「頑張ったのに結果が出なかった男」の話


 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

何か、上手くいかないことが起こった男が、ここにいたとしましょう。

かなり頑張って勉強したのに、結果が出なかった。

仲の良いあいつは、結果を出しているのに…。

しかも、そいつが、自分の好きな子と楽しそうに喋っている。

「えー、何これ!すごいじゃん!頭良いんだね!」

聞きたくない。

「俺、今日、用事あるから帰るわ」

ただ、その場から離れたくて、教室を出る。

用事なんてない。

街を歩いていると、美男美女のカップルが手をつなぎながら歩いている。

くそ。

そのとき、こう思う。

「お前らの幸せなんて長続きしないよ。俺は、勉強して高い地位に上っていく。

俺に恋愛なんてしている暇はないんだよ。

せいぜい、平和ボケしているがいいさ。

これから、社会は下り坂。そうやって、仲良く遊んでいたりして平和ボケしている間に、どんどん生活は悪くなっていく。

ふふ。

俺は、それを知っている。俺は、分かってる。

恋愛なんて、どうでもいいのさ。オシャレもどうでもいい。

別に、女になんて興味はないし、オシャレして媚びるつもりもない。

そんな暇があったら、俺は勉強して、上にいく。

仲良しごっこでワイワイやってる暇は、ない。

社会を斜めから見ることができている俺は、すごい。

なぜか女の子は寄ってこないが、まあ、頭の悪い子に寄って来られても困るしな」

そうやって考えながら歩いていると、お腹が空いてくる。

「飯でも食うか…」

スマホを取り出し、一緒に飯を食う奴を探そうと、LINEを開く。

気軽に誘えるような奴がいない。

「……何だよ。ろくな奴がいねえな。もっと面白い奴、いないのかよ」

近くにあった牛丼屋に入り、周囲に目を配る。

知っている奴は、いなさそうだ。

入り口が開き、「いらっしゃいませー!」という声が聞こえる度にピクっと反応することを繰り返しながら、

急いで牛丼をかき込んでいく…

 

私たちは、自分を正当化しようとします。

自分の弱さを認められず、自分を受け入れられずにいれば、その姿勢はより強くなる。

本当は、好きな子と話したい。

でも、上手くいかないことがあって、自分に自信もなくて、誰かと話している姿を見て、

心がねじくれる。

本当はしたいことがあるけれど、それができない。

そのとき、現実を否定したくなる。

この現実世界に「否」を投げつけることで、自分を保ちたくなる。

 

俺が間違っているのではない。世界の方が、間違っているのだ。

 

事実、世界にもおかしな点はいっぱいある。

だからこそ、自分のアイデンティティは保たれる。

その動機が何であったとしても。

「自分の望む生き方が先にあって、それが世界とはズレてしまう。それでも、望む生き方をすることを選ぶ」のではなく。

 

まず、世界が間違っていると思いたい。

まず、現実世界を否定したい。

 

その思いが、先にある。

なぜか?

心がねじくれたから。

劣等感や妬み嫉み。その心が、この現実世界を否定したい心を創った。

そして、自ら否定的に世界を見ることを望んだ結果として、世界の「間違っている」点を発見する。

内心、ほくそ笑む。

そうだろう、やっぱり、世界は間違っているだろう。

ふはははは。

 

ちょっと怖いね。笑

この姿勢はまさに、ルサンチマンそのものです。

まず、世界を恨んでいる。まず、妬んでいる。

うじうじしている。

ただ、この姿勢が「悪い」わけではなく、この姿勢で生きることで一時的に救われる人もいます。

自分を正当化できるから。

弱い自分、できない自分を見なくて済むからです。

こういう姿勢になる時期は、多くの人にとってある。

だから、悪いわけでもない。

上手くいかないとき、人は現実や自分を否定したくなるものです。

でも、そういう「うじうじした自分」から、抜け出していくこと。

「うじうじ君」「うじ子ちゃん」と呼びましょうか。笑

それはつまり、

 

この世界や、現実や、自分や、人生に、「OK」を出すこと。

 

それが、やっぱり大事で。

街を歩くカップルを見たら、

「お!幸せそうでいいな!俺も今はいないけど、彼女を作ろう。よし、カッコイイ服でも買って、オシャレな美容室に行くか!」

と思う。

みんなでワイワイ仲良さそうにしている友達がいたら、

「ちょと待てちょと待てお兄さん!いいないいなー!俺もいれてくれよ!寂しいじゃん!」

と入っていく。

ねじくれるのではなく、素直に、正直に。

できないことがあるならできないと認め、

苦手は苦手と受け入れ。

今のこの自分からスタートしていく。

自分の気持ちに嘘をつかない。

そういう姿勢が、大事なんじゃないかと思います。

 

メルマガも好評なので良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。