苦手を克服する方法


苦手科目は誰にでもあるものです。
でもそれは、先天的なものというよりも、これまでの勉強の方法が問題であることがしばしば。
もしかすると、教え方の下手な先生に出会ってしまったために、苦手になってしまったのかもしれません。
もしくは、どこかでつまづいてしまって、それを修正することなくきてしまった。
こういったことがほとんどです。
一番問題なのは、
できない
というイメージが先行してしまっていることです。
実際には全くできないわけではなく、できる部分があるはずなのに、全てを否定してできないことにしてしまう。
この「できないイメージ」が一番問題なんですよね。
まずこれを
できるかも
に変えなければ、勉強する気が起きないし、無理して勉強したとしても、楽しくない。
まずはイメージを変える必要があるのです。
そのためには、前回の記事にも書きましたが、
自分のできるところから始めること
です。これが一番の苦手科目克服法です。
難しすぎる参考書は、勉強嫌いを作ってしまいます。
自分の「できるイメージ」をゆっくりと作ってゆくために、できそうな問題をガンガン解く。
すると、自然に難しい問題が解きたくなるんですよ。
そうして、レベルアップしてゆくのです。
難問と言われるものの多くは、普通の問題を組み合わせたものです。
分解して考えれば、普通の問題であることが多い。
だから、基本がきっちりしていれば、難問に対処するガッチリとした基盤を作ることになります。
この時期ですから、難しい問題にもチャレンジしなければならないでしょう。
難問演習も、もちろん必要です。
しかし、難問ばかり解いていて、自分の「できるイメージ」が崩れかけたら、
できそうな問題に戻ってください。
自信の維持というのも、受験には必要ですから。
JUN