認めてくれる人、認められる場所


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

土曜日は、東京六本木でプログラムの映画ツアーを実施。

「青天の霹靂」を観てきましたが、非常に良かったです。

で、今自分自身でプログラムを主催してカフェで対話したり色々やっているのですが、

そこに集まる人たちって、普通だったら絶対に出会っていない人たちなんですよね。

日本全国にプログラムに参加してくれている人がいて、その人たちと一緒に映画を観に行ったりする。

しかも、価値観が似ていて、かなり深いところまで話していける。

ネットが発達したことで、本当に多くの人とつながることができるようになりました。

普通は、地元の友達、大学の友達、会社の同僚。

そこで人間関係は止まってしまうと思うんですね。

それ以上広がっていかない。

そうなると、変化のない毎日になっていきます。

変化がないと、だんだん変化が嫌になってきます。

面倒くさくなってきます。だから、変化を避けます。余計、現状維持になります。

そうなると、もはや外の世界に出て行くことができない。

私の場合、今、人間関係が結構意味不明な状態になっています。

年下ともつながっているし、上は50代60代の方ともつながっています。

日本全国みんな住んでいる場所も様々で、年齢も違う。

でも、そんなの関係ないんです。

年齢も場所も関係なくて、同じ気持ちを持っていたり、つながれるものがある。

ただそれだけで、つながることができる。

そして、人は自分が認めてもらえる場所を持つことでより自分に自信を持つことができます。

自分が受け入れてもらえる、自分でいいと思える、そういう場所があること。

そういう場が、人を変えていく。

今いる場所が自分に合わない場所だったとしても、自分を認めてくれない場所だったとしても、

それは自分に価値がないということではありません。

ただ、自分には合わない、考え方が違うというだけのこと。

より広い世界に飛び出してみることで、自分の世界も広がり、自分自身を肯定することもできるようになってきます。

ということで、私はこれからもそういう「場」をどんどん創っていきたいな、と思う次第です。

最後に、昨日のfacebookの投稿をこちらでもシェアします。

<認めてくれる人、認められる場所>

昨日は六本木ヒルズでプログラムに参加してくれている子たちと映画。「青天の霹靂」。想像以上に良くてビックリ。僕らは大いなる勘違いをしながら生きているかもしれないこと、被害者ではないこと、愛って何、とか色々感じることは多かった。普通に、涙。泣き虫。

その後は、カフェに行って参加してくれた子たちと対話。3時間くらい喋ったのかな。映画の感想のシェアから始まり、個人の相談まで。対話して、色んな話を聞く。お互いに心を開いていく。

そうすることでその人の奥にキラリと光るものを垣間みることができる。普段はなかなか見せないし、どう見せていいのか、見せてしまっていいのか、分からないもの。見せることに怯え、不安になってしまうもの。

人の人生には、ホントに色々ある。誰もが、色んなことを抱えながら生きている。傷ついて、認められなくて、愛されていないと感じてしまって、心を閉ざす。その人の表面に現れているものがその人の全てではなくて、閉ざさざるを得なくて色んなものを閉ざしているだけ。

だから、時に嫌な奴に見えたり、どうしようもない人に思えたりする。何やってんだ、と思うことがあったり。でもその人にも、色んなことがあって、それを人に話すこともできず、理解してもらえるとも思えず、自分でもどうしていいか分かんなかったり。

最近は、人を愛するっていう感覚が分からないっていう人が多い。それは、無条件で、ありのままで、愛された、受け入れてもらえたと感じられたことがないからなのかもしれない。そういう仲間がいないからかもしれない、と思う。自分は自分でいいんだと思わさせてくれる仲間、そう思える場があれば、きっとその感覚は自然に生まれてくるものなんだと思う。

自分はまだまだ未熟で、人をジャッジしたりしてしまう。ただ自分自身、自分は自分でいいと思わせてくれる人たちのおかげで変われたし、救われたと思っている。だから、誰かにとってそういう自分で在れたらと思う。

