「できない」が「良いこと」である理由


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

私たちはどうしても、何かが起こると「判断」をしようとします。「仕分け」と言ってもいいかもしれません。

「良いこと」と「悪いこと」に分けて考えて、わざわざ自分を苦しめてしまったり。

でも、本当は全てのことは中立で、そこに意味付けをしている人間がそこにいるだけなんですよね。

例えば受験勉強で言えば、できない問題が見つかることは素晴らしいことであり、本来の目的からすれば「喜び」なんです。

だって、できないことをできるようにしていくからこそ成績は上がっていくわけですよね。

できることはできるのだから、できることをやり続けてもそれは現状維持以外の何物でもなくて。

でも、「できるが良いこと」「できないが悪いこと」と私たちは刷り込まれてきている。

だから、できないことがあったときに、そういう問題に出会ったときに、「悪いことが起こった」と捉えて落ち込むわけです。

ホントは、それで成績が上がっていくのに。本来の目的は達成されているのに。

過去のデータから「良いこととは何か」「悪いこととは何か」を決められてきた。その結果、物事の本来の姿を見失っているわけです。

これは受験勉強の話だけではありません。

あなたが嫌っている自分のある部分は、本当に嫌うべきものなのでしょうか?本当にそれはダメなんでしょうか?

なぜそれがダメで、なぜそんな自分を嫌ってしまったのでしょうか?

いつからか、そういった自分を嫌うように刷り込まれてきてしまっただけなのでは?

あなたが「あれがなければ」とネガティブに捉えていることは、「あれがあったからこそ」とポジティブに捉えることができるのではないでしょうか?

事実は事実でしかなく、そこには意味はありません。私たちが勝手な意味付けをし、勝手に苦しんでいるだけなんです。

そのことが分かるだけで、世界は変わって見えるはず。

受験勉強だって、もっと難しい問題に挑んでいこうと思えたり、できない問題に出会ったときにいちいち落ち込まないはず。

その姿勢、その心の「在り方」が、成績を上げることにもつながっていくわけです。

私がやりたいことは、そんなことを伝えていくことだったりします。

物の見方を変えることで、人生はどんどん良くなっていきます。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちらから。

「できない」が「良いこと」である理由」への4件のフィードバック

  1. 堀 健太郎

    ビデオ希望

    小中の時、まったく勉強せず
    ただ給料が良いという理由で、高校は船員養成学校に行きました。
    そこでは、めちゃくちゃ勉強して、危険物の資格、小型船舶免許、普通車免許をとったのですが、高校3年生になってもう一度進路選択の時が来て、人生について真剣に考える時が来た時に、
    両親のように医者になりたかったという過去の思いが湧き上がってきて、船員にはならずに浪人
    して医学部を受験しようと思いました。
    実際、普通の高校には行っておらず、小中も勉強をろくにしてこなったですが、どういう対策をとればいいでしょうか?

    先生や親には完全無視されてしまっているのでアドバイスよろしくお願いします。

    一からではなくゼロから

    1. 池田潤 投稿作成者

      >堀健太郎さん

      まずはこれまでのブログ記事を読んでください。カテゴリで言うと、「ゼロからの成績アップ勉強法」があります。文字通り、そこにゼロからの方法を書いています。まずは小学校レベルから始めることでしょう。

コメントは停止中です。