目標は高いのに、何も行動ができない人が陥っている罠


6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

私はコーチとして、目標達成のお手伝いをしていて、

その中で多いのが、目標は高いのに、行動ができない人。

なぜ、そういうことが起こるのか?

当然、一つだけの理由ではなくて、色々と原因はあって。

ただ、今回挙げたいのは、

結果に決意しているけど、原因に決意していない。

というもの。

例えば、「この資格を取る!」と決意したとしましょう。

目標達成の、結果を決意。

で、それで満足して終了。

その結果を得るためには、原因を作っていく必要があって、その原因を日々作っていけることが全てなのだけど、

その原因についてはあまり固い決意はなかったり。

引き寄せの法則、などが流行って、結果をイメージしていればそれでいいという感覚が世の中に広がり、

原因についての決意をする人は少なくなってきて。

このブログを読む人にとっての目標達成は、ただ頭でイメージしているだけで手に入るものではなくて、

こなしていくべきことがあるわけです。

つまりは、結果を得るだけの『原因』を作っていく必要がある。

で、これが大事なのですが、

その原因を作っていくことが全て。

だって、私たちにはそれしかできないから。

結果は、原因を作った結果として得られるものであって、原因を作ることしか私たちにはできなくて。

もちろん、人生全体の「成功」ということについて言えば、

自分でできることは限られている場合も多くて、

「流れ」に身を任せる、他力、ということも大事。

ただ、それも自分がやる必要のあることをやっているから、という部分があるわけで、

例えば、「ムキムキになる!」という目標を立てるとします。

ただ、そのためには日々やるべきことをやる必要があって、

例えば、「腕立て伏せ1日100回」などという原因を作っていくことが必要。

そして、ある意味そのときには結果のことは忘れて、

ただひたすらに腕立て伏せを100回やることを考える。

そのことだけが頭にある状態でいい。

だって、それが結果としてムキムキになるという「結果」につながっていくわけだから。

高い目標を掲げたなら、そのために自分は日々何をする必要があるのかを考えて、

あとはそれをこなしていけばいい。

夢のことを考えてイメージすることも大事だけど、

「イメージが大事」という成功法則に依存して、いつも夢のことを考えて現実逃避するのは良くない。

「思い描く」という方法はものすごく大事で、必要なこと。

しかし、そうであるがゆえに、それが間違いではないがゆえに、それが必要なことであるがゆえに、

私たちは、そこに依存してしまうのです。

現実に立ち向かうことを疎かにし、避けて、逃げて、

いつまでも考えているだけで何も人生が変わらない、ということが起こってしまう。

今日も、あなたが望む結果を得られる原因を作っていきましょう。

最後に、トークライブのお知らせ。

東京会場は満席。キャンセル待ちに登録を。大阪、福岡は残席あります。

:「未来の自分をつくる勉強法」出版記念トークライブ

最近、メルマガ読者さんがどんどん増えています。

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

出版依頼、講演依頼などはこちらのアドレスへ。

mail@junmethod.com

目標は高いのに、何も行動ができない人が陥っている罠」への1件のフィードバック

  1. ユウヘイ

    いつも貴重な言葉をありがとうございます。
    質問なのですが、これまでの人生の経験からネガティブ思考に陥る時の負のループを発見しました。

    否定するような言葉を使ってはいけないと自分に言い聞かせて、そうするとすべての言葉が何かを否定するような気がして、そして閉口するようになってしまい、マイナス感情のみが心の中で渦巻くのです。

    このループにおちいる原因はやはり
    「全か無か思考」になっているからなのでしょうか?

    きっちりしていて厳かな人ほど、口数がすくなく
    適当に割りきって、考えすぎず生きている人ほど口数が多くなる気がします。
    そして後者の人のほうが人生楽しそうに見えます。

    今まで何度もこの負のループにはまってしまいました…
    どうすればもう陥らないですみますか?

コメントは停止中です。