最後に、「青天の霹靂」の主題歌、ミスチルの「放たれる」の歌詞を載せとく。

閉じ込められてた気持ちが 今静かに放たれてゆく

重たく冷たい扉を開けて かすかな光を感じる

諦めかけたいくつかの 夢 希望 憧れ 幸せ

朝顔が空に伸びるみたいに その光をたぐり寄せる

右へ左へ迷いながら その度に蔓を巻き

日の当たる場所に昇りたい あなたもそこに来て・・・

もう一度その温もりにその優しさに包まれて生きたい

払い落としても消えない愛が一つあるの それで強くいられる

ある時はもっと滅茶苦茶に 自分を傷つけたい衝動に

駆られてしまう 誰のせいにも出来ない不運を目の前に

だけどたった今分かったのは 誰もが生きる奇跡

生まれてきた ただそれだけで愛されてる証

カラタチの木の棘のように あらゆるものに尖り自分を守れば

でも今は恐れることは何もないと 強がりじゃなく思える

遥か遠い記憶の中で あなたは手を広げ

抱きしめてくれた まるで大きなものに守られている

そんな安らぎを感じる 今でも・・・

もう二度とその温もりにその優しさに触れないとしても

いつまでも消えない愛が一つあるの それで強くなれる

だからもう恐れることはなにもないの 心は空に今そっと放たれる

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちら。

認めてくれる人、認められる場所」への5件のフィードバック

  1. ぽん

    おはようございます!
    いつもブログから学びを得られて大変勉強になってます^^
    過去の記事などで「映画など架空の人物でもいいからかっこいい人をみて、真似して、なったつもりで振舞ってみるといいよ」とあって
    なるほど!と言った感じなのですが、
    身近にかっこいい人があまりいないので
    参考にするのは主に映画からとなっています。
    そこでお聞きしたいのですがJUNさんおすすめのかっこいい主人公の映画や本など教えていただけませんか?!
    最近では007の映画をみてあんな男になりたい、自分との違いはここだなと大変参考になりました
    水滸伝は図書館で借りるつもりです!

    1. 池田潤 投稿作成者

      >ぽんさん

      007のジェームスボンドはいいと思います。ダニエル・クレイグがいい感じです。あとは、トロイのブラピとかですかね。基本的にブラピは観ていて勉強になるというか、感じるものがありますね。

  2. みっちゃん

    潤様
    こんにちは。
    やはり、ミスチル、いいですネ!
    思わず、昔の「終わりなき旅」なぞ聴いてみました ヽ(^。^)ノ
    (ちなみに、一番好きなのは、「ニシエヒガシエ」です)
    私は、50代ですが、以前の貴方様の JUN Method を少しプリントアウトして大学院への受験勉強を始める前に読まさせていただいております。
    日々、心に栄養を入れてあげないと、私は弱いので、心折れそうになりますから…。
    どれも本当に参考になりますし、本質を得ていて素晴らしいと思います。
    私は特に、「最悪の結果が教えてくれること」と「時間のない人が勉強を続ける技術」をよく読みます。
    もし、お時間がおありでしたら教えて頂きたいのですが、上記の後者の最後に、
    …この「報酬」という部分についてもっともっと深くお話したいこともあるので、また書いていきたいと思います。と締めくくられていましたが、続きが知りたいと思います。
    私にとっての「報酬」は、今の段階では少しづつ分かってきていて、それが楽しかったり嬉しかったりすることかな…?
    もし、私が読んでいなかったとしたらごめんなさい。
    先を行く、(受験勉強!!!)の大先輩として尊敬します。
    私も勉強を進めていくうちに少しづつ、潤さんの御著書のさらに奥深い部分も理解できると思います。
    7月の御本の発売日、楽しみです!
    では、遠くからご活躍お祈り申しあげます。

    橋本道子

    1. 池田潤 投稿作成者

      >橋本さん

      かなり以前に書いたものなので、そのときに何を書こうと意図していたこととズレるかもしれませんが、「報酬」というと勉強の結果として得られるもの、というイメージが強いものですよね。でも、結果を報酬とするのではなく、勉強それ自体の中に報酬が存在する、ということが大事なことです。勉強それ自体の報酬については今回の本にも書きましたが、先取りで言っておくと、「興味」「前進」「向上」「集中」。こういったものはそれ自体で報酬になれるものになります。

      1. みっちゃん

        早速の御返事、ありがとうございます。

        なんだか、自分の息子に教えて頂いてるみたいで、嬉しい(/_;)
        私って幸せ者だなぁ~。
        今日の、メッセージ、かみしめております。
        やはり、順風満帆な人生よりも、回り道が多い程味があってかえって近道だったりしてネ!
        若いころ、犠牲者を演じて親に当たったりしたけど、潤さんにもそんなことがあったのだなと…、
        それが、今の貴方の肥やしになったのでしょうね。
        少しづつ、諦めず、自己愛を忘れず、やってみます。
        あと、気がついたことは、衝動性がなくなり焦らなくなりました。
        静かに、俯瞰、達観している自分もいたりします。

コメントは停止中です。