普通で、平凡で、中途半端な自分を変えるためには


 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

今日から東京に来ています。明日はFaceClubのオフ会。FaceClubは、現在メンバーが約100名。

明日も、多くの人が来るので、色々と対話していきたいなと思ってます。

今日は、新幹線での出来事を書いていこうかな、と。

新幹線に乗っているときに、PCの中に入っている映画を観たいな、と思ったんですね。

で、観ようとしてPCを開いたのですが、

「そういえば、今日、これから映画観るんだったよな…」

と気づいたんです。

気づいて、躊躇しました。

今日映画観るのに、今から映画観てどうするんだ、と。

そういうツッコミを、自分で入れたわけです。

で、PCを閉じた。

しかし、そこでまたツッコミが入りました。

 

「これから東京でFaceClubメンバーと映画を観るからといって、なぜ、今映画を観てはいけないんだ?」と。

 

ちなみに観たかった映画は「007」なのですが、今回観た映画もアクション系だったので、

ジャンルも被っていた。

だから観るのをためらったのですが、

そうは言っても、観てはいけない理由にはならない。

そこで、

「なぜ、今観たいと思ったその気持ちを打ち消そうとしたのか?」

と考えたんです。

するとそこには、「バランスを取りたい」自分がいたんですね。

「普通はこうする」という思考とも言えます。

普通、これから映画観るんだから、今から観ないでしょ

と思う自分がいる。

でも、本当にその思いに従う必要があるのか?

別に、観てもいいはずですよね。そのとき観たいと思ったんだから。

人に言うと、「これから観るのに、何で新幹線でも観るの?」となるかもしれなくて、

そうなるんじゃないかと思っている自分がいて、別に誰にその姿を見せるわけでもないのに、なぜか立ち止まる。

そんな自分に気づいたんですね。

何でこんなことを熱く語っているかというと、

「普通でいたい自分」「人と同じでいたい自分」が、自分の好きなことをとことんまで追求することを邪魔しているかもしれないから。

それって変なんじゃないか?と思ってしまう。

自分が好きなことをとことんすることを自分に許可できない。

本当は大好きなことをとことん突き詰めて最高の毎日を送って、

その専門家になって、それが仕事になるかもしれない。

なのに、そこでバランスを取ろうとする。

「これだけをやっていてはダメなんじゃないか?もっと『普通』でいた方がいいんじゃないか?」

そんなことを思って、自ら中途半端な自分になろうとする。

どこか突き抜けたこともなく、「これ」といった特徴もないなあと感じてしまう、そんな自分になっていく。

どこかで私たちは、遠慮したり、やりすぎかな?と思ってバランスを取ろうとしたり、

誰に見られるわけでもないのに、周りの目を気にしていたりする。

それが、自分の本来持っているパフォーマンスを発揮することを邪魔しているかもしれない。

だから、もう、

変人になることを自分の許可しましょう。笑

普通じゃなくていいです。

とことんまで、自分の好きを極めていけばいい。

じゃあ、とことんまで好きなことをやっているというそれだけでも、相当に人生が面白くなります。

本当に楽しいものになります。

しかも、その専門家になっていくので、もしかすると、どこかで仕事になるかもしれないし、

その「好き」が、いつか自分を助けてくれることがあるかもしれない。

本当に。

バランスを取ろうとしなくてOKです。

もっともっと自分らしく、自分が好きな事、自分が興味を惹かれることを、やっていきましょう。

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。