奪われたモノを取り戻す戦い


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

これまでの自分、今の若い人たちを見ていてすごく感じることが、「奪われたもの」が多すぎるってことです。

筆頭は、「自信」と「愛」。

そして、自信と愛がなければ、自分の人生を生きている実感なんかも湧かないし、いつも他人の人生を生きている感覚になります。

自分を信頼していないし、自分を好きでもないわけだから、権威のある誰かの言う通りにしておこう、と思うわけですよね。

権威のある誰かというのは、社会のこともありますし、親であることもあります。

とにかくそうなると、高い目標を持つこともできないし、いつも人に合わせようとしてしまう。

しかも、謎の「出る杭を打つ」風潮が日本にはあったりして、ガンガン前に出て行ったら足を引っ張られたり。

そして、なぜかそれを怖れていたり。

怖れる必要なんてホントはなくて、他人の評価なんて関係ないんですよね。

他人の評価を自信の拠り所とするからダメになっていくわけで、自分が自分のことを信じていたらそれでいい。

そう自然に思えるくらいの自信と愛が必要なんです。

それが自然に思えるから、好き勝手に生きられるわけで。

そう思えないからいつも不安で、落ち込んで、戸惑って、立ち止まってしまう。

ただ、そういう人の気持ち分かるんです。

世の中の「成功者」とされている人って、そういう内面的な部分の悩みだったりつらさ、苦しさに無頓着な人も多いんですよね。

「とにかくやれ!」というのは確かにそうなのだけど、それができない人だって大勢いる。

やりたいけどできない、って人も大勢いるし、そういう人たちはできない自分を責めているから、余計に苦しくなってしまったり。

そしてそれは、自信と愛を奪われてしまったから。

成長の過程で、他人の価値観を植え付けられ、好きでもないことをやらされ、周囲との比較によって「評価」されてしまう。

条件付きの愛で育って来た。

そして、そのときの感情、受け止め方を今だに引きずってしまっている。

ホントは、未来において過去は関係ありません。

過去どうあれ、人は変わっていける。大事なのは今であり、今この瞬間にどんな未来を描くか、なんですよ。

大事なのでもう一度言いますが、過去は一切関係ありません。

人はいつだって変われます。

変われないのは、過去を引きずることを自分が選んでいるからです。

そして、自信と愛があれば、必ず未来を切り開いていける。

自信と愛のない人は、いつも他人を気にしている。

他人の人生をとやかく「評価」し、最悪のケースではそれをネットに書いたりして喜んでいる。

もう自分の人生に対して傍観者で、自分への愛がないから他人にも愛が注げない。

他人を傷つける人は、いつも自分を傷つけています。ルサンチマンに生きる人生。

そして、そういう人の声に耳を傾けている人も同じ。

結局、自分を傷つける人同士で群れて、人を傷つけるという「陰湿な遊び」に興じているだけです。

そして、そういうことが起こってしまうのは、自信と愛を奪われてしまったから。

自分を愛せない、自分を認められない、劣等感に苦しんでいる。

自信がない。

逆に言えば、自信と愛があれば、それだけで人生はバラ色。

全く違う人生になります。

人間関係だって変わるし、モテるようにだってなるし、経済的にも恵まれ、自分に忠実に生きられるようになる。

いや、ホントに180度人生が変わってしまうんですよね。

私のブログやメルマガを読み、プログラムにも参加して人生を変えた人が本当にたくさんいます。

そのことを私は誇りに思っているし、その経験から絶対に人は変われると確信しています。

この『価値』にどうか、どうか目を向けて欲しい。

人間の内面的な進化は、外の世界を飛躍的に変えます。

劇的に人生を変えたいなら、内面の進化が必要。

自信と愛を奪われた社会の中で、多くの人がその自信と愛を取り戻していくための戦いをしていきたい。

何度も言いますが、自分に本当の自信があり、本当の愛があれば、その分だけ人は人に優しくなれます。

他者に自然に目が向く。

そうなったら、社会は絶対に良くなっていくと思っています。

そのための戦いを、していきます。

よろしく!

より深く学びたい方はメルマガで。登録は無料です。

奪われたモノを取り戻す戦い」への6件のフィードバック

  1. コム

    早く自分を劇的に変えるために新しいプログラムに参加したいです。

    1. 池田潤 投稿作成者

      >コムさん

      遅くなっていてごめんなさい!お待ちを!

  2. su

    「人を傷つけること」=「陰湿な遊び」
    本当にそうだと思います。

    私は兄がいじめられているのを見たことがあります。
    いじめっ子たちはみんなにやにや笑っていました。

    妹は小学生のころに担任の先生とクラスメートからいじめを受けました。
    妹は「先生は笑っていた」と言っていました。

    私自身は陰口を言われたり、変な噂を広げられたリしましたけど、兄は妹の経験と比べれば大したことないなと思って相手にしていなかったです。
    そんな私でも、すごく嫌だったことがあります。
    高校の卒業式の時に高校3年間担任だった人に一応、親と一緒に挨拶に行ったんです。(このとき浪人確定していた)
    そしたら、担任に「まさか、浪人するからって**大学受けるんじゃないよね?」と言われました。
    親の目の前で。
    あの人の顔も笑ってました。

    たぶん、あの人はそうやって「お前には無理だ」と自分の子供より年下の高校生を自分の物差しで評価し、その未来をバカにし、生徒を軽視することが楽しかったんだと思います。

    兄の苛めっ子や、妹の苛めっ子や元担任。
    彼らも人を貶めることが楽しかったんだと思います。

    1. 池田潤 投稿作成者

      >suさん

      人を貶めたり、自己評価や自信を下げる人がいると、自分自身の自己評価が下がってしまいます。自己評価が下がると行動力も必然的に下がり、また幸福度も下がります。ただ、そういう人自身が自己評価の低さで苦しんでいるので、私自身は「自分を愛する」だったり「自信を持つ」ということを広めていくことで、その人自身は、その人の影響によって苦しんでいる人が少しでも良くなればいいなーと思っています。suさんも、自己評価を高め、周囲の自己評価を高める人になっていってくださいね。

  3. お団子

    「とにかくやれ!」ができないのは全部自分の甘さ、人生に対する本気度の問題だと思っていました。深いところまで考察されているなと感じます。
    ブログの更新ありがとうございます。

    1. 池田潤 投稿作成者

      >お団子さん

      それもあるかもしれませんが、自己評価が高いから本気になれるんですよね^^

コメントは停止中です。