「悲劇の自分」を演じ続けてしまう理由


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

自分を認めたり、大事にできないと、「どうせ」という言葉を使ってしまうようになります。

どうせできない

どうせ俺なんて

どうせ私には才能がないから

という感じで、すねてしまって、いじけてしまうのです。

自分自身に対して。

で、周りが「才能に溢れていて」「楽して何でもできて」というストーリーを勝手に作り上げて、

悲劇の主人公、悲劇のヒロインになってしまいます。

自分は可哀想な奴で、自分だけが不幸で。

で、自分がその「悲劇の」であることをアイデンティティにします。

すねて、ひねくれている自分が、「自分」になってしまう。

だから、周囲が「お前はできる」とか「やってみなきゃ分からない」といくら言っても、

大抵は無駄に終わってしまいます。

なぜなら、その「すねている」自分がアイデンティティだから。

「いやいや、でも…」

「んなことねえし」

と、認めているのになぜか怒ってたり。

むしろ、後押しをする人がその人にとって「優秀な」人であれば、

「お前だからだろ」「いいよな、お前はできるから」となっちゃう。

そこでもすねちゃう。のです。イライラしちゃう。

すねることをやめてしまったら、今までの自分を「情けなかった」と認めることになります。

そんなことはできません。

今までの自分を否定することは一番嫌なんです。

実は、「できる」と思いたくない。

「やってもできない自分」でいたい。

だから、その証拠を色々と見つけ出します。自分から探します。

で、「ほうら、やっぱり僕には才能がないでしょ。上手くいく人は才能のおかげでしょ」と自分を納得させます。

で、周囲がそんなことないよ、と言うとその必死で探してきた証拠たちでアピールしてしまいます。

全部、結局はすねて、いじけてしまっているだけ。

でも、ホントはどっかで「できるんじゃないか」とも思っている。

ホントは「欲しい」ものがある。

周りに自分が知っている自分の良さを本当は知って欲しい。

それを、すねることでアピールしている感じ。

例えば、子供たちでもそういう子っているじゃないですか。

お母さんにかまってもらえなくて、「もういいもん!」みたいな感じでいじけている子。

女の子で、好きな男の子にかまってもらえなくて「知らない!嫌い!」とすねている子。

その子たちの本当に気持ちって何でしょう?

本当は好き

でしょう。

好きだから、すねるんです。欲しいから、いじけるんです。

大事なことは、その好きだという気持ち、欲しいという気持ちに素直になること。

いじけてないで、すねてないで。

自分のその気持ちを大事にしてあげること。

その自分の気持ちを大事にするとは、前に向かってみることです。

周りの人なんてどうでも良くて、

ただ自分が欲するもの、好きだと思うものに素直になること。

いじけてないで、すねてないで、行動を起こすこと。

前に進んでいくこと。

できるできないじゃなくて。

「どうせ」とか言ってないで。

別に人より要領が悪くてもいいし、人より時間がかかってもいいし、

失敗したっていいんです。

失敗したっていいから、自分の本当の気持ちを大事にしてあげましょう。

それだけで、人生は少しずつ前に進んでいきます。

それでは、今日はこのへんで。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちらから。

「悲劇の自分」を演じ続けてしまう理由」への1件のフィードバック

  1. 昨日はありがとうございました!

    的確すぎて笑えました。ありがとうございます!

コメントは停止中です。