頑張れない自分を責めるのは、終わりにする


池田です。

いよいよ、Face Clubの申し込みを受付開始!

Face Club申し込みはこちらから

さあて、どんな人たちが集まることやら。

プレミアムコースの方は募集人数によっては途中で申し込みを打ち切る可能性があるのでご注意くださいね。

クレジットカード支払いにも対応しています。

12月6日(土)23時59分までの期間限定募集。

スタートは2015年1月5日から。

2015年、最高のスタートを切りたい方の参加をお待ちしています。

ではでは、お知らせはこのへんにして、

本題へ。

==============
動きたいのに、動けない
==============

多くの人が、動きたいのに動けないでいます。

そして、そんな動けない自分を責めて、苦しんでいる。

何で、自分はできないんだろう。

やればいいって分かっているのに、どうしてもできない。

何だか、何も変わっていないように思える。

結局それは、

精神的に一人で頑張っているからです。

私は仕事柄、一人で黙々と仕事を行う場合が多いのですが、

本当に孤独だった頃、全くやる気が出ない日々が続いたことがあります。

やりたいこともあるし、こうしたいという思いもある。

でも、体が動かないんですよね。

ちょっとした無気力状態。

で、何でだろうと、あれこれ試してみたんです。

でも、話は至極単純で。

ただ、一人でやることの限界だった。

孤独の限界を知ったんです。

孤独に孤独を重ねた結果として、

孤独の限界を知りました。

他の人が存在してくれるありがたさに気づきました。

ただ、これは周囲の人と群れるということではなくて、

何て言うか、「同志的結合」なんですよね。

ただ同じような気持ちで頑張っていると信じられる誰かが存在していること。

もちろん、物理的に一緒に過ごす時間も重要です。

ただ、いつもいつまでも一緒にいるということではなくて、

自分には仲間となる人がいる。

その事実が、自分を救ってくれる。

仲間だけでなく、コーチ的な存在も行動を後押しをしてくれるもの。

だから、

コーチがいて。仲間がいる。

このスタイルが一番いい。

私は、そう思っています。

あなたにはもっともっと可能性があるけれど、

自分の力を生かし切れていない。

生かし切れる環境にいない。

これはホントにもったいないことです。

例えば学校の行事でも部活でも何でもいいですが、

誰か他の人と一緒にいると頑張れた、

という経験があると思います。

そのときは、一人でやるよりも行動量が上がったはずです。

朝早くから朝練に行ったり、夜遅くまで練習できたのも、

仲間がいたからではないでしょうか?

仲間がいることで、物理的な行動量が上がっているわけです。

また、それも苦しいものではなく、

仲間がいるがゆえに楽しかったのでは?

仲間がいれば、

行動量は上がり、また行動することが楽しくなります。

成功に近づき、その成功の道中も楽しめます。

今を生きながらも、今を生きるということがそのまま未来につながっている。

これは、私が、

著書「未来の自分をつくる勉強法」の中で強く主張したことです。

頑張りたいのに頑張れない、その原因は、

『環境』

だったんです。

環境があなたの邪魔をして、環境があなたを苦しめて、

あなたは行動できないでいた。

もちろん、それだけが唯一の原因とというわけではありません。

あなたの中にある「恐怖」「罪悪感」、「自己イメージの低さ」など、

対話する中で見えてくることがたくさんあるはずです。

そしてそうやって、自分と向き合い自分を理解していくことで、

実は、他者との関係も良くなります。

自分との関係は、そのまま他人との関係につながっていくのです。

他人との関係が上手くいっていない人は、

結局のところ、自分との関係が上手くいっていません。

向き合うべきは、自分自身です。

なのに、

「あいつはダメだ!あーだこーだ!」

と言って他人を責め、その姿勢が相手に自分を責めさせる。

自分を被害者にすれば加害者を外の世界に作り出し、

お互いがお互いを攻撃し合うことになる。

そして、泥沼。

でも、もうそれも終わりにしましょう。

自分が行動できる環境。

自分と向き合う場。

他人と向き合う場。

そこに身を置くことで、人は変われるから。

と、ここまで堅い感じで来ましたが、

とにかく自分自身、Face Clubでどんな人に出会えるか、ホント楽しみなんですよね。

これ、マジで!

人が変わっていくのを見るのが大好きでして。笑

しかも、単純に、共に過ごす時間が楽しいんですよね〜。

STPでは、ホントたくさんの思い出ができました。

なんていうか、高校時代に戻ったような、そんな感覚もありましたよね。

てことで、Face Club今から募集開始!

Face Club申し込みはこちらから

では!

Face Clubについて何か質問がある場合は、

mail@junmethod.com

までご連絡ください。

池田 潤