は活動しなければしないほど、生きるエネルギーを失っていきます。

「くだらない」という前提で生きることは、人から生きる力を奪い、何かに取り組む気力を萎えさせます。

逆に、世界は面白い、生きることは喜びである、人間は興味深い、などといった前提で生きることによって、

そういった『前提』を持つからこそ、生きることは楽しくなってくるのだと思うのです。

今、何か活動する気持ちだったり、気力というものが失われている場合には、「くだらない」と言わず、小さなことから始めてみてください。

最近会っていなかった友達に連絡してみる。

自分から誘うことはほとんどなかったけど、自分から誰かを誘ってみる。

散らかった部屋を掃除してみる。

読まずにいた本を読んでみる。

返せずにいたメールを返してみる。

何でもいいです。

何かを始めてみること。

それがたとえ、自分にメリットのないことだったとしても。自分にメリットのないことの中に、本当のメリットが隠されていることも多いものです。

より深く学びたい方はメルマガで。登録無料です。

<お知らせ>

2月22日(土)東京、3月1日(土)大阪にてセミナーを開催します。興味のある方は今後のセミナー情報をチェックしておいてください。午後開催の予定です。

行動力が上がらない根本的な原因とは」への4件のフィードバック

  1. お団子

    人は活動しなければしないほど、生きるエネルギーを失っていく、という部分は本当にそうだなと感じました。
    くだらないという前にやってみる、その中で必ず得られるものがある。
    頭でごちゃごちゃ不毛な思考を繰り返す前に即行動する癖をつけることで人生が前に進んでいくのかなと思いました。

    1. JUN 投稿作成者

      >お団子さん

      大事なことです。私も先に考えてしまう部分があるので、意識的に行動を起こすようにしています^^

  2. かつや

    勉強も仕方ないから始めて
    やってくうちに楽しなってきますよね。

コメントは停止中です。