過去をズルズルと引きずらないこと


 

7000人以上が手にした目標達成に役立つ無料音声、ビデオ、レポートはこちらから手に入ります。

 

過去に生きない、っていう話を。

例えば、その日に何か良くないことがあったり、自分の選択を間違えたな、と思うようなことがあったとします。

人はよく、そういうことを引きずります。

ああ、あのときああしていれば

何であんなことを言ったんだ

どうしてあんなことをしたんだ…

と、ずっとズルズルと過去を引きずる。

引きずり続けてベッドに入り、悶々とする。笑

眠れない。

考えて考えて、そのときのことを思い出して、時には過ぎたことだけどムカついてムカついてしょうがなくなったり。

これは、過去に生きている状態で、過去にしたことはもう変えられないので、ずっと苦しみが続きます。

過去は過去です。

もうスパッと今のことを考えた方がいい。

過去に生きているときも、未来に生きているときも、人は最大限の能力を発揮することはできません。

先日、武道を30年以上かけて極めてきた方とお会いしてきました。

その方が言っていたことは、

武道では一対一ではなく、一対多で闘わないといけないときがある。

自分1人と、相手が10人のときもある。

そのとき、思考が過去や未来に行った途端に、倒されてしまう。

ごちゃごちゃ考えるのではなく、今この瞬間の相手の動きに対応して、今この瞬間、体を動かすことが大切なのだ。

ということでした。

武道においても、今この瞬間に生きるということが大事らしいのですが、

私たちが生きる上でも、過去をひきずったり、来てもいない未来を思い煩ったりして、

今この瞬間を楽しむことができない。今この瞬間に集中することができない。

それはなかなか苦しいことです。

いつも思考が過去と未来を行ったり来たり。

探せば、過去悔やんでいることなどいくらでも出てくるでしょう。

探せば、思い煩うべき未来もいくらでも出てくるでしょう。

過去は勝手に意味づけすればいいんだし、未来は勝手に悪いものを想像すればいいんだから。

過去をズルズルとひきずって、わざわざ自分を苦しめるでもなく。

勝手に想像した未来に怯えるでもなく。

今この瞬間、自分がすることに集中してみてくださいね。

では、今日はこのへんで。

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

7000人以上が読んでいるメルマガ登録はこちらから。