つまらない毎日から脱出する方法


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

人は自分が満たされていれば、自然に周りを満たそうとします。

逆に、満たされていなければ、周りを傷つけるようなことをしてしまったり。

例えばここに、今の人生に不満で、イライラしていて、趣味はネットへの書き込みで、いつもスマホでつまらない情報を見ては暇を潰している人がいたとしましょう。

人を見てはなぜか批判したくなり、幸せな人を見るとムカついてしまう。

街で幸せそうなカップルを見かけると、

「け!見せつけやがって!別れちまえばいいのに!」

と思ってしまうほどです。

で、そんなある日、この人に、めちゃくちゃ可愛い彼女ができたとしましょう。

「タイプです!」と言われ、付き合うことになった。

その日から、彼は変わります。

ネットへの書き込みなどどうでも良くなって、

「そんなことより自分の人生を楽しく生きなきゃ!人生の時間がもったいないよ!他人がどうとか、どうでもいいじゃん!」と言い始め、

オシャレな雑誌を読み始めてオシャレボーイに大変身です。

スマホでつまらない情報を見る暇があったら彼女との時間を確保し、一緒に幸せな時間を過ごそうとします。

たまたま街で幸せそうなカップルを見かけると、

「ああ、いいね。素晴らしい出会いがあって良かったね。どうか、お幸せに」

と他人の幸せを見て微笑ましくなり、幸せを祈ったりします。

いつもネットで批判していた人を見ると、

「あの人はあの人で頑張っているよね。世の中には色んな見方があるよ。そこまで悪い奴じゃなさそうじゃん。大きな目で、見てあげようよ」

と、観音様レベルの慈悲の心を示すようになります。

しかし、たまに、そんな可愛い彼女をゲットして幸せな彼を妬む人たちも少数ながら現れることも。

批判する側から、される側になったのです。

いつだって、批判する側=不幸、批判される側=幸せ、なのです。

人生のステージはそうやって上がっていくことになります。

はい。

この話から何が言いたいか。

結局、自分が幸せかどうかが全てだということです。

今回は、「可愛い彼女」という分かりやすいシンボルを使ってしまいましたが、本来は幸せの在り方は何かを手に入れれば手に入る、ということではないので、

これは良い例ではありません。

彼女ができたら幸せだという考えの人には、なかなか彼女はできないものです。

ただ、話が分かりやすいので使わせていただきました。

結局、自分が幸せになれば世界の見方は変わります。

誰かのせいや何かのせいではなく、自分の問題だ、ということ。

世界がつまらないわけでも、人生が面白くないわけでもありません。

人生はつまらないものだと認識する自分がそこにいるだけです。

楽しくないのは、世界のせいでも人生のせいでもありません。

親のせいでも周囲の環境のせいでもありません。

「楽しめない自分」がそこにいるだけです。

そうやって認識が変わったとき、被害者から抜け出し、自分の人生を自分の力で生きていけるようになっていきます。

まずは認識を変えることから。

つまらない毎日から抜け出すためには、世界や人生に対しての好奇心を持つこと。

好奇心を持てる自分になることが大事です。

そしてそれは全て、自分の内面の問題なんです。

今日は、このくらいで。また書いていきます。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちらから。

つまらない毎日から脱出する方法」への1件のフィードバック

  1. かとう

    毎日記事読ませて頂いています。
    批判しても何もかわらない、
    今の自分がすでに幸せなんだと理解することが大事だと記事を読んで思いました。

コメントは停止中です。