子供に勉強させたい母親と、ハードボイルドおやじ


 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

スクリーンショット(2015-05-14 9.16.51)

「ここに、相談に乗ってくれるおじさんがいるって聞いたんだけど」

 

「マスター、そんなおじさんいたか?」

 

「さあ。先日、そんな場面を見たような気もしますが」

 

「俺か」

 

「ねえ、私の相談にも乗ってよ」

 

「いつから俺は人の相談に乗るような人間になったんだろうな」

 

「子供が勉強しないのよ」

 

「子供ってのは、遊ぶもんだろう」

 

「周りは毎日やってるっていうのに、うちの子だけ全然勉強しなくてね。困ってるのよ」

 

「なぜあんたが困るんだ?困るかどうかは子供が決めることじゃないのか?」

 

「何言っているのよ。私の子なのよ」

 

「私の子ねえ」

 

「どうしたらこの問題が解決されるのか教えて。深刻な問題なの」

 

「社交ダンスにでも行ったらどうだ?」

 

「ふざけてるの?」

 

「悪かったよ、料理教室でもいい」

 

「真面目に答えてくれない?」

 

「大真面目さ。俺以上に真面目な男はそうはいない」

 

「なぜ私が社交ダンスや料理教室に行かないといけないのよ。これは、息子の問題なのよ」

 

「子供が勉強しないことを問題だと思っている、あんたの問題じゃないのか?」

 

「私、あなたのこと好きじゃないわ」

 

「安心してくれ、俺もさ」

 

「帰る」

 

「どうぞ」

 

………

 

「やはり、ああいう親が多いのかな」

 

「おそらく」

 

「子育てっていうのは、難しそうだ」

 

「そうですね」

 

「人生の節目となる大事な場面ではしっかり向き合う。日頃は信頼して、愛を注ぐ。

それだけで上手くいきそうな気もするが、実際に親になってみると、なかなかそれも難しいんだろう」

 

「それくらい優しい言葉を、直接言うことはないのですね」

 

「いい人になりたいわけじゃない」

 

「子供について言えば、

親に従順になり、反発し、受け入れる。そのプロセスを歩むことそのものが大事なのかもしれません」

 

「もしも、そのプロセスそのものが大事なのだとすると。

あの親を問題だと思う、俺の問題か」

 

「どうでしょうか」

 

「そんな気がしてきたな」

 

「それすら、問題ではないのかもしれませんが」

 

「敵わんな。あんたには」

 

スクリーンショット(2015-05-14 9.17.51)

メルマガも好評なので、良ければ。

 

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。