いちいち失敗にへこまない方法


 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

失敗にいちいちへこんでいると、行動ができないものです。

では、なぜ、失敗にいちいちへこむのか?

大抵、失敗それ自体にへこんでいるのではなくて、

 

こんなことで失敗する自分では、人から評価されない

 

ということで、へこんでいる。

もし、自分がふがいないとか、できない自分が悔しいとか、そういう感情であるなら、

余計に行動が増すはずなんですよね。

もっと成長しようと思う。

でも、行動が増さない。むしろ減る。

行動が止まる。もう嫌だ、と思う。

なぜ?

 

少しイメージして欲しいんですけど、

ドラゴンボールの孫悟空っているじゃないですか。

ちょっと古い?大丈夫?笑

 

悟空って、へこんでいるイメージありますか?

ないと思うんですね。

でも、悟空も負けたり、自分より強い奴が現れたり、色々あります。

でも、精神的にへこんだりしませんよね。

なぜかっていうと、悟空は「ただ純粋に強くなりたい」んですよね。

周りからどう思われるとかではなく、ただ純粋に強くなりたい。

だから、色々な壁が、単純な「成長するための糧」になるんです。

現実の話とリンクさせると、

ただ単純に歌が上手くなりたいとか、成績を上げたいとか、人間として成長したいとか。

そういうときって、へこんで落ち込んで、ということってあまりないと思うんです。

できないところが見つかった!よし、改善するぞ!

という感じになる。

悟空は、強い奴が現れると、「ワクワクっすぞ!」と言います。

でも、もしも自分の強さとか結果を「人から評価されること」に利用している場合、

強い奴が現れることは、嫌なはずなんですね。

で、へこむと思うんです。

自分より優れたものが現れると、へこむしひがむし妬むし、大変。笑

そうなると、余計なことで悩んだり苦しんだりへこんだりし始めて、

結局、何も行動ができない。

いつも人と自分を比べて、勝っただの負けただので争う。

で、いつも勝てるわけではないから、へこんで。止まって。苦しむ。

行動に波が出る。

良いときは良いけど、悪いときはとことん悪い。

人からの評価を糧に生きていて、

良い結果のときだけ人から評価されると思っているから、

悪い結果になったらどん底に。

結局、人の評価に依存していて、純粋な喜びとか、成長したい気持ちとか、

そういうものから離れすぎているんですね。

 

勉強でも、単純に、成績を上げることを楽しんでいたり、

できないことをできるようになりたいと思っているなら、

別にそんなに苦しまない。

努力は楽しいものになる。

でも、自分の自意識を強めるツールとして勉強を使っている場合、

人から評価されるためのツールとして勉強を利用している場合、

上手くいかないことが怖くなる。

人と比べることが多くなる。

結果、苦しむ。

苦しむから勉強にマイナスイメージがつく。

やるのが嫌になる。

やらなくなって、成績が上がらない。

すると、余計にやりたくなくなる。

できなくなって、自己嫌悪。となる。

勉強だけではなく、様々な場面で、そういうことがあるなと思うんですね。

大事なことは、

別にそもそも自分には価値があることを知ること。

そして、単純な成長欲や楽しいという気持ち、もっと知りたい、もっと上手くなりたいという気持ちを大事にすること。

そういう気持ちを大事にするからこそ行動が続き、

結果、なぜか人から認められるようにもなっているものなのだと思います。

でも、そもそも自分に価値があることなど知っているから、

「まあ、認めてもらうのは嬉しいけど、別に必要ということではないかな」

という感じになる。

だから、ちやほやされても有頂天になるでもなく、いつも通り練習や勉強を続けていくことができて、

で、成長し続けるから、結果も出続けるということなのではないかな、と思います。

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。