なぜ「面倒くさい」と感じて行動できなくなるのか?


まずはこちらをお読みください。

池田潤の京大合格体験記はこちら

英語勉強法

数学勉強法

現代文勉強法

古典勉強法

メルマガもやっています。こっちで音声とかレポートとか、かなりの大事なノウハウ教えてるので、良ければこちらも。

6000人以上が手にした東大・京大など一流大学合格者を生み出し続ける無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

例えば、これから勉強し始めよう、と思うときに億劫になってしまったとします。

少し考えてみて欲しいのですが、

なぜ億劫になったのでしょうか?

「億劫」とか「面倒くさい」って一体どういうことなのでしょうか?

色々な言い方ができると思うのですが、

一つは「エネルギーを使うのが嫌」ということだと思うのです。

何かをする、にはエネルギーを使いますよね。

エネルギーっていうのは別に深い意味はなくて、

車を動かすのにガソリンを使うのと同じような意味合いです。

で、なぜエネルギーを使うのが嫌なのかというと、

エネルギーを使うことに良いイメージを持っていないから。

エネルギーを使うことに良いイメージを持っていない、というのは、

先日からの記事で言っている、「楽を幸福の根源にする」ということです。

楽を幸福の根源においていれば、

何かをすることは幸福ではない、ということになりますね。

多くの人の心理パターンはこれです。

何かをすることを損だと思っている。

できればしない方がいい。動かない方がいい。

エネルギーは使わない方がいい。

それが幸福である。

無意識レベルでそう感じているから、何かをすることにネガティブなイメージを持っている。

アクティブに、アグレッシブに動いている人を見て、

行動力があるなあ、すごいなあ、という風に感じることはありますか?

しかし、彼彼女らは別に頑張っているわけではありません。

「動くこと」が彼彼女らの幸福の根源になっているだけです。

だから、自然に動くのです。

それが当たり前で、普通で、当然のことなのです。

その心理的な違いがあるだけ、です。

人は心の持ちよう、心の在り方によって全く違う行動を取ります。

そして、全く違う人生を歩み始めます。

私はもっと人の心を解放したい。

もっと人が自由に生きられるように、なぜ上手くいかないか、何が自分のブロックになっているか。

そのことを伝え続けてようと思っています。

そうしたら、もっと楽しく満たされて生きることができるはずだから。

では、今日はこのへんにしておきますね。

より深く学びたい方はメルマガで。登録はこちらから。