孤独を知る人間こそ、深く人とつながれる


 

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

自分で何かをやってやろう、と思えば、自然に一人の時間が増えることになります。

考える時間、勉強する時間、準備する時間。

誰かと一緒にいてはできない作業が必要になって、人と会う回数も減る。

それは自然なことで、自分の人生を生きていこうと思えば、孤独な時間を過ごすことも増えます。

それが嫌だというのであれば、いつでも誰かと一緒にいるしかありません。

でも、それでは自分と向き合えないし、自分の人生を前に進める作業をすることはできないでしょう。

いつも寂しさを埋め合わせるために時間を使わなければならなくなります。

結果を出す人に共通しているのは、「孤独から逃げない」ということだと思っています。

別に、いつだって孤独でいる必要はありません。

何度も言いますが、人とのつながりは本当に大事。

言いたいのは、

孤独にもなれる。人ともつながれるという、その状態が一番良いのでは、ということ。

孤独を避けるためにいつも人とのつながりを求めるのも違うし、

人とつながるのが怖くて孤立するのも、違う。

そのどちらも乗り越えていければ、人生はどんどん前に進んで行くし、

執着が減ることで憎しみも減り、生きやすくなります。

憎しみのエネルギーで生きている人ってたまにいますが、それを手放せないのは、

手放したら、からっぽの自分と向き合うことになるからかもしれません。

話を戻して、

孤独になれる者同士のつながりは、非常に濃いものになります。

依存的なつながりだと、そこまで濃いものにならない、ということを経験的に感じます。

お互いが「一人立てる」からこそ、強い信頼関係も生まれるし、

1年ぶりの再会だったとしても、すぐに心打ちとける。

だから、あなたが今孤独だったとして、

全然、問題ない。

むしろ、それでOK。

孤独を知り、孤独をてなづけた人間は、強いですよ。

人と、本当につながることができます。

だから、安心してください。

私も孤独なときが長かったですが、結局今は誰よりも人とつながれる人間になったと思っています。

今抱える悲しみも、寂しさも、人とつながる武器になりますから。

大丈夫です。

てことで、どんどん孤独を怖れず、自分がやるべきことをやっていきましょう。

そうやって前に進んでいった先に、最高の仲間との出会いが待っています。

 

6000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。