人生が変わらないのは、「感じない」から


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

加藤秀視さんの研修にアシスタントリーダーとして参加していました。熱海での2泊3日の合宿。

参加者の方たちと3日間共に過ごすわけですね。

この3日間の中で本当に多くのことを感じたので、ここで少しだけ書いていこうと思います。

人が変わる際に最も必要なことはやはり、自分と向き合うことだと再確認しました。

今、自分のプログラムでも徹底的に自分と向き合ってもらっています。自分の何が問題だと思っていて、それはどうして起こっているのか。

何を怖れているのか。何を不安に思っているのか。

今の自分の現状がどうして起こり、どうしたら自分に戻れるのか、何が自分の解放を押えつけているのか。

それは自分と向き合っていかなければ分からないわけです。

色んなテクニックを身につけ、知識を身につけて、人は自分を変えようとします。

しかし、多くの不純物が自分の中に存在するので、素直に受け止めることができなかったり、自分以外の何者かになろうとする努力になってしまう。

私自身、これまで「人はどうすれば変われるのか」という問いを持って生きて来ました。

その探求こそが私の人生だったと言っても過言ではありません。過言ではありませんというか、事実そうです。

それしかなかったし、そこに圧倒的な関心があったわけですね。

で、今思うことは、大事なのは『いらないものを手放していくこと』であって、余計なものを捨てることであって、

付け足すことはその後に行われるべきことだ、ということです。

人は本来純粋な存在で、何が本当に大事なのかということを知っています。

知っているのだけど、常識や傷つけられた(と感じている)経験、比較、他人の価値観などによって、不純物が溜まっていきます。

その結果、素直になれなくて、純粋になれなくて、自分を守ろうとします。心を閉ざすようになります。

何が大事なのか、ということが分からなくなります。

自分を守る、つまりは傷つかないことに必死になるので、感情がどんどん鈍感になっていきます。

悲しみやつらさ、苦しさを感じないために、感情を鈍感にさせるのです。感情を無理にコントロールしようとします。

その結果、喜びや楽しさ、愛などさえも感じられないようになっていく。

これは「不感症」の状態です。

感情を感じることができないので、何かに情熱的になることもできません。

本気にもなれないし、人を好きになるという感情も分からなくなっていきます。人との間に壁を作り、距離を取ります。

その結果、さらに感情が鈍感になっていきます。

ロボットみたいな存在になっていく、ということです。人間味がない、という言い方もできるかもしれません。

頭だけ、脳だけが働き、知識だけが付け足され、「感じる」ということができなくなってしまうわけです。

感じることができなければ、人の痛みに寄り添うこともできないし、自分の痛みや、喜びも感じられないようになっていきます。

結果、やりたいことが分からない、なんてことにもなってしまうのです。

だからこそ、自分と向き合い、自分の感じる力を蘇らせること。本来の自分に戻っていくことが大事なんですね。

まだまだ色々と感じたことはあったので、今後のブログでも書いていきます。

今、自分のプログラムでも「向き合う」ということを徹底的にやってもらっていますが、すでに、

『最近潤さんの音声を聴いて向き合って自分を責めなくていいって、思ってから不思議なくらい明るい自分になってしまいました。

これ自分か?ってくらい笑顔が自然に出てきて、そしたら周りの人も笑顔になってくれてなんか怖くなってきました。

こんなに上手くいってもいいのかなってくらい。

だから全然悩まなくなってしまって、体が軽くてしょうがないです。

本当にありがとうございます!(≧∇≦)』

という感想も届いています。

本当に人が変わるって何なのか。その在り方を見せていきたいし、まだまだ探求を続けていきたい。そして、多くの人の力になれるように精進していきます。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちら。

人生が変わらないのは、「感じない」から」への1件のフィードバック

  1. マユ

    ここ数年、感情が麻痺しています。元の自分に戻れたら良いのですが

コメントは停止中です。