失恋した若造と、ハードボイルドおやじ


 

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

今日も、物語風に書いていきます。最近ハマってます。

何か、こっちの方が伝えやすい部分もあって、書いていて何か楽しいので。笑

今回は、ハードボイルドおやじと、若造に登場してもらいましょう。

バーにて、若造がおやじに相談している感じで。

スクリーンショット(2015-05-07 14.58.34)

 

「今、落ち込んでるんですよ」

「そうか」

「そうかって…。もう少し気遣ってくれないんですか」

「生きてれば、落ち込むことなんていくらでもある。いちいち騒ぐようなことでもないな」

「そうかもしれないですけど、失恋したんですよ」

「へえ。いいね」

「いいねって…。失恋の痛みっていうのは、つらいもんですよ」

「まあ、そうだろうな。でも、本気で好きだったのか?」

「そりゃあ、本気ですよ」

「いつ出会った?」

「1ヶ月前くらいです」

「出会ってから失恋までが早すぎるだろう。本当に本気だったのか」

「まあ、いいじゃないですか。もう傷つくのは嫌なんで、恋愛はこりごりですね」

「バカかお前は」

「バカって…」

「好きになった女全員に好かれるとでも思ってるのか?」

「いや、そんなことは思ってないですけど…」

「嘘つけ。思っているだろう。思っているからそこまで傷ついてるんだよ。とんだうぬぼれ野郎だ、お前は」

「いや…」

「自分がうぬぼれ野郎だと気づいていないくらい、うぬぼれ野郎なんだよ」

「きついですね、今日は」

「誰だって、失恋くらいする。自分だけが特別なわけじゃない」

「確かに、そうですね」

「落ち込むのはいい。

だが、1ヶ月前に好きになった女に振られたくらいで、いちいち恋愛を卒業しようとするな。

好きになった女は、お前のママじゃないんだよ。

まだお前は、承認してくれるママを探しているガキだな」

「そんなこと言われたことないです」

「そのセリフ自体に虫酸が走る。今日は帰れ」

「…」

「早く帰れ」

「分かりましたよ」

「ビールをくれないか」

「あれだけ言うのは、珍しいですね」

「言い過ぎたかな」

「いや。いい薬になったんじゃないですか」

「言った後は、いつも罪悪感に苛まれる」

「分かります」

「言うべきだったのか、言わない方が良かったのか。考えても分からないな」

「何かを言う人というのは、その苦悩と共に生きているのかもしれません」

「言わない方が楽だが、言ってしまう。俺もまだ、ガキだということか」

「なかなか、魅力的なガキだと思いますが」

「褒め言葉と受け取っておくよ。もう一杯、ビールをくれ」

「どうぞ」

「それにしても、最近は言い過ぎる」

スクリーンショット(2015-05-07 15.04.38)

 

 

出版記念トークライブお申し込みは、明日の19時から受け付けます。

人数に限りがあるので、ご注意ください。

メルマガも好評なので、良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。