書きたいのに書けないのは、なぜなのか?


 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

最近は、好き勝手に文章を書きたいという気持ちが強い。

「です・ます調」ではなく、「だ・である調」で書きたいという気持ちも強い。

だけど、そうすると、文体が変わったり、いつもと違う感じになってしまうので、その理由を説明しなくてはならないなと思うのだけど、一から説明するのも面倒だなと感じてしまう。

面倒だから、書く手が止まる。でも、書きたい。その葛藤の中でモヤモヤする。

ということで、ひたすら自分が書きたいことを書いていこうと思ってます。

でないと、書けないので。

ここ最近、ブログを書くときに、書けないなと感じることが多かった。

それについても何でだろうとここのところ考えていたのだけど、

結局、内にあるものと外に出すもののギャップのせいだろうと思う。

なぜ内にあるものと外にあるものにギャップが生まれるかというと、

何かを外に出すときには、他者を意識することになるから。

読み手を意識することで、言うことをセーブしたり、書き方を気にしてしまったりする。

私など、もう7年もブログを書いてきたわけだけど、すると、自分に対するイメージが作り上げられていく。

もちろん、イメージが作られているだろうということも私の勝手なイメージなのだろうけれど、

自分で勝手に作った他者から見た自分のイメージと、自分が出していきたい世界のギャップに苦しむ。

最近は自分の中での変化が大きく、その内面の変化に伴って、外に出すもの、アウトプットも変えていきたいと思っている。

新ブログの登場と共に、文章表現として出していく世界も変わっていくことになりそう。

その前に、勇気を出して、このブログでも新しい文体に挑戦してみている。

書きながらも、まだ、どうしよう、昔のままの方がいいだろうかと思っている自分も顔を出してくる。

自分自身が過去の自分に縛られ、他者のイメージを想像してしまう自分に縛られ、でも内面や出したい世界はすでに変わってしまっていて、そのアンバランスに苦しんでしまう。

そういうことが、最近の悩みの種だった。

小説風の文章を書いてみたり、何だか最近少し変化があるな、変化というか迷いなのか、と思った人もいるかもしれない。

そう、変化であり、迷いであり、悩み。

出して行きたい世界はあるのに、過去の自分、そして、これまでの自分のイメージを保つ必要があるのではないかという考えが、邪魔をするんだ。

いきなり小説風の文章を書いて、変だと思われやしないか、などと考えてしまう。

この、過去に邪魔される、自分で作り上げた他者から見た自分のイメージが邪魔をするということは、現実世界でもある。

自信を持つ、セルフイメージを上げるということは大事なことなのに、上手くそれができない人がいる。

なぜかというと、過去の自分イメージが残っているからだし、周囲が自分をどう見ているかについてのイメージを自分自身が持っているからだ。

今まで、かわいこぶって、いい人ぶって、生きていた。

そんな人が、いきなり自信を持ち、自分を持って生き始めたら、周りはどう思うのだろうかと考えてしまう。

周りの自分に対するイメージを守ろうとしてしまう。

つまりは、周りの期待に応えようとしてしまうということ。

でも、それではいつまで経っても変われない。

ある意味、変わるということは、周囲の期待を裏切るということでもある。

しかし、周囲の期待を裏切るというのは、そう簡単にできるものではない。

最初に、「え?」と思われることになるのだが、その「え?」という一言が、思っている以上に恐ろしい。

こちらも「え?」と思われるであろうことは分かっているからだ。

そう分かりながらも一歩踏み出すというとは、なかなかできるものではない。

しかし、勇気を持って一歩を踏み出さなければ、変化を起こすことはできない。

どこか我慢しながら、居心地の悪い世界に居続けないといけなくなる。

この、「微妙に我慢しながら、だんだんと居心地の悪くなってきた今までと同じ世界に留まり続ける」というのは、よくあることだと思う。

その方が、楽だからだ。

心の中に湧いてくるモヤモヤを無理に打ち消して、これまでの世界の良いところを無理矢理でっちあげ、自分を説得する。

自分を説得する作業に入っている時点で、大体、もう変化すべきときなんだ。

だけど、変化は怖いから、恐ろしいから、「え?」と言われるのが嫌だから、

無理やり自分を説得して、自分に嘘をつきながら、モヤモヤした毎日を選択しているにすぎない。

違うだろうか。

変化するというのは気まずいものだし、こちらとしても違和感があるもの。

でも、その違和感を乗り越えた先に、自分が行きたい、生きたい、世界が待っているもの。

ということで、

いきなり文体が変わって、「え?」と思われることにビビりながら、この文章を書いてみました。

小説風の文章をアップするときにも、内心ビビっていた。

ちょっとしたことだと思うかもしれないけれど、案外、勇気の必要なこと。

変化することについての参考にしてもらえれば。

 

メルマガも好評なので、良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。