ドラクエと人生と受験勉強の共通点とは


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

ドラクエってありますよね。

ドラゴンクエストです。私も昔、よくやりました。あれ、面白いですよね。

最初はすごく弱いのだけど、どんどん装備も強くなり、技も覚えて。

で、敵の強さもよく作られていて、ちょうど良い感じになっています。

強すぎず、弱すぎず。強すぎたら嫌になってやめちゃうし、弱すぎたら退屈して面白くない。

ちょうど良いレベルっていうのがあるんです。そこの調節って、作る側からすれば難しいんじゃないかなと思ったり。

少しイメージしてみて欲しいのですが、

ゲームが始まった瞬間から「伝説の剣」を持っていて、一撃で敵全員を葬る究極の魔法を覚えていて、

レベルが99だったらどうでしょうか。

簡単に敵を倒すことができて、サクサク進めて何の問題も起こりません。

超、面白くないですよね。

弱いから面白いんです。

できないことがある、制限があるから、面白いんです。

それが醍醐味でしょう。

誰も、最初から何もかもが揃っていることなんて実は望んでいなくて、大事なのは、乗り越えるということそれ自体を楽しむこと。

それこそがゲームの面白さ。乗り越えることを楽しんでいるんですよね。

で、これって人生も同じようなところがあるな、と思うんですね。

できないことがある、制限がある、それが面白さにつながる。

乗り越えることそれ自体が、人生の醍醐味。

受験勉強も同じ。

勉強する内容が難しすぎたら嫌になってしまうし、簡単すぎたら退屈します。

ちょうどよいレベル、つまりは「できるかどうか分からない」くらいの問題に挑むのが楽しいわけです。

できないことをできるようにしていくこと自体が、楽しいんです。

最初から全部できてしまったら面白くも何ともない。

もしあなたが勉強が面白くないと感じていたら、勉強する内容が難しすぎるか、もしくは簡単すぎるのかもしれません。

内容の問題もありますが、難易度の問題もある、ということを覚えておいてください。

で、人生についての話に戻れば、課題があることを喜びましょう。

課題や問題だと感じること、乗り越えるべきものが目の前にあること。

それは、人生を楽しむチャンスであって、自分をよりよく知る機会です。

問題や課題がない人生は、つまらないものです。

自分の人生を豊かに、スリリングに、エキサイティングにしてくれるのが課題や問題なんです。

ネガティブなものの存在によって実は自分の人生は豊かになっていると思ったとき、

自然に感謝の気持ちが生まれて来たりします。

そうなったら、結構面白くなりますよ。色々と。

はい、今日はこのへんにしておきますね。

もっと深く学びたい方はメルマガ登録を。

メルマガ登録はこちらから。