やる気が湧かなくなる理由


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

勉強というと、ネガティブなイメージを持っている人が多いものですが、実はそんなに悪いものではありません。

というか、メルマガに書いたのですが、愛すべき目標があって、その目標を叶える手段なわけですから勉強だって愛すべきものなわけで。

本当はね。

だけど、たまにできないことがあるとかそのせいでイライラするとかで、勉強を嫌いになってしまう人も多いわけで。

ただ、喜びを見出そうと思ったら見出せます。実際、上手くいっている人はその勉強の良い部分に目を向けていて、そこに関心があるんですよね。

私だったら、数学でも現代文でも英語でもそうですが、問題と格闘することが好きでした。

考えて答えを導き出すっていうのはゲームみたいなもので。そこに単純に楽しさを見出してもいいじゃないか、と思っていました。

どうせやるんだったらね。

前にも言いましたが、人生はいつだって本番。勉強しているときだって本番を生きているわけです。

で、別に大学なんて入ろうと思えば入れるわけですから、わざわざ難しい大学を選んだのであればそれは自分の意志。

自分で選んだもの。

なのに、なぜかその自分で選んだ勉強を憎んでいたりとか。

本当はやらなきゃいけないことなんてないんですよね。だって、やりたくないんだったら適当な大学に行けばいいんだから。

大学受験だって、絶対にやらなきゃいけないものでもないし。やりたくないんだったらやめてしまえばいいんです。

それでもやめないなら、それでもやるというのなら、それは自分の意志ですよね。自分でやると決めているわけです。

じゃあ、楽しんでやった方がいいに決まっています。

やらされているわけでもなく、やらなきゃいけないことなわけでもないのに、わざわざ自分でやると決めたのなら、それは楽しんだ方がいい。

自分の選択なんだから。

嫌々やっている、ということの方がおかしいんです。嫌ならやめなよ、という話なんですから。

嫌ならやめればいいのにやめないのなら、やりたいのでしょう。

じゃあ、黙ってやればいい。いちいち文句を言わず、やればいいんです。

で、やるんなら楽しんでやったらいい。

楽しみを自分で見出していったらいい。

人生は自分で選択で、自分で選んでいます。

被害者意識なんかいらない。やらなければならないことなんて、本当はない。全部、自分で選んでいる。

自分で選んでいるのに、選ばされたと思いたいだけ。選ばされたと思えば、何もかも誰かにその責任をなすりつけられるから。

自分のせいじゃない、と逃げられるから。

そうやって考えているから、自分の人生に対して被害者ぶっているから上手くいかないんです。

自分の人生を創っているのは自分。

そのことを深く自覚することから始まるのだと思います。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちら。

やる気が湧かなくなる理由」への4件のフィードバック

  1. yuki

    潤さん!我慢って良くないって思うんですが、潤さん個人はどう思いますか?
    なんで良くないって思ったかと言うと、我慢してるって結局心の根底で納得出来てないってことなのかと思ったんです。我慢して別のことをするって結局我慢してるって意識があるので別のことをしても100%の状態で臨めてないんじゃないかって思うんです!
    潤さんはどうお思いですか?

    1. 池田潤 投稿作成者

      >yukiさん

      我慢しないでいい状況の中では我慢しない方がいいです。というか、大抵の人は我慢しなくていいところで我慢しているので、それはやめた方がいいですね。溜め込むと違うところで爆発したりしますし、感情なんかもコントロールしようとして我慢するのではなく、感じ切った方がいいです。

  2. ユウヘイ

    いつもブログの更新お疲れ様です(*^^*)

    日本語の力を上げたいと思っているのですが
    国語力はどのようにすれば高まるとJUNさんは
    思いますか?(((^_^;)

    よろしければ
    教えていただきたいです…

    1. 池田潤 投稿作成者

      >ユウヘイさん

      一言でこうすればいい、というのは難しいですね。まずは論理的に考えるということがどういうことかを学ぶことでしょう。論理的というのはどういうことか。そこから語彙だったり表現の力だったりということを身につけていく必要もあります。自ら文章を書くこと、論理を組み立ててみることも大事なことでしょう。

コメントは停止中です。