なぜ、地味で地道な行動を続けることができないのか?


 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

なぜ、地道なことを続けることができないか?

ということについて、今日は書いていこうかと思います。

単純に言えば、その必要性を感じることができないでいるから、でしょう。

つまり、地道なことの必要性、重要性の認識不足。

分かっているようで、分かっていない。

例えば、誰か有名な人に憧れたとしましょう。

誰でもいいし、どんな分野でもいいです。

その人は今、輝いているはずです。

輝いていて、自分もそうなりたいと願った。

で、今はそういう人と直接会うことも結構できる時代になって、

以前よりもはるかに身近な存在になってきた。

そうなると、「自分も簡単にそうなれるのでは」という思いが芽生えます。

これは、プラス面も相当大きいです。実際、その認識から人生を変える人もいる。

ただ一方で、今上手くいっている「結果」だけが見えるわけです。

しかし、その「結果」を作るために、その人は相当な行動をしてきたはずで、

色んな苦労もあったかもしれません。

それは、見えないんです。

そこは、想像するしかない。

そこを『想像』することができない人は、地道なことが続けられないケースが多い。

早くあの人のようになりたい、と願うがゆえに、焦って、今日一日の地味な行動ができないのです。

逆に、そういう人の「目に見えない部分」を見ようとする人は、地道なことが続く人。

あそこまで至るのに、一体どれだけのことをやってきたのだろうか

と思える人は、続く。

これは、

 

空想に生きるか、現実に生きるか

 

という風にも言い換えることができそうです。

目に見える今の「結果」だけを見るのか、そこに至る「プロセス」を見るのか。

その結果はプロセスの賜物なわけで、

プロセスをこなしたからこそ、結果が出た。

ということは、プロセスをこなすことこそが「現実」であって、

プロセスなしに結果はありません。

しかし、プロセスという「現実」を見ることができない人は、

活躍している人の結果だけを見て、憧れ、自分もそうなりたいと「空想」し、

だけど、プロセスをこなせません。

だから人生は変わらないし、自分の人生は望むようにはなっていかない。

空想は悪いことではありません。

まずは空想し、想像することから始まる。

ただ、現実には、地味な毎日、地道な行動が待っているわけです。

それを、こなす。

今日一日、何を自分は実行したのか。

そこに、フォーカスする。

どれだけ空想したのかではなく、どれだけ実行したのか。

プロセスにフォーカスし、その必要性重要性を認識することで、

今までよりも地道な行動を続けることができるようになるでしょう。

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。