どうにもこうにもヤル気が出ない原因とは?


 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

日々、メールが届きます。その中で多いのが、

「勉強したいのですが、どうしても机に向かうことができません」とか、

「何かやりたいのですが、どうにもこうにも体が動きません」というもの。

そういう場合、大体、2つの原因が考えられます。

まずは、精神面。

今まで「やらされている感」で勉強や仕事をこなしてきた結果、そういったものが嫌いになってしまう。

もしくは、その結果が自分の評価と直結しすぎていて、そこで評価されるのが怖い。

勉強や仕事が恐怖になってしまっている。

そのことによって、もう、心が拒否してしまっている状態です。

この場合は、私が行っているメンタルサポートなどで改善が可能です。

ただ、もう一つの原因があって。

それは、「肉体」です。

勉強や仕事を続けていることで、肉体のバランスが崩れている。

例えば私の場合で言えば、「書く」という行為が多いわけですが、これは指だけが頻繁に動き、

残りの体の部分は一切動かさないという行為。

生物としては、かなり不自然な行為です。その行為をずっと続けていると、当然、体のあちこちが凝ったりして負担がかかります。

でも、人間はそれを無視することができるので、無理矢理体の声を抑え込んで、仕事に向かうことができます。

しかし、疲労はどんどん溜まっていて、次第に、肉体が悲鳴をあげるようになる。

結果、集中力の低下を招いたり、やる気の低下を招いたりする。

そこで自己嫌悪に陥る人もいるのですが、しかし、それは体から自分への愛です。

もう少し休ませてあげてくれ!動かしてあげてくれ!そうでないと、体がどうにかなってしまう!

そういう警告を、体が発してくれているわけですね。

だから、そういうときは素直に体を休めること。

私の場合は逆に、動かすことが重要。普段動かしていないからこそ、動かしてあげる。

普段が「動」の人は「静」を取り入れ、普段が「静」の人は「動」を取り入れる。

そうすることでバランスが取れ、心の状態も改善していくのです。

疲れればやる気が出なくなるのは当然です。

やる気が出ないからといってそれが「やりたいことではない」ということにはなりません。

単に、疲れているだけです。

もちろん他にも原因はあり得るでしょうが、いつだって「真の原因は何なのか」ということを問う姿勢は持ちたいものです。

ちなみに私はいつもそうやって考えています。

だから、『勉強の結果は「机に向かう前」に決まる』においては、人間関係についても触れたんですよね。

真の原因に気づく思考力を持っていれば、問題が現れても対処していけるものです。

ということで、私はこのブログを書き終えたら、筋トレとストレッチをします。

では。

 

7000人以上が読んでいるメルマガ登録はこちらから。