オススメ参考書~国語編~


国語の勉強法に関しては自分の中でこだわりがあるのですが、今回は参考書の紹介だけにしておきます。また国語の勉強法に関しての記事も書きますので!

ちなみに、塾ではバリバリの国語の先生です。読解問題、特に評論には自信あります。まぁそんなことはどうでもいいですね(笑)

「入試現代文へのアクセス 河合出版」



基本的な現代文の力をつけるのに適した参考書。良くも悪くもオーソドックスな内容で、国語にあまり自信のない人が取り組むのにちょうどいいかと思います。一番の特徴は解説が非常に詳しいことです。現代文の参考書も、解説が非常に大切なので、そういう意味でも非常に取りくみやすい参考書だと思います。

「現代文と格闘する 河合出版」


超オススメ参考書!!私の現在の国語の力の基礎を作ったのはこれです。これで私は国語に目覚めました。はっきり言って、テクニック的なことはほとんど書かれていません。

実際に、著者自身、テクニックは嫌いだ!的なことを書いています。

文章を読むとは、文章を理解するとはどういうことか。解答を書くとは。といった本質的なことを教えてくれます。

ただ、テクニックが書かれていない分、若干内容が難しいのです。ですが、国語が出来るようになりたいのであれば、最終的にはこの参考書に取り組んでもらいたいと思います、

「船口の読と解のストラテジー 代々木ライブラリー」

平易な言葉で本質的なことを説明してくれています。問題はほとんどが記述対策で、記述の力を伸ばしたいといいう人向けです。

ただ、私は書く力の前に読む力が必要だと思っているので、まず、「現代文と格闘する」などで読む力をつけてから取り組むのが良いかと思います。