一人映画の前に繰り広げられた「観る」「観ない」の葛藤


 

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

昨日は、一人で映画を観てきました。

で、いつも通り、行く前はお決まりの葛藤が。

「この映画を観るメリットはあるのか?」

「この映画を観るくらいだったら本を読んだ方がいいのでは?」

そういう葛藤が頭の中で繰り広げられる。

ただ、今の私はその葛藤を客観的に見られているので、

「はいはい、観たいから観るのです。以上」

と終わらせられるのですが、昔は相当に葛藤しました。

一昨日、伊勢神宮に行ってきましたが、伊勢神宮に行くと決めたのは一昨日の朝です。

どこに行こう。伊勢がいいんじゃない。ああ、いいね。

で、車を3時間運転して、その直後に宿を探して。って感じだったんですね。

あまり考えない。

だって、これまで相当に考えてきて、考えた結果「何もできない」という経験もしてきて、

頭で意味やメリットを考えて動くことの限界を感じているから。

というか、頭で考えた瞬間、様々な他の選択肢や、デメリット、やらない理由が思い浮かぶんです。

山ほど。滝のように。すごい勢いで。

ああ、人間はどこまで行っても変化を怖れるのだなあ…

と毎回感じます。

変化したくない、損したくない

その二つの気持ちが私たちをがんじがらめにして、動けなくさせます。

それが分かっているから、心がピンときたら、やる。動く。

そうすることで「経験値」を得ることができる。

頭で考えてばっかだと、どうしても経験値が減ります。

結局、やらない、ということが増えるから。

やってみたいと思ったら、それがとんちんかんなことでも、どうにかならないかなと考える。ことが大事。

仕事も勉強も読書も同じ。

まず、やる。とにかく、やる。思考を挟むと、やらない理由が生まれてくるから。

で、今って他にも色々選択肢があるわけだから、しかも「楽しい選択肢」があるわけだから、

考えれば考えるほど、楽な方に流れるのが人間ってもんなのです。

今日一日、やるかやらないか迷ったら、思考を挟まずに「やる」ことを選択してみてください。

それだけで無駄な「あれこれ悩む時間」がなくなって、時間が増えていることに気づき、

案外一日の間に色んなことができるものだと気づくはずです。

てことで、今回はこのへんで。

ばいばいきん。

 

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。