超つまらない自己変革法


 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

私は勉強法についても語ることがあります。特にマインド面。私の専門はマインドであって、科目の知識を教えるということは専門ではありません。あくまでもコーチですから。

マインド、考え方、姿勢。そういったものに関わるもの全てに興味関心があるし、その部分については人の役に立つこともできると自負しています。

で、勉強法のマインド面について語るとき、私はよくごく当たり前のことを言います。

ごく当たり前なので、当然他の人も言っているし主張しているし、大抵、私だけが言っているというのではないことも多いものです。

言い方や捉え方、洞察している部分、言語化の仕方に違いは出ます。とはいえ本質的には、考え続けた人が行き着く先は同じことがほとんど。

ですが、洞察している部分、言語化の仕方が違うので、人によって理解のしやすさが違うのです。そこに、「その人が発信する意義」もあるわけですね。

私の発信が分かりやすいという人もいれば、逆に分かりにくいという人もいる。

物事の理解の仕方には個人差があって、あなたが私の投稿が分かりやすいのであれば、それは私との相性が良いということでしょう。

でも、相性が悪い人もいる。それでいいのです。だから、みんなが色んな発信をすればいいし、色んな表現の仕方で世界に貢献すればいい。

結局本質的に言っていることは同じだったとしても、その人が発信することに意義を見出すことはできます。

私は基本的に常に物を考えていますが、考えて考えていつも行き着くのが、ごく当たり前の結論であることが多いものです。

勉強法で言えば、反復が大事とか、復習大事とか、真剣に考えろ、スケジュールを管理しろとか。誰もが言っていることです。

しかし、上手くいっていない人は結局のところ、それらのごく当たり前のことが実行できていない。ただ、それだけだったりします。

ですが、そのことが認められない。すでに知っていることをやればいいだけなのだけど、何か新しいことを知る必要があると思っている。

ただ向き合えばいいだけなのだけど、新しい何かを知れば良くなれると思っている。

結果、当たり前のことに価値を見出すことができなくなっていくのです。

当たり前のことは退屈で、刺激がなくて、面白くありません。

ごく当たり前のことを当たり前に言われても、心に響かない。だから、何か新しいことを教えてくれそうな人に惹き付けられる。

そういう傾向が、人間なら誰しも持っています。

大事なことは、自分にそういう傾向があることを自覚していること。

自覚できているかどうかということは、本当に大事なことです。自覚できるということは自分のことを客観的に観ることができるということ。

勉強する上でも大変重要な姿勢になります。

もし今、新しい何かを求めて目の前のことを大事にできていないなら、

ごく当たり前のことを当たり前にこなしてみてください。反復するとか復習するとか過去問を解くとか。

私のブログなんかを読んでどうなることが大事なのかというと、

当たり前のことを当たり前にこなせるようになることです。必要なことをただ淡々とこなせる自分になること。

地味なことですが、そうやって地味な一歩を地道に歩んでいく中で自分が成長していき、

人生が前に進んでいくのだと思います。

メルマガが大変好評です。無料なのでよければ。

 

メルマガ登録はこちらから。