変わるために絶対に避けられないこと


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

昨日、メルマガで最新音声を公開しました。

最近思っていることについて色々と話したので、良ければ聴いてみてください。

最新音声「変われない本質的な原因」

 

最近思っていることを言語化しようと試みているのですが、表現できているようでできていないというか、もっと上手い表現の仕方があるんだろうなーと感じています。

というのは、今自分の中では、自分の人生で史上最高に良い状態で、この良い状態にどうやったらなれるのかということも分かってきたので、ホント今楽で楽しいんですね。

10年以上、自分との対話を通じて自分と向き合ってきました。小学校のときから本と対話していました。それも普通の小説などではなく、人間について考えるような本です。

音声の中でも語っていますが、自分から逃げてしまうのではなくて向き合ってきました。

人の目を気にしてしまったり、上手く場に馴染めなかったり、異性相手だと緊張したり、自分に自信が持てなかったり、成績が上がらなかったり。

ホント、普通の人が悩むような悩みを同じように抱えてきたわけですが、そこから逃げることはしませんでした。

なぜなら、逃げたって、同じ問題が起こり続けるからです。違う場所に行ったって、同じことが起こり続けます。

私がいじめられたときに、自分と向き合わず自分から逃げていたら、また違う場所でもいじめられていたはずです。

自分が成長しない限り、同じ問題は起こり続けます。

勉強でも同じで、自分には何が足りないのか、何をする必要があるのかということを真剣に考えなければ、

一向に成績は上がりません。欠けた部分を抱えながら勉強しているわけなので、いくら勉強したって欠けているものは欠けているのです。

ただ、多くの人は自分と向き合うことをしません。だから、結局、同じところをウロウロとしてしまいます。

被害者意識を持つ人がヤバイのは、自分と向き合うことから逃げているからです。自分の人生は自分で創っていて、誰にも創ってもらうことなどできないのに、

誰かや何かのせいにすることで自分と向き合うことから逃げているのです。

「あいつが悪い!「あいつのせいで!ぼく、被害者!」と言って、『自分自身の問題』には目を向けません。

それでは一向に人生は変わらない。なぜなら、自分の人生を創り上げているのは自分自身だからです。

自分を変えるのは自分であり、人生を良くするには自分がどうにかするしかありません。

本質的には、人は人を変えることはできません。

自分を変えるのは自分なんだ、自分にはその力があるんだということに気づいてもらい、変われるんだと励ますことが、人ができることなのだと思います。

誰かに依存したって、自分の人生は良くなりません。

依存は必ず、憎しみや偽りの被害者を生み出します。

自分を変えられるのは自分だけ。自分の人生を輝かせられるのは、自分だけです。

もう同じ問題を起こさず、もっと自由に、自分らしく、人生の楽しみを搾り尽くすように生きるためには、自分と向き合い、自分を認めていくしかありません。

外側から与えられたものを鵜呑みにするだけでなく、自分で考える、向き合うということをしていく必要がある。

多くの人はそれをせず、過去に生きています。過去に縛られ、他人に縛られ、過去によって作り上げられた固定観念に支配されている。

だから、新しいことを受け入れられなかったり、いつまでも同じ問題に同じステージで苦しみ続けてしまう。

今は刺激が多い時代ですから、向き合うことからいくらでも逃げることができます。

とりあえず友達と集まる、とりあえず漫画を読んだりゲームをしたりする、とにかく自分と向き合わないよう、向き合わないようにする。

友達と集まる事や娯楽が悪いと言っているのではありません。

人生を変えたい、自分を良くしたいと思っているなら、自分と向き合うことから逃げていてはいけないということを言っているのです。

受験勉強でも、言われたことをやっているだけなら楽です。誰かに任せ、指示をしてもらい、ロボットのように勉強する。

しかし、そんなことをしていても成績は上がらない。自分の問題は何で、何をする必要があるのかということを自分の頭で考え、向き合っていかなければならない。

今回の新プログラムにおいては、徹底的に自分と向き合ってもらいます。

当然、向き合うために、考えるために必要なものもあるのでそれは与えます。結構たくさん、与えることがあります。

ただ、それだけで終わりではなく、そこから自分で考える。自分と向き合う。そんな時間を取ってもらいます。

なぜなら、それこそが自分を変えるために必要なことだから。

セミナーを受けても変われない、というのは外側から与えられることに依存して、『自分』が抜け落ちているからです。

自分と向き合うことをしていないからです。嫌な自分だって、見なければならないのに、その自分を見ようとしていないからです。

しかし、それをしない限りは本質的には変われない。

今回の新プログラムでは、自分と向き合う、自分を知る。そんなことにも時間をかけていきます。

そして、自分を変えることができるのは自分だけであり、自分にはそれができるんだということを知ってもらいたいと思います。

長い文章を全部読んでいただきありがとうございました。

今日はこのへんにしておきます。

音声の方もぜひ聴いておいてくださいね。

最新音声「変われない本質的な原因」

 

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちら。

変わるために絶対に避けられないこと」への4件のフィードバック

  1. まさと

    仕事でとある案件に失敗して、損失をこうむりました。

    自分を変えるためにいろいろ模索して潤さんのサイトにいきつきました。

    今まで、つらいことにふたしてきましたが、音声との出会いで、自分と向き合うきっかけになりそうです。

    新プログラムの入会きぼうします・・

  2. お団子

    ありのままの自分と向き合うということは勉強、仕事、人間関係などあらゆる場面での問題解決のために必要なことだなとしみじみ感じます。
    忘れないように毎日意識していこうと思います。
    ブログの更新ありがとうございます。

  3. まつひ

    お久しぶりです。昨年コーチングプログラムを受講していたまつひです。広島オフ会でもお世話になりました。
    昨年はあまりいい結果が出ずに悔しい思いをしました。このブログを読んで自分と真剣に向き合うことがいかに重要かが再確認できました。
    今年は仮面浪人をして目標達成に向かってがんばりたいと思っています。短期特訓をする可能性があると目にしたので、今からすごい楽しみにしています。
    今年はラストチャンスなので、これまで潤さんにに教わったことや、これからの情報発信を見て自分のものにし、どんどん成長しています。応援よろしくお願いします。

  4. そら

    相談がにのっていただけませんか?結構深刻で…
    今年志望校に受かれず浪人が決まったものです。その原因は集中力のなさだと自分でわかっています。昔は結構集中できたのですが今は全く集中力が続きません。まさに集中力筋が弱くなっているという感じで…
    勉強していて、ちょっとでも手が止まるとすぐにらくがきを始めてしまうんです。気づいたら4時間ぐらいしていることも… 中毒のようで、「かいちゃだめ」と抑制しているのに書かずにはいられなくて、一日中机についていても全く勉強が進まない状態から抜け出せずほんとに困っています。一度弱った集中力筋を鍛え直すにはどうしたらよいですか?他に聞ける人もいなくて…どうか回答よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントは停止中です。