完璧でなくて良い理由


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

よく言っていますが、私は聖人君主でもなければ完璧な人間でもありません。

できないこと、苦手なことは山のようにありますし、

頭も良くないし、背も低いし、ダメ人間な一面を持っています。

どこまでいっても自分は凡人である、ということをいつも痛感します。

昔は、そんな自分が許せなくて、必死になって頑張っていました。

自分のことを愛せず、完璧になれば愛せると思っていました。

しかし、それは全くの誤解でした。

今は、完璧であろうとは思いません。

それは向上しないということではなく、受け入れるということ。

受け入れた上で、前に進むということ。

自分が完璧でなければ、と思っているときは、人にも完璧であることを要求します。

誰かがミスをしたり過ちを犯すと、執拗に責めたくなり、非難したい衝動に駆られてしまいます。

そして、責めれば責めるほどに、自分の首を締めることになります。

なぜなら、自分にもそれを許すことができなくなるので、どんどん「完璧でなければ」と思い込むようになるからです。

自分に許していないことを、人は人に許すことはできません。

自分が不完全であることを許していない人は、人が不完全であることを許せません。

しかし、人間はどこまでいっても不完全で、どこまでいっても人間です。

誰だって、できないことがあったり苦手なことがあったり、ミスを犯したりします。

それが人間というものです。

そういう自分を認め、許すことができる人は、他人を認め許すことができます。

私たちはどうしても被害者意識を持ち、問題の所在を自分ではなく他人に置いてしまうのですが、

人を責めたくなるのは、いつも自分を責めているからです。

そして、責めているうちは自分を愛せず、人を愛することもできません。

完璧な自分しか愛せないと思い込み、その自分への接し方がそのまま他人への接し方になるからです。

自分を認め、許し、愛することは、そのまま他人を認め、許し、愛することにつながります。

いつだって私たちは被害者ではなく、自分で自分の世界を創っています。

そのことに気づいている人と、気づいていない人がいるだけ。

自分は完璧ではないと自覚し、そんな自分を認め、許し、

その上で自分がしたいことをする。楽しいと思えること、喜びを感じること。

心からそうしたいと思うことをやればいい。

完璧でなければやりたいことをしてはいけない、なんていうルールはありません。

不完全な自分を受容し、不完全な他人を受容し、生きていけばいい。

そうすれば、もっと楽に、もっと充実感を持って日々を過ごせると思います。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちらから。

完璧でなくて良い理由」への1件のフィードバック

  1. マユ

    何年も心が緊張状態にあると、自分が本当に求めているものが何なのかわからなくなります。現実感を取り戻したいと思いつつ、これまでのような辛い世界しか味わえないのなら、このまま夢見心地でも良いのかもしれないとも思ってしまいます。本来の素直で明るい心に戻りたいものです。

コメントは停止中です。