映画「007」を観ていて、気づいたこと


 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

先日、ワイルドスピードスカイミッションを観てきたので、今日はそのサントラの曲を。

 

 

今回悪役として出て来たジェイソン・ステイサムが好きなんですよね。個人的に。

バリバリのアクション映画でしたが、面白かったです。

というか、自信のある男たちが出てくるのが個人的に好き。

ナヨナヨしたり、メソメソしたり、ウジウジして生きていきたくはないから。

共感+そうありたい、というところがあるんでしょう。

で、この間、「007 スカイフォール」も観ました。

これ実は映画館ですでに観ていたのですが、iTunesで購入して、もう一度観ていたんですね。

主演は、ダニエル・クレイグ。

スクリーンショット 2015-04-30 21.15.07

で、この映画に出てくる悪者がいるんですけど、テロとかやるんですけど、

そのテロとかやる目的が、「あの人に振り向いてもらいたい」なんですよね。

Mという女性がいるのですが、おばちゃんなんですが、悪役はこの人の元で働いていた。

でも、やむを得ない事情で、Mは「切り捨てる」という選択をしたんですね。

悪者はそのことを根に持っていて、「何で俺を捨てたんだ、かあちゃん!」みたいな感じで、拗ねている。

で、そのかあちゃんを困らせるようなことばかりするのです。

直接、「何で捨てたんだ!」なんて言えないから。

憎しみを抱いているのだけど、それは愛着の裏返しであり、色々心理的にごちゃごちゃしてる。

大体、悪役ってそういう部分があって、

根本の根本を探っていけば、結局は、拗ねだったり、いじけだったりする。

自分のことを見てほしい、もっと注目して欲しい。

その根底にあるのは、自己無価値感であり、自分に自信を持つことができないこと。

そのことと向き合うこともできず、心をこじらせ、拗ね、ひねくれていく。

そして、関係のない他人を巻き込んでいく。

例えば、人を声高に批判する人も、心をこじらせているわけです。

素直に「俺をもっと見て!」「俺のすごさを認めてくれ!」と言えないから、

誰かを下げることで自分を上げる、ということをしたくなってしまう。

もしくは、人生の結果を自分で背負う覚悟がなく、自分の人生が上手くいかないのを誰かのせいにしたいか。

結局それは己に自信が持てないということであり、自分の価値を信じられないということ。

人が積極的に自分の好きなことができないのも、

チャレンジができないのも、恋愛に奥手になってしまうのも、

結局は、自信や自己肯定感がなく、自分の価値を自分が信じることができない、というところに行き着く。

それさえあれば、毎日はもっと楽しくなるし、無駄にビクビクしたり、

気を遣いすぎて疲れたり、なんてこともなくなる。

大事なことは、すでに自分には価値があるということを認めること。

価値がないという人の言葉に耳を貸す必要はありません。

失敗しようが、できないことがあろうが、構わない。

そんなことは、誰もがそうだから。

いじけるのではなく、拗ねるのではなく、

ただ己に正直に、自分の弱さを受け入れていく。

自分の弱さを受け入れていくことで、人の弱さも受け入れられるようになるから。

人は、自分を受け入れた分と同じ分だけ、人のことも受け入れられるようになる。

それはつまり、自分の器が大きくなる、ということでもあります。

自分と向き合えば、己の弱さ、どうしようもなさ、愚かさと出会います。

しかし、きちんとそういう自分と出会えた人は、そこから大きく飛躍していく。

人間が一つ深くなって、周りに与える印象も変わってくるのです。

己の弱さを知った人間は、なぜか強くなるんですよね。

弱さと向き合い、弱さを受け入れることで、人は強くなっていくのでしょう。

 

今回は、このへんにしておきます。

 

メルマガも好評なので、良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。